虹コンファミリー3組が「週刊アスキー」イベントで勢ぞろい!

虹コンファミリー3組が「週刊アスキー」イベントで勢ぞろい!

虹のコンキスタドール赤組、サジタリアス流星群(虹のコンキスタドール青組)、ベボガ!(虹のコンキスタドール黄組)が「ASCII アイドル倶楽部 定期公演 Vol.1」に出演

虹のコンキスタドール赤組、サジタリアス流星群(虹のコンキスタドール青組)、ベボガ!(虹のコンキスタドール黄組)が5月29日、東京・AKIBAカルチャーズ劇場で行われた「ASCII アイドル倶楽部 定期公演 Vol.1」に出演した。

「ASCII アイドル倶楽部 定期公演」は、「週刊アスキー(KADOKAWA)の『表紙を飾ったアイドルに会いに行く。』」をコンセプトにしたライブイベント。第1回となる今回は、“虹コンファミリー”3組による共演で、集まったファンを楽しませた。

イベントの冒頭で、虹のコンキスタドール赤組の奥村野乃花、鶴見萌、中村朱里、根本凪、的場華鈴、大和明桜、サジタリアス流星群(虹のコンキスタドール青組)の岡田彩夢、清水理子、蛭田愛梨、山崎夏菜、予科生の荒井紗也香、片岡未優、隈本茉莉奈、ベボガ!(虹のコンキスタドール黄組)の鹿目凛、葉月梨花、樋口彩、水沢心愛、水戸しのぶの総勢18人がステージに登場。

今回のイベント出演について、的場は「これは『週刊アスキー』の表紙を飾った、アイドルによるライブイベントとなっています。その記念すべき第1回に、虹のコンキスタドールが選ばれました! やったー!!」と笑顔を見せる。

さらに、「今日は、虹コンファミリーでスペシャルなライブをお届けしたいと思います」とファンにあいさつした。

■ “トップバッター”はベボガ!

イベントはベボガ!(虹のコンキスタドール黄組)から勢いよくスタート。早速、8月22日(火)リリースの3rdシングル「4文字メロディー」を披露。各グループのライブは1曲目が撮影可能ということで、ファンもスマホ片手に声援を贈る。

その後、「純情NAMIDAカタルシス」「かちとばせ!栄光のレインボー」をパフォーマンス。サイリウムを持ったファンが一体となり、会場を盛り上げた。

■ サジタリアス流星群はキュートでフレッシュ!!

サジタリアス流星群(虹のコンキスタドール青組)は、「わたし時々、魔法少女」をキュートに歌唱。さらに、「LOVE麺 恋味 やわめ」では“ゆるラップ”でファンを楽しませる。

ラストは、虹コンの'15年の“夏曲”「THE☆有頂天サマー!!」でフレッシュなステージを締めくくった。

■ メンバーが最新チェキに興味津々?

トークコーナーでは、奥村、鶴見、的場、清水、鹿目、水沢が「アスキー」にちなんで、最新のデジタルグッズを体験することに。

正方形のチェキが撮れる「instax SQUARE SQ10」(インスタックススクエア)を、「アスキー」編集部員の解説を受けながらメンバーが実際に使用。フィルターなどの編集・加工機能を目の当たりにし、メンバーからは「すごい!」「格好いい」といった声が上がる。

鹿目が「アイドルとの2ショットの思い出が、繊細に残ります」と完璧に締め、的場が「この『instax SQUARE SQ10』ですが、次作、夏のシングルのリリース記念イベントから、特典会の“ランダムチェキくじ”の当たりとして導入されます」と発表。

さらに、的場は「リリースに向けて観覧無料ライブもたくさん行われるので、よろしくお願いします!」とアピールした。

■ 虹コンは“大人っぽさ”と“カワイさ”を見せる!

イベントのトリを務める虹のコンキスタドール赤組は、「パラダイスな片思い」で大人っぽい雰囲気を醸し出し、続く「きみの気持ち教えて」では可愛らしさを見せていく。

そして、虹コンの'16年の“夏曲”「限りなく冒険に近いサマー」でステージを終えた。

■ ラストは虹コンファミリーのアノ掛け声で!?

アンコールでは、虹のコンキスタドールメジャーデビューDVDシングル「ノーライフベイビー・オブ・ジ・エンド」を歌唱。

その後、この日出演した3グループ・計18人でベボガ!(虹のコンキスタドール黄組)の「この恋、弾丸ライナー」を歌い、虹コンファミリーの掛け声「虹コンファミリーでした。ありがとうございました。カッキーン!」で「ASCII アイドル倶楽部 定期公演」の記念すべき第1回公演は幕を閉じた。

なお、「ASCIIアイドル倶楽部 定期公演」の第2回は6月26日(月)開催。PASSPO☆、ぷちぱすぽ☆が出演する。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)