松岡茉優が「カーズ」最新作でマックィーンの“相棒”に!『私に務まるのかな…』

松岡茉優が「カーズ」最新作でマックィーンの“相棒”に!『私に務まるのかな…』

7月15日(土)公開 の「カーズ/クロスロード」で声優を務めることになった松岡茉優、藤森慎吾

7月15日(土)に公開される、ディズニー/ピクサーの「カーズ」シリーズ最新作「カーズ/クロスロード」の声優として、実力派若手女優・松岡茉優と芸人・藤森慎吾(オリエンタルラジオ)の2人が参加することが分かった。ディズニー/ピクサーの映画声優はそれぞれ初挑戦となる。

2006年の「カーズ」で、自信過剰な新人レーサーとして登場した真っ赤なボディーのスポーツカー、ライトニング・マックィーン。

自分勝手だった彼が、田舎町“ラジエーター・スプリングス”に迷い込んだ事で、人の優しさに触れ、本当に大切な事に気付いていく物語は、老若男女を問わず全世界・全ての世代を感動させた。

そんな本シリーズの最新作「カーズ/クロスロード」でマックィーンを待ち受けていたのは、新たなハイテク世代の台頭と、レース人生を揺るがす大クラッシュだった。夢の続きか、それとも新たな道か? マックィーンは、新たな相棒・クルーズと共に“人生の岐路=クロスロード”に立ち、運命の決断を迫られる。

松岡が演じるのは、マックィーンの相棒となる、テクノロジーの知識が豊富なトレーナーのクルーズ。マックィーンの大ファンであり、再びレースに戻ってもらいたいと思っている女の子だ。

松岡は本作の声優が決まったことについて「選んでいただいてうれしい気持ちが、あったのですが、それでも怖いっていう気持ちもすごく大きくて、子供の時からずっと見ていたディズニー作品ですし、私に務まるのかなという不安がありました。

でも台本を読んでいくうちに、本当にクルーズのことが大好きになって、ぜひ、私が演じ切りたいというふうに気持ちがどんどん前に向いていきました」と明かした。

また、アフレコの感想を「クルーズの指導は、言葉をまくし立てたり、音楽が流れてるところは、音楽にノリながら歌ったり喋る、すごく陽気な子なんです。早口で自分のタイヤの名前を一つ一つ説明したり、とてもかわいらしいんですけど、アフレコのときは苦労することも多かったです。

あとヒップホップをたくさん聞きました。ラップみたいになってるんです。だから、ヒップホップを聞いて、ここで入ればいいんだなみたいな…のを研究しました(笑)」と苦労を語った。

一方、主人公のマックィーンを窮地に追い込む史上最強のライバルで、生意気な次世代レーサー・ストームの声を演じる藤森は「念願かなったな、という思いでした。ずーっとディズニー/ピクサー作品の声優さんをやりたかったのですが、その夢がかなって飛び跳ねて喜びました」と起用された感想を明かす。

続けて「僕はやっぱり芸人をやっているので木梨(憲武)さんや、『モンスターズ・インク』の石塚(英彦)さんと田中(裕二)さんにすごく憧れました。あの2人のコンビがまたすごく良くて、その好きな作品に自分の先輩がこうやって出ているっていうのは自分にも夢を抱くきっかけを作ってくれました。

本当にああいう先人の方々のご活躍が僕の原動力になっていたんじゃないでしょうか。ちょっと恐れ多いですね、そこに名前を連ねさせていただくというのは。末席の末席においていただければ、うれしいです」と、謙虚に喜びを語った。

また、実際アフレコをやってみて「今まで声優のお仕事では、チャラめで明るくて陽気な奴みたいな役が多かったんですけど、ストームはそういう要素が一切なくて、わりとクールで、ちょっと鼻につく感じの生意気でいやな部分もあるんです。その感じを最初つかむのに時間が少ししかかったかなっていう感触でした。

マックィーンは僕の中でもスターでヒーローなので、今回マックィーンを追い詰める役を演じるのは心苦しかったんですが、最終的にはストームの気持ちになれたんで、『マックィーン倒してやろう、先輩倒してやろう』っていう気持ちが芽生えてきました」と苦労を明かした。

さらに、これまでの「カーズ」シリーズの声優も続投が決定。

全2作に続きマックィーン役の声優を務めるのは土田大、マックィーンの相棒として支えてきたメーター役は山口智充、そしてサリー役を戸田恵子が務める。

果たして大きな挫折を経験し、人生の選択に迫られたとき、マックィーンは走り続ける事ができるのか?

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)