乃木坂46・桜井玲香「ハミョン ドェンダ」とニッコリ!

乃木坂46・桜井玲香「ハミョン ドェンダ」とニッコリ!

「テレビでハングル講座」に出演中の乃木坂46・桜井玲香

4月から生徒役として乃木坂46・桜井玲香が出演する「テレビでハングル講座」(毎週水曜夜11.30-11.55、NHK Eテレ)。ハングルを学ぶのは初めてだという桜井に、ハングルの魅力などを語ってもらった。

■ 握手会でハングルを使っています!

――出演のお話を聞いた時の気持ちを教えて下さい。

すごくびっくりしました。もともと韓国の文化やK-POPが好きで、ハングル自体に興味があったので、「いつかハングルに関連するお仕事ができたらいいな」という夢を持っていました。「かなわないかな!?」と思っていたので、本当にうれしかったです!

――ハングルを始めて何か変わりましたか?

まだ聞き取るのは難しいのですが、ハングルで書いてある歌詞を見ることに抵抗がなくなりました。今までは全く文字が分からなかったので歌詞カードを見ていなかったのですが、最近はちょっと読めるようになりました。それから、街中にある看板のハングルを読んだりもしています。

――4月の放送では、キム・スノク先生から「サランヘヨ(愛してます)」にはあいさつのニュアンスもあると教わっていましたが、他のお仕事や日常生活で使うことはありますか? 

握手会などでいろいろなファンの方とお話する機会が多いのですが、「サランヘヨ」とあいさつしてくださる方もいらっしゃいます。ハングルで話し掛けられると私も答えなきゃいけないので、半強制的に実戦しています(苦笑)。

ハングルを始めて約2カ月半たって、やっとあいさつがナチュラルにできるようになりました。私にとって、ここ最近の中で一番大きな変化かなと思います。

■ 先生から教わった「ハミョン ドェンダ」に勇気付けられました!

――ハングルの難しいと思う部分は、どこですか?

やっぱり発音ですかね。(息を強く出す)「激音(げきおん)」や、(息をほとんど出さない)「濃音(のうおん)」が難しいです。でも、全部難しいです(苦笑)。

それから、ハングルは会話になると「連音化」という現象が起きて、耳で聞き取るのがちょっと難しいんです。そこは苦戦しています。

――逆に、ハングルを身近に感じる部分はありますか?

日本語と文法がほぼ同じなので、文が作りやすいです。覚える事も意外と少ないというか…1つ(文を)覚えると、すごく応用できます。

「漢字語」というのがあるんですけど、日本語と発音が似ているんです。例えば、“約束”“無理”“道路”などは、ほぼ日本語と同じです。“フェサ”っていうのが“会社”なんですけど、“社会”って言いたい時は、逆にして“サフェ”なんです。そういう部分では身近に感じやすいんじゃないかと思います。

――番組内では、シン・ウィスさんとコントみたいなことをしていますが、大変ですか?

ウィスさんはもともと発音のきれいな方で、私に分かりやすく丁寧に言ってくださるので6割は分かります。私が理解するまで何回も何回も言ってくださって、口元も見せてくださいます。そういう方が近くにいるのは、すごくありがたいですね。

スノク先生も、実際に書きながら説明してくださったり。お2人には、すごくお世話になっています。

――スノク先生から教えてもらった言葉で、一番印象に残っている言葉は?

「ハミョン ドェンダ(やればできる)」です。この言葉だけをずっとずっと自分に言い聞かせています。一番初めに教えてもらった言葉で、勇気付けられた言葉でもあります!

―― 一番勉強になったのは、どの回ですか?

毎回、大事な基礎の基礎をやっているので、どの回も大切だと思います。でも、数字を学んだ回は、すごく印象に残っていますね。

それと、「ヘヨ体」の作り方の回です。これから文法を学んでいく上で一番重要な部分で、これを覚えることで今後、さまざまな言い方ができるようになるそうです。自分の中では、特にこの2つを押さえておくと文を作るベースになるかなと思います。

■ 目標は韓流ドラマ&映画に出演すること!?

――ハングルをマスターしたら、韓国でも活動したいという思いはありますか?

アジア圏で知名度がある人になれたら、という夢はあります。せっかくハングルを勉強しているので、ドラマだったり、映画だったり、作品の中でハングルのせりふを言うことができたらと思っています。

――5月16日がお誕生日でしたが、「23歳です」をハングルでお願いします!

えっ!? むちゃ振りだなぁ〜。「スムルセ サリエヨ」。難しい!!

――桜井さんを通して、より多くの方にハングルを学んでいただきたいので、最後に番組のアピールをお願いします!

外国語となると、1から全部覚えなきゃいけないのでハードルが高いのですが、その中でも特に日本人にとって入りやすいのがハングルだと思います。私も実際にやってみて、感じました。

なので、あまり苦手意識を持たずに、やってほしいです。私も始めたばかりで全然できていないので、このハングル講座で私の間違えまくっている姿を見ながら、「あっ、桜井より自分の方ができる!」と思ってやってもらえたら、楽しく気軽にできるんじゃないかと思います。ぜひ、一緒に頑張りましょう!

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)