内田理央インタビュー「佳介のクールな優しさがカッコいい!」

内田理央インタビュー「佳介のクールな優しさがカッコいい!」

「恋がヘタでも生きてます」に出演中の内田理央

毎週木曜、日本テレビ系にて放送中のドラマ「恋がヘタでも生きてます」。6月22日(木)に最終回を控える中、同ドラマに桜井理佳子役で出演中の内田理央にインタビューを敢行し、撮影の様子や、終盤の見どころなどを語ってもらった。

――撮影も終盤ですが、これまで桜井理佳子という役柄を演じてこられていかがでしたか?

理佳子は悪女というか、悪魔のような女の子だったので(笑)、最初の頃は(千尋に嫌がらせをする上で)結構イメージを沸かせたり、ちょっとドキドキしながら演じていたのですが、そのうち何も考えずに(嫌がらせの演技が)できるようになってきて(笑)。だんだん悪女を演じることがクセになってきました。

――今お話にもありましたが、かなり「小悪魔的」というか、腹黒い一面を持つ理佳子を演じていく中で、内田さんご自身が役柄に共感した部分はありましたか?

なかなかこの役で「共感できる」とは言いづらいんですけど(笑)、強がりな部分は共感できます。理佳子はすごく強がりで、自分の弱いところをあまり人に見せないのですが、私も人に弱さを見せることを難しく捉えてしまうので、そういう不器用なところはすごく似てるなと思います。

――では、ご自身と比べて性格的にはやはり掛け離れている感じでしょうか?

全然似ていないですね(笑)。やっぱり理佳子は「攻め」のタイプなので、そこは本当に尊敬します。とにかく行動力がすごいですよね。「後を付けよう」と思ったらずっと付いていったり、何か見つけたらスマホで写真を撮って証拠にしたりとか(笑)。

その行動力が(演じていても)怖いくらいで。普通なかなかできないなと思いますね。そういうことができる理佳子を「すごいな〜」って思いながら演じていました。

――では逆に、ドラマの中で性格的にご自身と近いと感じられたキャラクターはいましたか?

まず、絶対に千尋ではないですね(笑)。私は人にそこまで尽くせないので。ドラマの中で言うと、(高梨臨演じる)美沙ちゃんかな?どこが似てるって言われると難しいですが、一番共感できますね。

一人でどんどん悪い方に考えて、自分から傷つかないように避けてしまうというのは、私もすごくやっちゃいます。

――土村芳さん、淵上泰史さんとのシーンが多かったと思いますが、現場の様子はいかがでしたでしょうか?

すごく楽しい現場です(笑)。さっきもずっと芳ちゃんと一緒のシーンだったんですが、撮影の合間に「おばけが怖い」って話をしてました(笑)。(役柄では)仲が悪い間柄なのに、結構現場では楽しくお喋りしていますね。

――土村さんとは取っ組み合いをするシーンもありましたが…。

この前撮影をしていたんですが、カットがかかると2人とも笑ってしまって。あんまり人をビンタしたり、されたりすることってないじゃないですか。お互いすごくドキドキして、何だか楽しかったです。なかなかできることではないので。

(ビンタを)する方がやっぱり緊張しました。される方はワクワクするんですよ。「来る! 来る!」みたいな感じで(笑)。でもする方は「傷つけちゃったらどうしよう…」とか思ってしまって、やっぱり怖かったですね。

いいチームワークで、結構な取っ組み合いができたと思います。

――淵上さん演じる司とのシーンは振り返っていかがでしたか?

淵上さんはすごく優しかったです。撮影ではたくさんフォローしていただいたので感謝です。最初は「無口な方なのかな?」と思っていたんですが、意外とそんなことはなくて(笑)。関西出身の方なので実はすごく面白いんですよ。

クールな感じだったんですけど、次第に真顔で面白いことを言ってくるようになりました(笑)。

――理佳子は男性の扱いを非常に心得ているキャラクターですが、内田さんが「これで男性は落ちる!」というような“必殺テクニック”などはありますか?

ない〜!(笑) 何したらいいんだろう…。でも、いつもお肌はつやつやでいたいなと思います。乾燥してない感じの、「この子潤ってるな〜」と思ってもらえるような状態はキープしたいですね(笑)。

――先ほどご自身と似ているキャラクターについてお伺いしましたが、逆に、ドラマのキャラクターでタイプといえる男性キャラはいらっしゃいましたか?

悩みますね…(笑)。でも、(田中圭演じる)佳介さんかな。あんな王子様みたいな人いないから、やっぱり(劇中で美沙に言ったようなせりふを)言われたらキュンとすると思いますし。女子は好きだと思います。

――具体的に、「佳介のこのせりふにキュンときた!」というものは?

「肉? 魚? どっち?」っていうせりふですね。美沙とちょっとした言い争いになった後にこれを言って、「了解〜」みたいな。「え〜、カッコいい〜! 何この感じ!」って思って(笑)。

この気持ちをどう伝えればいいのか分からないです。文面では伝わりにくいですよね(笑)。言い争った後の、そのクールな優しさが良いですよね。私は相手に主導権を握られたいタイプなので、ご飯に行くことが勝手に決められている、あの感じもカッコいいです!(笑)

――ドラマだけでなく多方面で活躍されていてご多忙な中だと思いますが、内田さんのリラックス法などはありますか?

ちょっとでも時間があると寝ちゃいます(笑)。気付いたらウトウトしていることが多いので、「あ、体が回復してるんだな」って思います。スマホを見ているよりもずっと、自分にとってのリラックス法かもしれないですね。

――昨年は映画「血まみれスケバンチェーンソー」のような奇抜な役柄から、「逃げるは恥だが役に立つ」(2016年、TBS系)や本作のような「一見普通だけどちょっとヤバい人」も演じられたりと、役柄の幅をどんどん広げていらっしゃいますが、今後はどんな役柄に挑戦してみたいですか?

確かに、これまで演じさせていただいた役は結構インパクトの強い役柄が多いですね。「ニーチェ先生」(2016年、日本テレビ系)でも、「ちょっとヤバいアイドル」みたいな役でしたし(笑)。

そんな中で、今回の役柄を演じてみて、「意外と悪女が楽しかったな」という印象がありました。

そういう「ちょっとヤバい」的なものが前につくような役が多いので、普通というか、等身大の役柄はあまりやったことがないかもしれないですね。なので、いつか来る時のために、普通の気持ちも持たないとなって思います(笑)。

――最後に、最終回に向けての見どころを教えてください。

いろんな恋の行方が最終的にどうなるか、最後まで視聴者の皆さんに見届けてほしいです。みんな一歩踏み出したりとか、恋の成長って言うのかな?そういう成長をしているので、勇気が持てるなとは思います。

成長ストーリーというわけではないですが、理佳子も一歩踏み出す感じがあります。ずっと千尋にいじわるをしていた理由が明らかになるのですが、それを(千尋)本人に言うってことが、理佳子にとっての成長かもしれないですね。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)