中居正広 亡き父との思い出明かす「日曜日のカーペンターズ」

中居正広 亡き父との思い出明かす「日曜日のカーペンターズ」

中居のトークはやっぱり心地よく楽しめる

中居正広がMCを務める「Momm!!」(TBS系)。この番組は5月から、ゲストの人生チャートと共に思い出の曲を振り返る形式にリニューアルした。月刊ザテレビジョン最新号では、MCの中居が番組について語ったインタビューを掲載。

「アーティストに限らず、いろんな人の音楽のルーツを聞けるのは好きなので、収録は楽しいです。番組で紹介するゲストの『人生年表』は、再現ドラマ化するほどの波はないかもしれないけど、音楽だけじゃなく、その『人となり』が入っていて。普通のトークの中でそんなにハードルを上げることなく、カジュアルに話せたらいいかな」。 どの番組でもそうだが、中居は事前に台本をすべて頭に入れ、収録前は特にゲストと対話をすることもなく本番に臨む。中居のスタイルはこの番組でも変わらない。「ゲストと2人だけで話をするのと、他に誰かがいるのと、やっぱり何パターンかあると思うので、そこに自分でハメようともしますし、ハメないようにしている意識ももちろんあります。人のお話を聞くっていうのは難しいですよね。テレくさい人もいるでしょうし、もどかしい人もいるでしょうし。僕に話す人もいれば、僕を一切見ないで隣の人を見ながら話す人もいる。見計らいながら瞬時にくみ取ることが大事だと思ってます」

番組では、ゲストの人生を彩った音楽を紹介。中居自身が幼いころの思い出の中にある音楽とは何だろうか。

「そうだねぇ。子供のときに聴いていた曲といえば、何かオシャレっぽく聞こえるかもしれないけど、お父さんが日曜日によく流していたカーペンターズのレコード。朝起きると、ずっと聴いてるんですよ。何、優雅ぶってるのかなと思ってたけど(笑)。大人になって、『そういえば…』と思って、ベスト盤みたいなCDを買って聴いた記憶だけはありますね」

この記事の続きを読む