ブルゾンちえみ「本当に、本当に、楽しかった」号泣クランクアップ!

ブルゾンちえみ「本当に、本当に、楽しかった」号泣クランクアップ!

「ひとパー」撮了したブルゾンちえみと、共演の桐谷美玲

桐谷美玲主演のドラマ「人は見た目が100パーセント」(フジ系)に出演するブルゾンちえみが11日、アメブロオフィシャルブログを更新し、自身がクランクアップを迎えたことを報告。共演の桐谷と水川あさみにサプライズプレゼントをもらったことを明かし、「ほんとに、最後の最後まで、粋なことをする女」「2人とも、気さくさの塊のような女性でした」とつづった。

「ひとぱー、撮影、終わり」のタイトルで更新した投稿を、「ファビュラス!」といつも通りの元気なあいさつで始めたブルゾンちえみ。「とうとう、ひとぱーの撮影が、今日で終わりました!」と報告した。

同作が自身の女優デビュー作とあって、「今日はまったく、朝から、終わるという実感が湧かず、『オールアップでーす!』と言われても、大丈夫だったから、『あ!こりゃ泣かずにいけそうだ!』と思ってたけど、最後のあいさつみたいなとこで、『なによりも、楽しかったです』と言った途端、涙が止まらなくなってしまった。喋れば喋るほど、涙が出てきました」と、最後には感極まってしまった様子。花束を抱えて涙をぬぐう自身の写真を公開し、「本当に、言葉の通り、なによりも、皆さんと、一緒に何かを作り上げるということが、なによりも、なによりも、楽しかったです。私の人生に於いて、この経験は本当に財産だなーー!!!と思います」と振り返った。

さらに、共演した桐谷、水川とスタッフ全員からの寄せ書きノートや写真アルバムのサプライズプレゼントも披露。イラスト作画・水川、制作・桐谷の“ちえみトート”と“ちえみテープ”を贈られたことも明かし、「ほんとに、最後の最後まで、粋なことをする女だ。桐谷さん、水川さんがいつも助けてくれた!そしていっつも笑わせてくれた!2人とも、気さくさの塊のような女性でした」と、撮影中いつも一緒だった2人への思いをあらためてつづった。

最後は「気持ちをどこにぶつけて良いかわからず、ブログに書いてしまいました。長くて、自己満で、すみません!本当に、本当に、本当に、楽しかった!」と締めくくったブルゾンちえみ。「最終回も、見てください!」とアピールする最終回は6月15日放送。満子(水川)や聖良(ブルゾンちえみ)との友情と、榊(成田凌)との恋愛のはざまで揺れる純(桐谷)の最後の選択が描かれる。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)