芦田愛菜「iPS細胞を研究したい」スタジオどよめく

名門中学に入学の芦田愛菜「将来はiPS細胞研究したい」 最近読んだ本は『舟を編む』

記事まとめ

  • ヒロミと後藤輝基が司会の「ウチのガヤがすみません!SP」に芦田愛菜が出演
  • ヒロミの「将来は何を勉強したい?」との質問に「医学のこととかiPS細胞とか」と回答
  • 芦田は「1年間で120冊ぐらい読みます」と読書好きを告白、最近読んだ本は『舟を編む』

芦田愛菜「iPS細胞を研究したい」スタジオどよめく

芦田愛菜「iPS細胞を研究したい」スタジオどよめく

すっかり大人っぽくなった芦田愛菜

ヒロミ&後藤輝基(フットボールアワー)の司会のもと、50人の芸人が自分の特技でゲストをおもてなしするトークバラエティ「ウチのガヤがすみません!」(日本テレビ系)。通常は深夜帯の放送だが、6月6日の夜9.00に、109人の芸人が集結した「ウチのガヤがすみません!SP」が放送された。

4月から名門中学に入学し話題となった女優の芦田愛菜が出演、学園生活、将来の夢について語った。

女優歴10年になる芦田は、これまでに数々の話題作に出演してきたが、自分の作品は「恥ずかしく見ない」とか。

そんな中、社会現象にもなった、芦田と鈴木福の歌った「マル・マル・モリ・モリ!」(2011年)のVTRが流れた後に後藤から「ああいう忙しいときに学校もあったんでしょう。大変じゃなかった?」聞かれた芦田は「どっちも楽しかった」と即答。

学校と仕事はそれぞれ別の楽しさがあると語った。

好きな教科は国語と社会で、休み時間に友達とは「次の授業の話をしている」と、真面目な学園生活を送っている様子を伺わせた。

「将来は何を勉強したい?」とヒロミが質問すると「医学のこととか、iPS細胞とか」と答え、スタジオのガヤ芸人たちからどよめきが。

「女優さんやめて、研究者になる道も将来はあるの?」とさらにヒロミが聞くと「両方やりたい!」と名言した。

また、レギュラーの放送時間(火曜夜11.59)では、ゴールデンで放送できなかった「特別編」を放送。

そこでも芦田は、テレビを見るより本を読むのが好きだと言って「1年間で120冊ぐらい読みます。活字病で、本を開かないとダメなんです。字が読みたくなっっちゃって読むものがないときは、(ペットボトルなど)の裏の成分表とか読んでます」

と、芸能活動と中学受験を両立させた芦田らしいエピソードを披露した。ちなみに、最近読んだ本は「舟を編む」(三浦しをん著)だそう。

次回は6月13日(火)、りゅうちぇる、加藤諒がゲスト出演予定。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)