ジブリと「SLAM DUNK」を愛するNBA選手、ブルック・ロペス来日インタビュー

ジブリと「SLAM DUNK」を愛するNBA選手、ブルック・ロペス来日インタビュー

日本が大好きなNBAプレーヤー、ブルック・ロペスがNBA頂上決戦の見どころとジブリ愛を語る!

アメリカでNBA2016−2017シーズンのファイナル頂上決戦が行われている中、ブルックリン・ネッツに所属するスタープレーヤー、ブルック・ロペス選手が来日。日本のマンガやジブリ作品を愛し、幾度となくオフシーズンに日本を訪れているロペス選手に、日本への思いや、ファイナルの行方を語ってもらった。

――これまで何度も日本に来ているそうですが、初めて日本に来たのはいつですか?

8年前、きっかけはディズニーランドだね。僕はロサンゼルスで育ったから、小さいころから兄弟でアナハイムにあるディズニーランドに行っていた。NBAに入ってプロになった時、世界中のディズニーランドを回ってみようと思って、それで日本にも来たんだ。日本に来て街を探索してみたら、人々もナイスだし、街並みも美しい、食事も美味しいし、日本が大好きになったんだ。以前、弟(シカゴ・ブルズに所属する双子の弟、ロビン・ロペス選手)とも話したんだけど、2人とも日本の文化が大好きだから、NBAを引退した後に日本でプレーするのも良いなって思っているよ。

――日本の文化では、ジブリ作品とマンガ「SLAM DUNK」が好きだそうですね

もともと兄弟でアニメーションが好きだったんだけど、ジブリ作品を見て、ますます好きになった。「となりのトトロ」や「風の谷のナウシカ」、「天空の城ラピュタ」…全作品を挙げたいくらいだけど(笑)、とても楽しくて惹かれていったね。それで、ほかの日本の作品も見てみようと思ったときに「SLAM DUNK」を見つけたんだ。赤い髪じゃないけど、自分の見た目は桜木花道に似ていると思うよ(笑)。同じチームでプレーするなら桜木がいいね。対戦するなら流川楓。彼のプレーに対する姿勢は自分と似ていると思うし、背番号も同じ11番だからね。「SLAM DUNK」のほかに昔のマンガも好きで、手塚治虫の「鉄腕アトム」や「ジャングル大帝」が大好きだよ。

――今回の来日では、どこに行きましたか?

テレビ番組の収録で小学校に行ったんだけど、日本の学校を見れたのは良い経験になったね。昨日はスカイツリーに行って、お土産をたくさん買ったよ。「魔女の宅急便」のホウキとかね(笑)。

――ここからは、バスケの話に移りたいと思います。NBAの今季のファイナルは史上初となる3年連続の同カード、クリーブランド・キャバリアーズとゴールデンステイト・ウォリアーズの戦いになりましたが、注目しているポイントはどこですか?

去年はウォリアーズが負けて、一昨年はキャバリアーズが負けた。そうやって勝ち負けを繰り返してきた両チームだから、この3度目の対決では「何が何でも勝つ」という気持ちで臨んでいるんじゃないかな。ウォリアーズはケビン・デュラントの加入が非常に大きいけど、デュラント、ステフィン・カリー、クレイ・トンプソン、ドレイモンド・グリーンの中心メンバーに加えて、優れた控え選手も揃っているのが強みだね。

キャバリアーズの強みは、間違いなくレブロン・ジェームズとカイリー・アービングだね。特に、レブロンはパスを回して、周りの選手を引き立てることができる。両チームとも、フォワードとガードは間違いなく強力なプレーをしてくるだろうから、インサイドの選手がどれだけステップアップできるのかがカギになると思う。毎試合、見るたびに考えは変わると思うけど、第7戦までいくのは間違いない。今のところ、第7戦でウォリアーズが勝つと思うよ。

――自身の2016−2017シーズンを振り返ってみていかがですか?所属するブルックリン・ネッツは、東カンファレンス15位という結果でしたが…

苦しいシーズンだったね。決して満足できる結果じゃなかった。でも、若い選手も、コーチも、自分も含めてチーム全体が、来シーズンにつながる成長ができたのは大きかった。チームとしての強い基盤は作れたから、それを成長させて、より良いチームになっていくのが目標だ。個人的には、リーダーとして自分自身が成長することを目標にしているよ。

――ロペス選手個人としては、今年4月、通算得点でブルックリン・ネッツ歴代1位になりましたね。

自分がこれだけ長くプレーしてきたことにビックリしたし、まさかチームの歴代リーディングスコアラーになるなんて想像していなかったよ。光栄なことだし、ビンス・カーターやケビン・ガーネット、ポール・ピアース、デロン・ウィリアムス、ジョー・ジョンソン、彼らのように優れたプレーヤーと一緒に戦ってきたから、今のレベルまで上がってこられたんだ。でも、記録を達成した日に弟のロビンがサージ・イバカを殴って、そっちの方が話題になっちゃったけどね(笑)。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)