規格外の”地球旅行”に出演者&スタッフも仰天!「陸海空 こんな時間に地球征服するなんて」

規格外の”地球旅行”に出演者&スタッフも仰天!「陸海空 こんな時間に地球征服するなんて」

U字工事が挑戦する「部族アース」

■ “ぶっ飛んだヤツラ”が世界各地を大冒険!!

部族、豪華客船、ドローン、ミステリー、釣りという5つの視点から地球をリアルに冒険する「陸海空 こんな時間に地球征服するなんて」(毎週火曜夜11.15-0.15ほか、テレビ朝日系)。「テレビカメラが入ったことのない地域を訪れるので、何が起こるかは分からない。だから台本は用意できないし、演者さんとスタッフの興味と好奇心によって展開も変化します。生放送のスタジオではMCの小峠さんたちも本気で驚いていますし、CMの間も休憩を忘れて映像の感想をしゃべりっ放しです」(米田裕一・総合演出)。

■ U字工事がアマゾンへ! ナスDはジャングルに永久移住!?

U字工事がアマゾンの奥地で暮らす人々の生活に潜入する「部族アース」。「過酷なロケになると分かった瞬間、スタッフ一同、これはU字工事さんしかいないと(笑)。現地の人々の様子や風習を観察してコメントに盛り込む腕はさすがです」(米田氏)。入れ墨に使う果実を美容液と勘違いして塗りたくり、全身が紫に染まった“ナスD”こと友寄ディレクターも話題だが…。「顔が紫色の上司を編集でどこまでイジっていいのか、部下としては複雑です(笑)。あと、アマゾンが好き過ぎるので、寄り道ばかり…。だからこの企画だけ世界一周になかなかならないんですよね(笑)」(米田氏)。

■ まるで女スパイ? REINAの人心掌握術

ハーバード大学大学院卒、CIA、FBIからも内定をもらったインテリタレント・REINAが、豪華客船クイーン・エリザベスでセレブ友達を100人つくるこの企画。「REINAさんは女スパイみたいな人で、普段から人に会うと会った場所や会話をデータベース化しているんです。乗客だけでなくクルーまで登録してて、恐るべき人脈が。そのうちセレブと会社を起こすのでは?(笑)」(米田氏)。

■ バッドナイス常田の舎弟気質で”グッドナイス”な国際交流!?

地球上の絶景にバッドナイス常田が突撃! 世界のドローンパイロットとタッグを組み、世界初の映像撮影に挑む「ドローンアース」。「常田さんはすし店のアルバイトで、外国人の対応をしていたというので、英語は安心していたのですが全然でした(笑)。国ごとにドローンのパイロットは違いますが、その都度、常田さんの”舎弟気質”が発揮され、言葉が分からなくても仲良くなっています。この前、”部族アース”を見た常田さんが『自分も顔に何か塗りましょうか』と言うので止めましたが(笑)、それくらい放送の尺を狙う気持ちで撮影に臨んでもらっています」(米田氏)。

■ 幸運男・サンシャイン池崎世界的発見を乱発!?

サンシャイン池崎と怪魚ハンター・沖山朝俊が世界の怪魚と対決する企画。スタート地のタイでは、専門家も驚くような巨大エイを釣り上げた。「怪魚釣りって、大物が釣れるかどうかは結局運なんです。インド編では、沖山さんも驚くくらいの怪魚を釣り上げました。『池崎さんは運を持っているね』と沖山さんがうなるくらい、世界的発見の連続で、魚の専門家も仰天しています」(米田氏)。

■ 想像以上にポンコツ!!片岡&MASAKIの珍道中

世界中に存在する不思議スポットを、現役の探偵でもあるオオカミ少年・片岡正徳と、プロ旅人のMASAKIが訪問。その”謎”を解明していくはずの「ミステリーアース」だが、全くミステリーにならず、2人の”ポンコツぶり”が見どころに。「アイルランドで2000年前のバターをなめた2人が、『味がしない』とコメントし、想定外のゆるグダ展開になりました。これから放送される予定の心霊スポット編では、片岡さんとMASAKIさんでは見える霊が違うという事態が…。ミステリーのはずが、全然怖くないんです。出発前の事前の打ち合わせではこのポンコツぶりは見抜けませんでしたね(笑)」(米田氏)。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)