スパガ・浅川梨奈が血まみれで“殺り”まくる!

スパガ・浅川梨奈が血まみれで“殺り”まくる!

映画「人狼ゲーム マッドランド」で長編映画初主演を務めるSUPER☆GiRLS・浅川梨奈

SUPER☆GiRLS・浅川梨奈が、映画「人狼ゲーム マッドランド」で長編映画初主演を務め、7月15日(土)に公開されることが明らかになった。

同作品は、原作小説&コミカライズがシリーズ累計70万部を突破し、アプリゲームもヒットしている「人狼ゲーム」の実写化。

桜庭ななみ主演「人狼ゲーム」(2013年)、土屋太鳳主演「人狼ゲーム ビーストサイド」(2014年)、高月彩良主演「人狼ゲーム クレイジーフォックス」(2015年)、小島梨里杏主演「人狼ゲーム プリズン・ブレイク」(2016年)、古畑星夏主演「人狼ゲーム ラヴァーズ」(2017年)に続く、「人狼ゲーム」シリーズの第6弾となる。

主人公・小池萌を演じる浅川は、映画・ドラマ「咲 -Saki-」(2016年・2017年)、映画「14の夜」(2016年)、ドラマ「幽かな彼女」(2013年)など話題作に続々と出演し、2017年夏放送のドラマ「ファイブ」(FODほか)では、ヒロイン・麻生ひな役での出演が決定。本格派女優の登竜門となった「人狼ゲーム」シリーズで、初となる長編映画の主演を務め、女優としてさらなる飛躍を目指す。

共演には、「映画 暗殺教室」(2015年)で矢田桃花役を演じ、舞台「四月は君の嘘」で主演・宮園かをり役の公演が控える松永有紗の他、佐奈宏紀、門下秀太郎、飯田祐真、栗原吾郎、長谷川ニイナ、眞嶋秀斗、木下愛華ら、若手俳優たちが集結。

さらに、園子温作品の助監督としても活躍する綾部真弥監督が、「人狼ゲーム」シリーズ第3・4・5弾に続きメガホンを取る。

■ 浅川梨奈(小池萌役)コメント

そうそうたる方々が出演してきた「人狼ゲーム」シリーズの、第6弾の主演をさせていただけると聞いた時は、ものすごくうれしかったですし、歴代の「人狼ゲーム」シリーズが大好きだからこそ、この10人で歴代を越えたいと強く思いました。

楽しみな感情の反面、プレッシャーや不安、責任を感じながら、正面から小池萌に精いっぱい向き合いたくて、綾部監督と何度も話をしながら、萌を自分の中に落としていく作業をしたのですが、とても難しくて、たくさん悩み、考えました。

ゲームが目の前で起こっている現実に戸惑いながらも、強くなっていく萌に、演じながらいろんな感情を教えてもらっています。今までの「人狼ゲーム」シリーズとは違い、今回は「狂人村」。普通の「人狼ゲーム」とはルールが異なるので、今までとは違う感覚で楽しんで見ていただけるのではないかと思っています。ぜひ、楽しみにしていてください。

■ 松永有紗(佐藤彩乃役)コメント

人気シリーズの「人狼」に出演できて、とてもうれしいです!! 今回のマッドランドも、強制的に死に直面させられた高校生たちの、生々しいずるさ、裏切り、そして逃げられない恐怖を、台本を読み込むにつれ、ひしひしとリアルに感じて、撮影前からその場に居るような感覚でドキドキでしたが、最高の作品ができるよう、全力で闘ってきますっ。「人狼ゲーム」を楽しみにしていた皆さん! 今回のマッドランドは、新作ならではの新しい展開もあったりで、今までにない人狼ゲームになると思うので、過去に負けないくらいのめり込める作品になると思います! ぜひ、楽しみにしていて下さい。

■ 佐奈宏紀(庄司蒼空役)コメント

キャスト一人一人が「絶対に死にたくない、自分だけは生きたい」と本気で思っています。そのむき出しになったパワーみたいなものが、ガツンとくる作品になると思うので、最近刺激が足りないあなた! 僕たちが見せる生へのパワーを、ぜひ食らってみて下さい!

