【AKB総選挙】“ケツバット”がファンとの絆!? 前々回選抜、SKE松村の巻き返しは?

【AKB総選挙】“ケツバット”がファンとの絆!? 前々回選抜、SKE松村の巻き返しは?

速報発表で91位だったSKE48・松村香織

5月31日に「AKB48 49thシングル選抜総選挙」の速報が発表され、“第1党”奪還を目指すSKE48はランクイン圏内となる80位までに19人のメンバーが名を連ねた(速報時点の第1党はAKB48の28人)。

今まで速報でもランクイン圏内に入ったことのない内山命や井田玲音名らの名前が呼ばれた一方で、ランクイン常連の大矢真那(前回は不出馬)や木本花音らが100位以内にも入っていなかった今回の速報発表。そんな中、選抜メンバー入りをした経験がありながらも、速報で80位に入らなかったメンバーがいる。チームKIIの松村香織(速報91位)だ。

松村は2009年に3期生としてSKE48に加入。だが、正規メンバーに昇格することなく、2013年には“終身名誉研究生”に。2014年の“AKB48グループ研究生会会長”就任を経て、2015年にチームKIIの正規メンバーに昇格した。

選抜総選挙では2012年に9030票を獲得し初ランクインを果たすと、以降も順位を上げ、2015年には13位(53667票)で選抜メンバー入り。2016年は不出馬だった。

選抜入りした2015年には初の写真集「無修正」(白夜書房)も発売。不定期に開催された発売記念イベントはロングランとなり、最後のイベントが行われたのはことしの3月。イベント内容も一般的なアイドルイベントで行われるようなものだけでなく、参加したファンたちに松村が“ケツバット”を見舞うなど、松村らしい一風変わった内容も。

速報発表後、松村はGoogle+に投稿した動画で心情を吐露。不安な心境を明かし、「無修正」のイベントが離れそうなファンと自身をつなぎ留めたものだったと語った。

今回の速報91位という結果が、松村本人やファンたちの尻に火を付けるものだったことは間違いないだろう。ただ、既存の枠にはまらないのが松村香織。速報ランクイン圏外から選抜メンバー入りというのはかなり困難に思えるが、松村ならそんな奇跡を起こせるのでは…と思ってしまう。

先日行われたSKE48のアルバム『革命の丘』発売記念イベントでは、ファンサービスでグッズ販売に現れたにもかかわらず、自身のファン対して総選挙のためと言い強制的に返金・返品したというエピソードも飛び出している松村。投票終了までファンの尻を叩き(!?)、沖縄で開催される開票イベントで壇上に上がることができるのか、要注目だ。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)