「SPRING BREEZE」初夏の野音で6組が熱いパフォーマンス!

「SPRING BREEZE」初夏の野音で6組が熱いパフォーマンス!

トリを務めたハンバートハンバートは、佐野遊穂(左)が佐藤良成(右)に背中を預けてハーモニカを吹き倒す!

ライブイベント「SPACE SHOWER Presents SPRING BREEZE 2017」が、6月11日東京・日比谷野外大音楽堂にて開催された。6組が出演したライブの模様をリポートする。

■ bonobos

昼下がりの“野音”にまず登場したのはbonobos。小池龍平(Gt)、田中佑司(Key)、梅本浩亘(Dr)加入後初となるアルバム『23区』('16年)でさらなる進化を遂げた彼らは、「東京気象組曲」からライブをスタート。初夏の爽やかな暑さに映えるグルーヴィーなロックナンバーで、早速客席を温めていく。

そこから早くも名曲「THANK YOU FOR THE MUSIC」が披露されると、我慢できずに立ち上がる観客が続出。レゲエやダブを基調としたCD音源から、かなりアーバンなテイストに生まれ変わったサウンドに、観客たちは思い思いの揺れ方で体を揺らす。観客からは手拍子が巻き起こり、祝祭感に溢れた美しい光景が広がっていく。

続く「三月のプリズム」では、メロウでゆったりとしたビートで聞かせていくかと思いきや、中盤以降は一気にテンポアップ。蔡忠浩(Vo、Gt)の伸びやかで美しいボーカルが映える、スケールの大きいポップソングを展開していく。その緩急自在のサウンドに、観客からは大歓声が上がった。

田中のピアノソロから始まった「Crusin' Crusin'」では、再びアーバンかつグルーヴィーなサウンドを展開。夜の香りのするこの楽曲を、都会のど真ん中で昼下がりに聴くというシチュエーションに、観客たちも思わず酔いしれる。

小池によるオシャレなギターソロに目が行きがちだが、森本夏子(Ba)と梅本が生み出すリズムも極めて柔軟で、うねるように展開されるそのビートは格別。生き物のようなグルーヴでフロアを大いに沸かせていった。

各メンバー紹介の後、蔡は8月12日(土)に同じ場所で開催する自身のワンマンライブにも触れつつ、「最後まで晴れるでしょこれ」と、すっきりしない曇天模様を気にする場面も。

そしてラストナンバーは「23区」。持ち前のポップセンスと都会的なイメージが見事に交錯する柔らかなナンバーで、ライブを締めくくった彼ら。蔡は演奏しながら「どうもありがとう! bonobosでした。最後まで楽しんで!」とあいさつし、爽やかな風をもたらしステージを後にした。

■ DATS

二番手はDATS。FUJI ROCK FESTIVALを筆頭に、ことし開催される各地のフェスへ出演も続々と決定するなど、各方面から高い期待を集めている彼ら。6月7日には待望のデビューアルバム『Application』をリリースし、早くも話題となっている。

ライブは打ち込みによる印象的なリフから「Amazon」でスタート。サンプラー、PCなどを巧みに操作しつつ、ドラムとパーカッションによる生音のビートを生かし、独特のサウンドを産み出していく。「SPRING BREEZE、楽しんでますか〜?」という杉本亘(Vo)の一声にも、エフェクトが存分にかけられる。

続いて披露されたのは「Queen」。上音は80's的なシンセサウンドを用いつつも、音には緊張感があり、決して古臭い印象は抱かせない。むしろクラブカルチャーにごく自然に触れてきた世代特有の、ボーダレスなバンドサウンドといったところ。

「Mobile」では、ハウスを絶妙にそしゃくしたようなサウンドに、時折強烈にエフェクトをかけ、そこからカタルシスへと誘う流れは、クラブ的な「マナー」を踏襲したかのよう。

「Filter」では、大井一彌(Dr)がBattlesなどをほうふつとさせる人力ブレークビーツ的なプレーを見せたかと思えば、彼らのアルバムのサウンドエンジニアも務めた荘子itが登場しラップを披露するなど、観客を盛り上げる。

さらに、そこからセッションパートへなだれ込む。観客の手拍子をその場でサンプリングし、それに合わせて刻んだビートに乗せて荘子itがフリースタイルラップを披露したりと、実験的なパフォーマンスを展開した。

その後も「Run」では、ボーカルトラックをサンプリングしたものを流したり、ギターのノイズを反響させたりと、ミニマルなビートの下でもさまざまなアプローチで観客を引きつけていく。

最後に披露されたのは「Candy girl」。それまでのクラブサウンドとの融合を意識させる楽曲群から、四つ打ち基調のロックサウンドへ一気にシフトし、これまで淡々とした演奏に耳を傾けてきた観客を一斉に踊らせていく。ダンサブルなサウンドに前方へ駆け出す観客が続出するなど、ライブは大盛り上がりのうちに幕を閉じた。

