平山浩行、初参加の“昼顔ワールド”は「壮絶だなと思いました」

平山浩行、初参加の“昼顔ワールド”は「壮絶だなと思いました」

映画「昼顔」にレストランオーナー・杉崎役で出演する平山浩行

6月10日(土)に公開される映画「昼顔」で、主人公・紗和(上戸彩)が身を寄せるレストランのオーナー・杉崎を演じる、平山浩行にインタビューを行った。

平日昼間に夫以外の別の男性と恋に落ちる主婦のことを指す造語“平日昼顔妻”をテーマにした、道ならぬ恋に人生を狂わせた女性を描いた連続ドラマ「昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜」(2014年、フジテレビ系)の“その後”を描いた本作。

流行語大賞にノミネートされるなど、社会現象にまでなった話題作が、このたび待望のスクリーン進出を果たす。

そんな本作に、映画オリジナルのキャラクターとして登場するのが、平山演じる杉崎だ。ワケありな紗和に理解を示し、何かと気に掛けるのだが、自身も過去に人生観の変わる出来事があり…。

今回、平山に撮影の裏話や上戸との共演エピソード、“昼顔”についてのイメージなどを語ってもらった。

――映画から参加された感想はいかがでしょうか?

天候に悩まされたところもありましたが、無事に撮影を終えられて良かったです。

僕はウインドサーフィンを華麗にやらないといけなかったのですが、初めての経験だったので大変でした。その他にも今までにない役柄を演じられたなと思いました。

――とても自然に見えたのですが、ウインドサーフィンは初体験なのですね!

そうなんです。サーフィン自体は10代のころからやっていたのですが、ウインドサーフィンはまた別モノなので…。「平山さん、向こうから風がくるんで…」って感覚的に言われたのですが、「えっと…分かりません!(笑)」ってなって。でも、やっていくうちにどうにか立てるようになりまして、ホッとしました。

――先ほど今までにないキャラと仰っていましたが、杉崎はどういうキャラですか?

詳しくは言えませんが、過去のある出来事を引きずっている人です。陰のある役柄なので、ご覧になった方が、この人は何かを抱えているんじゃないかな、という感じで見てくださったらすごくうれしいです。

――紗和に対しての感情の変化は難しかったですか?

そうですね。僕の役も複雑でしたが、上戸さんも斎藤工くんも、そして伊藤歩さんも複雑ですし、みんな何かを抱えながら生きているという意味では、同じかなと思いました。

――「昼顔」に対するイメージってどうですか?

僕も当時ドラマを見ていましたが、とにかく世の中がざわめきましたよね。ある種すごくリアルだったし、誰しもそういうことが起こり得ることでしたから。

「私も!」って思って見ていた方もいらっしゃったんじゃないでしょうか。日常的なことというか、親近感を抱きながらご覧になった方が多かったと思うんです。誰もが紗和と北野(斎藤)のような境遇になる可能性があって、ある種リアルな感じがウケたのかなと思いました。

どこにでもいそうな男女が出会って許されない恋に落ちる、というところが共感されやすいんでしょうね。

――劇場版をご覧になって、印象はいかがですか?

同じシーンにいなかった皆さんを画面越しに拝見しまして、壮絶だなと思いました。ものすごかったです! 伊藤さんが演じる役もすごく怖いんですけど、気持ちは分からないでもないんですよね…。

まさか!という描写もありましたが、同時に乃里子(伊藤)の執念のようなものも感じました。紗和もまた北野先生と会ってしまって、でも、どうしたらいいか分からない…という。北野先生の焦り方もそうですし、一つ一つこだわりながら作られている作品だと思いました。

――特に感情移入できるキャラクターはいましたか?

そうですね…何となく、自分が演じた杉崎のことは理解できるかなと思いました。バリバリ働いていたんだけど、何か大きな出来事があって、それを機に“脱サラ”して、本当に自分がやりたいことというか、のんびり暮らす生き方をするというのが、決断力があるなと思いましたし、実際こういう生き方もいいなと思いました。

それを選択することも勇気が必要だと思うんですよね…。人間味のある人だなと思いますし、杉崎を演じられて良かったなと思いました。

――レストランのシーンはとても活気に満ちあふれているように見えましたが、現場はどうでした?

