“セクシー俳優”斎藤工が「ものすっごい」色気を感じたのは…

“セクシー俳優”斎藤工が「ものすっごい」色気を感じたのは…

斎藤工

6月7日放送の「TOKIOカケル」(フジ系)のゲストは上戸彩と斎藤工。禁断の恋を描く映画「昼顔」に出演する2人が大人の色気について語った。

「男の色気って男にはわからない」と切り出したのは長瀬智也。

上戸は「昼顔」で共演した斎藤に対して、メーク中など“オフ”になっている「(気が)抜けてる瞬間」に色気を感じたという。

一方、斎藤はこれまでに見てきた映画のワンシーンで、男の色気を感じた瞬間があると告白。

それは映画「おくりびと」で山崎努が演じた、白子を食べるシーン。

少し粗野な雰囲気を漂わせて手づかみで食べる様子を、「ものすっごい」「どんなラブシーン見るより」も、色気を感じたと斎藤は力説。

「年配の男性が、少し雑に食事するシーン」に男の色気を感じたという斎藤に、上戸も「男性が食べる姿好きです」と同調する。

次回の「TOKIOカケル」は6月14日(水)放送予定。滝沢秀明がゲスト出演する。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)