アジアン馬場園&ハリセンはるかが新タッグ結成!大喜利界に殴り込み!?

アジアン馬場園&ハリセンはるかが新タッグ結成!大喜利界に殴り込み!?

アジアン・馬場園梓&ハリセンボン・はるかの2人が大喜利イベント「大喜利維新軍 みなごろし」を開催!

アジアン・馬場園梓とハリセンボン・箕輪はるかによる大喜利ライブイベント「大喜利維新軍 みなごろし」が7月16日(日)、東京・しもきた空間リバティにて開催される。大喜利で笑いを取って“快感”を得てみたいという馬場園が立ち上げたイベントで、大喜利の実力を認めているはるかと共に腕を鍛えていくという。今回、主催者の2人に直撃し、イベントの内容や意気込み、そして大喜利への思いを語ってもらった。

――まず、2人で大喜利イベントをやろうと思ったきっかけは?

馬場園梓:定期的に「IPPONグランプリ」(フジ系)を放送しているじゃないですか。あれにスゴイ出たいなって思って! はるかは「IPPONグランプリ」に出たことがあって、女芸人の中でも大喜利が得意なので、私、尊敬しているんですよ。だから、はるかを誘って大喜利のスキルを鍛えようと思って始めました。あと、女性芸人の中での役割分担というのがありまして。リアクションが得意な人だったり、MCで回すのが得意な人もいるんですけど、私、ヘルニア持ちで体も張れないので、脳みそを使おうかなって、急に思い立った次第です(笑)。

はるか:本当に急に誘われましたね(笑)。大喜利をやりたい!って、メール頂きました。馬場園さんとライブでご一緒するのが初めてだったので、すごくうれしくて即答しました!

――イベントのタイトルがなかなか過激ですが…(笑)

馬場園:今回のイベントへの意気込みが、すごく本気だということを伝えたかったんです。試しに大喜利をやってみたいといった軽い気持ちではなく、やるからには真剣にやりたいという思いがありまして…。で、突き詰めたらこうなっちゃったんですよね(笑)。

はるか:(維新軍を)2人で旗上げしたんですよね!?

馬場園:そう旗上げです!

はるか:このタイトルを聞いたとき、馬場園さんの“凶暴性”を感じました(笑)。

馬場園:ただ、タイトルを2人で考えていたときに、私が“みなごろし”っていうのはどう?って聞いたら、はるかは前歯がすっかり乾くくらいポカーンと口を開けてました(笑)。

はるか:開いた口がふさがりませんでした…。

――ちなみに、大喜利で一目置いている方はいらっしゃいますか?

馬場園:麒麟が同期なんですけど、川島(明)君の大喜利のセンスは群を抜いていると思いますね。イラストを使ったり、発想力だったり。

はるか:たくさんいらっしゃいますけど、ケンコバ(ケンドーコバヤシ)さんですかね〜。一つのお題でどれだけ答えられるの!?って思いますね。

馬場園:イベントでは、はるかと私の2人で「IPPONグランプリ」に出演している芸人さんらに挑戦していけたらなって思っています。最終的には“ラスボス”として、博多大吉さんに挑むくらいにレベルアップしたいですね。

――なるほど。そんなお2人は芸人さんとして大喜利を経験してきていると思いますが、難しさや面白さってどこにありますか?

馬場園:大喜利って、経験や知識そして人柄が出ますよね〜。変な言い方ですけど、“お尻の穴”を見せるようなもんです(笑)。自分の培ってきたものを全てダイレクトに見せるものだと思うので、恥ずかしさで言ったら同じようなもんです。

はるか:ははは(笑)。私は、フリップ一枚で笑いが起こるので、大喜利は気持ち良くて中毒性がありますね。でも、自分が本当に面白いって思っていた答えが、その日のお客さんの感じや温度差で、全然受けないこともよくありますね。

――大喜利ではどんなスタイルで笑いを狙っていきますか?

馬場園:絵がホントに最低なので(笑)…。できれば耳触りのいい言葉や、自分で新たに単語を作って笑かしていきたいですね。

はるか:私も絵心がないので(笑)…。大人しいというイメージがありますけど、急に大声を出すのが得意かもです。

馬場園:それはビックリするやん!

はるか:だからです(笑)。

馬場園:まるで、普段は全くしゃべらないのに、急に怒り出すみたいなおばあちゃんみたい(笑)。

――この機会に、馬場園さんは、大喜利が得意なはるかさんに聞いておきたいことはありますか?

馬場園:はるかはいろんな知識が入ってるけど、本とかやっぱりたくさん読んでるの?

はるか:本はちょこちょこ読んでますね。

馬場園:本と映画だったらどっち?

はるか:本ですね〜。映画はヒットしている作品だけですかね。役立っているか分からないですけど、アドリブで答えるのが怖いので毎回キーワードを何個か持って行って、それに当てはまるよう進めていきますね。大喜利って、めちゃくちゃ緊張するんですよ…。

馬場園:それ、お腹すいたらすぐ食べられるよう、カバンの中に入っているパンみたいやね(笑)。

はるか:はい、常備薬です!

――最後に、イベントへの意気込みをお願いします!

馬場園:大喜利への気持ちが強く出過ぎて、強めのタイトルになっていますが、大喜利をもっとできるようになりたいという思いから始まったイベントですので、タイトルに臆さず、気軽にお越しで頂けたらなって思います!

はるか:自分たちが大喜利を鍛えると同時に、大喜利好きの方にも必ず楽しめる内容になっていますから、是非来てください。お客さんだけは殺しませんから(笑)。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)