■ 天才バンド

続いては天才バンド。まずは奇妙礼太郎(Vo、Gt)が一人でステージへ。「こんにちは〜、天才バンドです〜」とゆるくあいさつをした後、「天王寺ガール」を弾き語りで歌い始める。伸びやかな彼の歌声に早くも観客が酔いしれる中、Sundayカミデ(Pi、Ba)、テシマコージ(Dr)が参加し、バンドサウンドで演奏していく。

歌詞の「君は1000パーセント」をきっかけに、奇妙が「今何パーセント?」と観客に呼び掛ける場面も。Sundayがピアノを弾きながらボイスパーカッションを披露する中、「ダンス!」のコール&レスポンスが巻き起こる。

Sundayがベースに持ち替え、ソリッドな3ピースとなったところで「DANCE MUSIC FOR ME!!」へ。Sundayがスラップで煽り立て、奇妙がブルージーなギターをかき鳴らし、先ほどまでとは打って変わったファンキーなロックサウンドに。二人が向かい合って弾き合うなど、一気に空気を変えてみせる。

「SHIBUYA STRUT」では、奇妙がひたすら観客とコール&レスポンスを展開。攻め立てるような勢いでそれぞれの楽器をかき鳴らしてみせ、観客を大いに沸かせていく。最後にはSundayがなぜか三点倒立をするなど、体を張ったパフォーマンスを見せた。

そんな中、MCでは「いいことあるからね」(Sunday)「どんないいことありますか?」(奇妙)「戦争が一つ終わるくらい!」(Sunday)など、アグレッシブな演奏とは真逆のユルいやりとりで観客を笑わせていく。

ラストはSundayがウッドベースに持ち替え「BIG JOY」。ユルい歌い回しとは裏腹に、次第にテンポが上がりタイトになっていく演奏は圧巻で、サイコビリーのようなサウンドを展開。ついにはSundayがウッドベースの上に乗るなど、一挙手一投足に観客が熱烈な盛り上がりを見せていた。

■ DYGL

日も傾き始める中、ステージに登場したのはDYGL。ライブは「I'm Waiting For You」からスタート。一聴しただけで欧米のバンドを想起させるような、良い意味で日本人らしからぬパワーポップ的サウンドで観客を盛り上げていく。

Nobuki Akiyama(Vo、Gt)の「ありがとうございます、DYGLですよろしく!」というシンプルなあいさつに続いては「Come Together」。全英語詞ということだけでなく、サウンドからも「欧米のバンドと勝負しよう」という気概を如実に感じさせる。

3曲目には人気曲「Take It Away」を。爽やかなギターロックで、観客もサビで腕を突き上げるなど、夕方に差し掛かり気温も落ち着いてきた野音を再び熱く盛り上げる。なだれ込むように披露した「Let It Sway」では、サビの「ナーナナーナナーナナナナナ♪」という部分で大合唱が巻き起こる場面も。

Akiyamaは「調子はいかがですか?バッチグーですね。絶賛ツアー中ですが、参加できてうれしいです。座りながら音楽を楽しめるのうらやましいんで、僕らも終わったらそっち側で楽しみます(笑)」と、自身も観客として来たかったことをにおわせる一幕も。

その後、「すべての権利者にささげます」という言葉と共に「Boys on TV」を。先ほどまでの性急なギターロックナンバーとは異なり、裏打ちを基調としたレゲエ風のナンバー。多分にメッセージ性を感じさせる歌詞や、時折強烈にかかるエフェクトで、それまでの曲とは明らかに異なる佇まいで聴かせていく。

続けて、「次の曲は、遠くにいってしまった人のために書いた曲ですが、時には近くの人のためにも歌える曲だと思います」(Akiyama)と語り掛け「Thousand Miles」へ。哀愁を漂わせたそのサウンドは思わずOasisなどを想起させ、普段洋楽しか聴かない層にもアプローチしうる“完全欧米仕様”な楽曲という印象。

そして、Akiyamaが「5年活動してようやくアルバムを出すことが出来ました。いろいろありましたが、どんなことも糧になると信じてます」と、これまでの歩みを振り返りつつ、「Waste the Time」を披露。思わず懐かしさを感じる穏やかなナンバーが、夕暮れ時の野音に優しく響き渡った。

最後は「ありがとうございましたDYGLでした。またどこかで皆さんに会えるのを楽しみにしています。よい夜をお過ごしください!」という言葉と共に、「Don't know Where It Is」で大団円。欧米のロックの模倣ではなく、等身大でそれを鳴らせるという彼らの強さを存分に感じさせるパフォーマンスだった。

