SKE48が伊勢エビを使っておむすび作りに挑戦!

SKE48が伊勢エビを使っておむすび作りに挑戦!

SKE48は柳橋中央市場を訪れ、おむすびの具材を選ぶ

6月19日(月)放送の「SKE48 むすびのイチバン!」(毎週月曜夜0.30-1.00、東海テレビ)は、SKE48・野島樺乃、青木詩織、惣田紗莉渚が登場。地元産の魚を使ったおむすび開発に挑戦する。

平成ノブシコブシ・徳井健太と共に名古屋・中村区にある柳橋中央市場を訪れた3人は、鮮魚店の美人常務・森朝奈さんから、おいしい魚の見分け方を教えてもらうと、おむすびの具材にする鮮魚選びへ。野島がタイラガイ、惣田が伊勢エビを選ぶと、静岡・焼津出身で“やいづ親善大使”も務める青木は、森さんから今が旬だという情報を得て、キスを選択する。

そして、一行は森さんがプロデュースする飲食店へ。手に入れた鮮魚を使っておむすびを作り、店長と森さんに試食をしてもらう。

スタジオには、ロケを行った青木と惣田に加え、大場美奈、小畑優奈、菅原茉椰が登場。また、「きょうの握り方」コーナーでは、須田亜香里と古畑奈和が高須クリニック名古屋院の高須幹弥院長から、ある握り方を学ぶ。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)