要潤が“ゲス夫”に!? 渡辺直美主演「カンナさーん!」追加キャスト判明

要潤が“ゲス夫”に!?  渡辺直美主演「カンナさーん!」追加キャスト判明

7月スタートの渡辺直美主演ドラマ「カンナさーん!」(TBS系)の追加キャストが決定!

7月からTBS系で放送スタートする、渡辺直美主演ドラマ「カンナさーん!」(毎週火曜夜10:00-10:54)の追加キャストが判明し、要潤、斉藤由貴、山口紗弥加らの出演が決定した。

本作は、2001年から2007年に、漫画雑誌「YOU」(集英社)に連載された深谷かほるによる同名漫画が原作で、自由奔放ないわゆる“ダメ夫”としゅうとめ、理不尽な会社の上司などに振り回されながらも、大胆で前向きなキャラクターである主人公・カンナがハッピーに生きる姿を描く。

コメディアンとしての渡辺の人気は言わずもがなだが、この「カンナさーん!」での、女優・渡辺はまさにハマリ役と言えそうだ。本人も、原作漫画の表紙を見て「私のことを書いているのかな!?」と思ったというほど、ぴったりの容姿となっている。

そんな中、カンナの夫役やしゅうとめ、会社の同僚などを演じる共演者が発表された。

要が演じるのは、CG制作会社を起業し、小さい会社とはいえ社長を務める天才CGクリエーターでカンナの夫・礼。優しくてイケメンの彼にカンナはメロメロだったが、自由奔放で芸術家肌の礼は、最悪のタイミングでカンナを裏切り、浮気してしまう“ゲス夫”という役どころ。

そんなゲス夫である礼の母親・鈴木柳子を演じるのは、希代の演技派女優・斉藤。柳子は孫と息子を溺愛するが故に、何にでも首を突っ込みたがり、「天然」なのか「毒舌」なのか絶妙なラインをつき、カンナをイライラさせてしまう。

また、カンナが働くアパレル会社の先輩・片岡美香を山口が演じ、何かと暴走気味なカンナを正しい道へ導いてくれるアネゴ的存在として、よき相談相手となる。

さらに、アパレル会社の同僚・境川翔子にトリンドル玲奈、カンナと礼の一人息子・麗音には、子役の川原瑛都、麗音が通う保育園の園長に朝加真由美、礼の父親で麗音の祖父に遠山俊也などさまざまなキャストがドラマを盛り上げていく。

個性爆発の渡辺と心強い共演者たちがカンナの奮闘記をどう描き出していくのか、期待が高まる。

■ あらすじ

パワフルで豪快、思い込んだら一直線の女・鈴木カンナ(渡辺)。雇われファッションデザイナーとして働く彼女には「いつか自分のデザインした洋服で世界中の女性をイイ女にしたい!」という夢があるが、斬新過ぎるセンスになかなか時代が付いてこず…会社ではちょっぴり浮いた存在だった。

しかし、夢を諦めることなく、いつもポジティブ。イケメン夫・鈴木礼(要)と一人息子の麗音(川原)と共に毎日楽しく暮らしていた。

だがある日、あろうことか、ラブラブだったはずの礼の浮気が発覚。「冗談じゃない!」と息巻いて、ゲス夫を追い出したまでは良かったのだが…。

■ 要潤コメント

――礼という役柄について。

一言で言えばゲスな男です。最低です。でも、そんな男にも視聴者の皆さんから何かしらの愛着を持たれるように演じたいと思います。何かとスキャンダルに騒がれやすい昨今に、この役はとてもフィットしてますので、楽しんでいただけるかと思います。

――主演の渡辺直美さんとの共演について。

すごく器用な人だと思うので、芝居が出来るのを楽しみにしています。夫婦感を出せるようにいろいろと作戦を考えたいと思います。

――視聴者にメッセージをお願いします。

とてもドラマチックで、くすっと笑えて、軽い気持ちで見てもらえる作品にしたいと思います。全ての女性を敵に回す覚悟はできていますので、ぜひ女性の皆さんブーブー言いながらご覧ください(笑)。

■ 斉藤由貴コメント

――柳子という役柄について。

カンナさんのおしゅうとめさんです。人生初のおばあちゃん役です。トシとったもんだ。

――主演の渡辺直美さんとの共演について。

すっごく楽しみ!! 踊り、教えてもらいたい。

――視聴者にメッセージをお願いします。

絶対面白くて、しかも、お母さんが元気になれるドラマになると思うのでワクワクしに来てください。

■ 山口紗弥加コメント

――美香という役柄について。

カンナさんの上司であり、良き相談相手です。全力で“色々”に立ち向かうカンナさんが、弱音を吐き、思いっきり甘えられる場所。姉のような存在になれたらいいなと思っています。

――主演の渡辺直美さんとの共演について。

もう、ただただうれしいです。パワフルでエネルギッシュなカンナさんに早く会いたい!“恋する渡辺さん”を早く見たいです。

――視聴者にメッセージをお願いします。

何を選び、どう生きるのか。仕事に恋に子育てに、現代に生きる女性にこそ見ていただきたいドラマです。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)