岡田准一、役所広司らが“一世一代の戦”へ向けてまなざしギラリ

岡田准一、役所広司らが“一世一代の戦”へ向けてまなざしギラリ

8月26日(土)に全国ロードショーされる映画「関ヶ原」のWEB用メインビジュアル

8月26日(土)に全国ロードショーとなる岡田准一主演映画「関ヶ原」より、鉄砲隊や騎馬隊が入り乱れる戦火の中、「『愛』と『野望』、激突!」のコピーとともに、これから始まる一世一代の戦を前に、甲冑を身にまとい真剣なまなざしを浮かべる岡田演じる石田三成と、役所広司演じる徳川家康を中心とする世紀の合戦「関ヶ原」へと挑んだ者たちが一堂に会した、本ビジュアルが公式サイトで解禁された。

また本ビジュアル解禁と共に、原田眞人監督は25年もの長きにわたり熱望し続けた「関ヶ原」を映画化したことについて、「『関ヶ原』は司馬遼太郎合戦文学の傑作です。映画化ミッション・インポッシブルの世界でもあります。

しかし、天下悉く利に走るとき、理念をもって流れと逆しまに走った男たち女たちの合戦を映像化するのは、この混迷と理不尽の時代を生き抜くための『正義』であると、サンチョパンサを従えたドンキホーテのように老骨背筋を伸ばして考えました。

正義とは一言で言えば、人間の価値です。石田三成のテーマ『大一大万大吉』とは人類として、個人として、人間として生きるための指針なのです。三成は『今』を生きています。それが波乱万丈戦国絵巻の気と心です。演技合戦、合戦映像、合戦音楽、全て勇壮超一級。大画面大音響で、存分に斬り結ばれよ!」と本作に対する思いを寄せた。

そして、昨年8月中旬から2カ月半行われた撮影では、京都・東本願寺、彦根城など各地の名だたる国宝級・歴史的建造物でロケを敢行。エキストラ総数3000人規模、延べ400頭にも及ぶ騎馬や鉄砲隊が入り乱れる合戦シーンは、大迫力の映像となってスクリーンに映し出されそうだ。

これまで語られてきた「関ヶ原の戦い」を新しい解釈で描く本作は、石田三成を「正義を信じ、愛を貫く純粋すぎる武将」として中心に据え、徳川家康を「野望に燃え、天下取りをもくろむ武将」として対極に置き、関ヶ原の命運を握る小早川秀秋もこれまでのイメージとは全く違う「義を貫こうとする武将」として描いていく。

さらに、初芽(有村架純)や蛇白(伊藤歩)、北政所(キムラ緑子)など女性たちも戦いの命運を握る重要な役回りとして、物語に深みをもたらし、史上最大の合戦「関ヶ原」に向かう、武将たち、女たちの“未来に込めた想い”が、誰もが知る「関ヶ原」の誰も知らない「真実」として描かれる。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)