岡本夏美、増田有華の“目力”に圧倒される

岡本夏美、増田有華の“目力”に圧倒される

映画「女流闘牌伝 aki-アキ-」の初日舞台あいさつに出席した岡本夏美ら

6月3日(土)より、東京・シネマート新宿ほかで公開が始まった映画「女流闘牌伝 aki-アキ-」の初日舞台あいさつが行われ、主演を務めた岡本夏美の他、増田有華、中山絵梨奈、中村祐太郎監督、それに原作の一人で作品のモデルになっている女流雀士・二階堂亜樹が出席した。

長編映画初主演作品となった岡本は「本当に公開日を待ちわびていましたし、皆さんに早くこの作品が届けばいいなという思いでいたので、こんなに多くの方に足を運んでいただいてすごくうれしいです。ありがとうございます」とあいさつした。

「亜樹さんが結構壮絶な人生を歩まれていたので、そこを丁寧に真摯(しんし)に向き合ってお芝居できたらなという思いでいました」と岡本は作品に懸けた思いを打ち明けた。

岡本とはライバル関係にある雀士・ひまわりを演じた増田は、今回岡本と初共演。「私と夏美ちゃんの共演シーンが3日間しかなかったんですけど、長年の知り合いみたいな。でも最初に顔合わせと衣装合わせ、本読みでお会いした時に、ちょっと怖がってたんだよね? 私のことをちょっと怖がって…」と岡本を見詰めると岡本は「若干ですね…」と照れ笑い。

「怖くないよね? ニュースになるからね」とくぎを刺す増田に岡本は「ひまわりさんの役を台本で知っていたので、こういう強い役をされる方ってどんな方なんだろうという印象のまま有華さんを見てしまったので。しかも関西弁で本読みされてましたし、『うわ、キター!』と思いました。でもすごい優しい…」と語尾を濁すとすかさず増田から「すごい優しい…?」とプレッシャーが寄せられた。

岡本は「目力が強いって書いておいてください」とフォローした。逆に増田は「すごくおとなしい子なのかと思ってました。猫かぶってた!? 緊張してたんや」と岡本の第一印象を明かした。

また、司会者からはストーリーにちなんで、過去、決意を決めた瞬間について質問が寄せられた。

岡本は「3月に高校を卒業したんですけど、そこから芸能界一本でいくのか、進学するのかというところの分岐点の中で、芸能界一本でというのを決めた時ですね。今までの芸能生活では学業も一緒に歩いてきた道だったので」と現在の心境を告白した。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)