オードリー・春日涙目、有名女優との飲み会でダダスベり!?

オードリー・春日涙目、有名女優との飲み会でダダスベり!?

女優、俳優との飲み会では 「ちゃんとしたイケた」というオードリー・春日俊彰

バナナマン・おぎやはぎ・オードリーの3組による、トークバラエティー「もろもろのハナシ」(フジ系)。6月7日放送では、「人をダメにするグッズ」を紹介した流れからダメな大人とは何かへ話題が変わりトークが繰り広げられた。

若林正恭(オードリー)が、「親がマンションなどの資産を持っていて、自分があまり働かなくても40年は大丈夫な大人はダメ、自分の実力のマネーじゃなくて、授かり物のマネーの余裕のある奴は人に感謝しない奴が多いと。それでも働いている人はいいが、何もしていない人はそういう傾向にある」との持論を展開。

その状況が自分だったら働くかと矢作(おぎやはぎ)が問うと、若林が「自分だったら絶対働かないですね」と答え、「羨ましいって気持ちが強いんで言ってるっていう部分もあります。妬みです」と付け加えた。

若林が、「世間からの評価と自分の自己評価に差がある人って面倒くさくないですか?」と言い、「世間が60点と見ている人が、自分のことを80点と思っている。20点分飲み会とかで気を使わなきゃいけないじゃないですか。それをすごく面倒くせーって思うんすよね、未だに。そう言う時はでもダメだなって思います。自分のことを。ちゃんとやってあげれないって」と語る。

すると矢作が、大久保佳代子(オアシズ)と似た話をしたことがあると言い「大久保さん(自分の顔が)何点か教えてほしいんだって。もしかして40点なのに、60点の振る舞いをしてる可能性があると」と言っていたことを明かす。

ちなみに何点なの?と設楽が質問すると、「40点だっけ?43点とかじゃなかったかな?」と小木(おぎやはぎ)とともに答えた。

さらに矢作が「春日も一回あったよね、そういうことね」と切り出し、矢作がロケ仕事の最中に春日が女優や俳優と飲んでいるという情報が入り、その場に行ったら5〜6人で飲んでいたという。「いつもの芸人の中にいる春日じゃなくて、ちゃんとしたイケてる春日だったの、会話とかも。女優さんなんてあの子とかだよ」と矢作が話すと、春日が「波瑠ちゃんとか」と答え、「ドラマをやったんです。5話か6話ぐらいの」とその理由を語った。

そんな状況を見た矢作が、「だから腹立ってきて、そいつらの前でいろんなモノマネとかさせて(春日を)スベらせてやったの」と言い、春日も「最悪でしたよ」と答えスタジオを沸かせていた。

次回の放送は6月14日(水)夜0.35より「この夏ブレイクする!?スーパーフード!」を放送予定。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)