本当に活気に満ちていましたよ。活気のある感じを出すという意味で、レストランに帰って来るタイミングとかも気を付けました、タイミングがちょっとでも狂うとやっぱり違いますしね。そこは気を付けて演じたところでもあるので、活気があるように見えて良かったなと思います。

――紗和を演じられた上戸さんの印象はいかがですか?

上戸さんは、北野先生に対して内に秘めた熱い思いがあるんですけど、それを我慢して押し殺しながら演じるというつらい役柄だったので、大変そうでした。それは見ているこちらにも伝わってきましたね。

――現場では作品のお話などされましたか?

作品に関してのお話はあまりしませんでしたが、現場がすごく寒かったんですよ。雨も降っていて、天候には悩まされた部分もあったので、演技の話というよりは暖をとりながらたわいないことをお話させていただきました。

現場に小さいバスタブがあったんです。そこに温かいお湯を入れていただいて、海から上がったらすぐそこに入れるようにしていただいたんです。

ある時、先に上戸さんが入られていて、僕はウエットスーツを着ていたから寒さは大丈夫だったんですけど、上戸さんが「一緒に入られますか?」って言ってくださって(笑)。

すごく狭い所だったので、こんなに狭い所に一緒に入っていいものなのかと悩んだんですけど、「どうぞどうぞ」と仰ってくださったので、入らせていただきました。

やっぱりギュウギュウでしたが(笑)。なかなかこういうシチュエーションはないので、面白いなと思いましたね。寒い時期ならではの出来事でした。

――では、上戸さんの相手役・斎藤さんと久々に共演された感想は?

以前、共演させていただいたときとはまた違った雰囲気でした。今回は生物を専門にする大学の非常勤講師を演じていらっしゃるのですが、本当に役によってコロッと違う人になれる方ですよね。真面目な感じに見えるのに、とても色気があると言いますか。今回はすごく不思議な魅力を感じる斎藤くんでした。

――作品を離れて、平山さんはドラマに映画に出ずっぱりのイメージなのですが、息抜き方法はありますか?

趣味で陶芸をやったり、車を運転したり、いろいろありますよ。映画のおかげで海にも出られるようになりましたし、釣りも好きでよくやりますね。

「昼顔」でもやらせていただいたんですが、SUPフィッシングという、サーフボードに乗ってそのまま沖まで出てする釣りは楽しいですよ! 長い板だったのでバランスも取りやすくて、またやりたいですね。

――それは何が釣れるんですか?

この間はシーバス(スズキ)を…。

――えー! すごい!

釣れなかったんですけど(笑)。

――あら(笑)。私も釣りをしますが、シーバスは難しいですよね。

はい(笑)。でも、一緒にいたプロの方が70cmくらいある大きいのを釣っていましたよ。

――ちなみに映画ってご自身が出られるもの以外もご覧になりますか?

見ますよ! この前は「美女と野獣」を一人で見に行きましたけど、感動しました! 

よく実写でやったなと思いましたし、あれはいい映画ですよ。それ以外にも、家でNetflixを見ることもありますし、割と時間があればいろいろと見ますし、好きですね。

――これまでを含めて最もお薦めの作品は何でしょうか?

今のお薦めは「美女と野獣」ですが(笑)、僕は「ガタカ」(1997年)という近未来の映画が昔から好きなんですよね。宇宙飛行士を目指す劣等生の青年が、ある出来事をきっかけに優等生組に入ってくるという話なんですけど、それはすごく好きですよ。

――プライベートでこの夏やってみたいことはありますか?

SUPフィッシングですね(笑)。今年から本格的に始めようと思っています!

シーバスだけじゃなくてイカとかキスとかいろいろ釣れるらしいんですよ。それに、海の上でのんびり釣りができるなんて最高ですよね!

――では最後に、あらためて「昼顔」の見どころをお願いします。

人それぞれ、映画の見方や感じ方は全然違うと思うんです。

まずはこの作品をご覧になって、あらためて大切なものを思い出してもらいたいなと思いますので、ぜひ劇場にお越しください。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)