瑛太主演「ハロー張りネズミ」に伊藤淳史、ムロツヨシら

瑛太主演「ハロー張りネズミ」に伊藤淳史、ムロツヨシら

伊藤淳史、吹越満 ムロツヨシ、國村隼らが物語を彩る

7月からスタートする瑛太主演のTBS系金曜ドラマ「ハロー張りネズミ」(毎週金曜夜10.00-10.54)に、伊藤淳史、吹越満、ムロツヨシ、國村隼らの出演が決定した。

1980〜1989年にわたり「週刊ヤングマガジン」(講談社)で連載された弘兼憲史の同名漫画を原作に、映画「モテキ」や「バクマン。」などを手掛けた大根仁が、ゴールデン・プライム帯のドラマで初めて脚本・演出を務める物語。

東京・板橋区の下赤塚にひっそりと事務所を構える「あかつか探偵事務所」。誰も引き受けたがらない面倒な案件ほどやりたがるという一風変わった探偵“ハリネズミ”こと七瀬五郎(瑛太)とその仲間たちが、時には人情味あふれる哀しい事件を、またある時には想像を超える難事件に挑んでいく。

瑛太の他、ミステリアスなヒロイン・四俵蘭子役には深田恭子。五郎と同じく「あかつか探偵事務所」に所属し、五郎の良き相棒である“グレさん”こと木暮久作役に森田剛。

「あかつか探偵事務所」の所長で、昼間から酒をあおる飲兵衛だが、ゴローたちを温かく見守る風かほる役に山口智子。

今回出演が決定した伊藤、吹越、ムロ、國村の4人は、依頼人や疑惑の人物など物語の重要な鍵を握る人物としてそれぞれ出演するという。

伊藤が演じるのは、「川田運送」初代社長・川田。小さいながらも、一代で自分の会社を築き上げる。苦労の末ようやく軌道に乗ってきた矢先に、身内に不幸があり、むちゃな依頼をゴローたちに依頼する。

吹越が演じるのは、「サンダー貿易」元秘書課長・仲井。ある事件をきっかけに「サンダー貿易」を辞職。ミステリアスな蘭子の過去に深い関わりが。

ムロが演じるのは、県議会議員候補・伊佐川良二。群馬県の県議会議員候補で市民運動のリーダーとして地元の人気を集める。クリーンなイメージとは裏腹に、ある秘密があった。

國村が演じるのは、中華店の調理人・栗田精二。探偵事務所のある下赤塚の中華店で働く無口な調理人。ひょんなことでゴローとグレと出会い、ある意外な依頼を持ち掛ける。

■ 伊藤淳史コメント

すごく面白い作品に出演させていただいて大変光栄です。主演の瑛太さんや大根監督とは初めてなのですが、一緒にいいものを作っていけるよう全力で頑張っていきたいと思います。

■ 吹越満コメント

静かで緻密、妥協を許さないしつこい大根演出(笑)。大変刺激になりました。リリー(・フランキー)さんのウィーンガシャン「ロボ・コップ演芸」のアドリブ、あそこで来るとは! うれしかったです。

■ ムロツヨシコメント

大根監督から初めてのオファー。しかも、私が初映画の時の主演・瑛太との14年ぶりの共演。瑛太とバチコンやり合いました。14年たってやり合えたところ、どうか皆さん、見てほしいのです。追伸、大根さんありがとう。

■ 國村隼コメント

久しぶりにTBS金曜ドラマに参加することとなりました。そして、今回は初めての大根仁監督との現場です。とてもパワフルでハードな仕事になりそうで、今からドキドキしています。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)