■ 雨のパレード

トリ前で登場したのは雨のパレード。それぞれの黒の衣装で登場した彼らのライブは、internude的な「speech」で幕開け。自身の声に合わせて倍音で加工した声が重ねられるエフェクトボイスと、流れてくるシンフォニックな音像が、夕暮れ時野音を覆っていく。

そこから「free」になだれ込むと、印象的なギターリフを伴ったシリアスな音像に観客もじっと聴き入っていく。続く「stage」では、打ち込みのサウンドを前面に出しながらも、非常にタイトな演奏を見せる。

MCでは、福永浩平(Vo)が「いい感じですね、日も少し落ちてきて。本当に雨降らなくて良かった! だいたい雨降ると俺らのせいにされるんで(笑)」と、自身のバンド名を引き合いに出し自虐的に語る場面も。

続けて、「俺らも今日スゴい楽しみにしてたんですよ。野音でやるの初めてで。合うよって言われてたんですけど、合いますかね? 野音仕様で、ディープにいきたいと思います」という言葉から「Count me out」へ。

続く「Tokyo」は、それまでに比べてかなり爽やかなテイストのナンバー。すっかり日も落ちてきたこのシチュエーションにこれ以上なく映える洗練されたサウンドに、観客たちも酔いしれていた。

「こう見えて本気で時代変えようと思ってるので、よかったらついてきてください。あとはハンバートハンバートで泣くだけですね! 僕も泣いて帰ります。次の曲は今日一番盛り上がる曲だと思います」(福永)という言葉と共に、ラストは「new place」。

サビでの観客の熱烈な盛り上がりに、福永は「最高です皆さん」とポツリ。最後は「ここで皆さん、真っすぐ手を挙げてください!」という福永の呼び掛けに応え、野音に詰め掛けた観客が一斉に手を挙げる美しい光景が広がった。

■ ハンバートハンバート

イベントのラストを飾るのはハンバートハンバート。まずは佐藤良成(Vo、Gt)と佐野遊穂(Vo)によるユルいアイドリングトークの後、CMソングでおなじみの「いついつまでも」を披露。CM同様に「ミサワホーム〜♪」というフレーズを歌ったところで、観客からは笑いと共に大歓声が巻き起こる。

そのまま高田渡の名曲「生活の柄」を。佐野と佐藤がワンマイクで一緒に歌うその姿は、持ち前のカントリー〜フォーク的なサウンドと相まって'50年代のような佇まい。

辺りもすっかり暗くなり、ステージ後方の照明がともり始める中、披露されたのは「ぼくのお日さま」。二人の美しくも温かなハーモニーに、観客も体を揺らしつつ聴き入っていく。

曲間のMCでは、まさに夫婦漫才のようなユルいやりとりで観客を笑わせていく。「野音はいいんだけど蚊が多いんだよね」という佐藤の言葉に反応した佐野は、蚊取り線香にまつわるエピソードをとうとうと語り出す。見かねた佐藤が早く話を終わらせようとする姿までも観客は楽しんでいる様子。

ひとしきり話し終わったところで「虎」を披露するが、佐藤が演奏の入りを間違えてしまい、佐野にイジられる場面も。続く新曲「がんばれ兄ちゃん」は、子供のこと成長を願うようなナンバー。そんな中、客席の通路では子供たちが走り回る姿があり、楽曲と絶妙にシンクロした光景が繰り広げられる。

佐藤の奏でるフィドルが印象的な「ホンマツテントウ虫」の後、童謡「幸せなら手をたたこう」を佐野が中国語と日本語で披露。日本語で歌った際は、観客一同がリズムに合わせて手を叩くなど、多幸感が野音を包み込む。

ライブも終盤にさしかかり、佐野のハーモニカから「国語」へ。「よし、(佐野)遊穂行け!」という佐藤の言葉を受け、ここぞとばかりにハープを吹き倒す佐野は、佐藤と背中合わせで演奏してみせ、観客からも大歓声が上がった。

本編ラストを飾ったのは「おいらの船」。おなじみのコール&レスポンスもバッチリ決まり、中盤には佐野がラップのような歌い回しを披露するなど、サービス精神満載で観客を大いに盛り上げた。

鳴り止まないアンコールに応え再び登場した二人は、「寝かせ玄米」などにまつわるユルいトークの後、名曲「おなじ話」を披露。切ない歌を持ち前の暖かみのある歌で丁寧に紡いでいき、観客は固唾(かたず)を飲んで聴き入っていた。最後に二人は「ありがとう! またね」とあいさつし、しっとりとライブを締めくくった。

なお、ライブの模様は7月26日(水)SPACE SHOWER TVにて放送される。そちらもぜひチェックしよう。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)