■ 門下秀太郎(周太樹役)コメント

「人狼ゲーム」は自分も見たことのある映画だったので、オーディションに受かり、出演が決まったと聞いた時はしばらく信じられませんでした。ただ、自分が役者として初出演する映画が「人狼ゲーム」であるということは、すごく大きなチャンスをいただいたんだと思いました。この作品では周太樹としてどれだけ存在感を出せるか、そして人間の「死」に対する情感をどれだけリアルに表現できるかを追求し、ご覧になる方々の心を動かすような演技をしていきたいと思います。

■ 飯田祐真(中川未来役)コメント

今まで見てきた「人狼ゲーム」シリーズの映画の中で自分も生きられること、綾部監督の作品に出演できることが、とてもうれしく光栄に思いました。未来は一見つかみどころの難しい子に見えますが、自分の意思と輪郭ははっきりした女の子だと思います。非現実的な世界の中でも生き残りたい強い気持ちを持つ、登場人物の一挙一動全てに注目していただきたいです。見てくださる方々に、私たちのぶつける思いが届くことを願っています。

■ 栗原吾郎(宇佐美慧役)コメント

演技力重視のオーディションと聞いていたので、非常にうれしかったです。決まった宇佐美役ですが、オーディション時の設定では強面・老け顔という設定だったので、自分はそんなに老けて見えるのかと老いを感じました。カップルでご覧いただいて、重た〜いデートというのも、たまにはいかがでしょうか。

■ 長谷川ニイナ(根岸すず役)コメント

以前から「人狼ゲームシリーズに出たい!」と憧れていたので、オーディションでは「この戦いは絶対に勝ち抜きたい!」という思いで臨みました。初めて台本を読んだ時も狂気じみた感覚にゾクゾクと鳥肌が立ち、この世界で生きるチャンスをもらえたことがとてもうれしく、撮影が楽しみで、今からワクワクしています。残酷な世界で勝利を勝ち取りに行く姿に生命力とパワーを感じていただきたいです!

■ 眞嶋秀斗(加納蓮役)コメント

決定の連絡をいただき「加納蓮」の文字を見たときは、身が引き締まりました。同世代の役者さんが演じる映画「人狼ゲーム シリーズ」を見てきて、「自分もいつかは」とずっと思っていました。この作品に参加させていただけること、本当にうれしく思います。恐怖とどう向き合うのか。立ち向かえないほどの恐怖を感じたとき、人はどうするのか。劇場で皆さまと一緒に体感できる日に向かって、皆さまの心に残る作品になるよう挑んでいきます。

■ 木下愛華(三上優花役)コメント

正直受かった当初は、シリーズとしてこれまで積み上がってきたものが大きすぎる作品なため、期待に応えられるのだろうかと強い不安を覚えました。ですが、人間味溢れる共演者の方々と会い、監督とプロデューサーさんの熱のこもった話で不安が消えて、今はもう楽しみでたまらないのと、これまでにない、見てくださる方が身震いしてしまうような衝撃作にしたいと思っています。「人狼ゲーム」に興味がある方はもちろん、最近刺激が足りないなと思う方は、ぜひ臨場感が味わえる劇場で見てほしいです。よろしくお願いします!

■ 坂田将吾(杉本陽翔役)コメント

出演が決まった時は、驚きと共に「人狼ゲームの世界に浸ることができる」という喜びがありました。狂人が7人という特殊ルールの下で、「それぞれ何を考えながら人狼ゲームの閉鎖空間で生きているのか」が見どころです!

■ 綾部真弥監督コメント

今作でシリーズ6作目となる映画「人狼ゲーム マッドランド」。まずは、またこうして新作を公開できるということに喜びを感じております。シリーズ作を見ていただき、支えていただいている皆さまに感謝いたします。今までのシリーズ作にないゲーム展開で、“村人”の中から“人狼”を探すというセオリーが覆る本作。不条理な暴力の中で、生を実感し、もがく若者の生々しい感情と、混乱を極めるゲームの結末を、ぜひ劇場でご覧下さい。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)