向井理と尾野真千子はお似合い“夫婦”!?幼少期の体験に共通点

向井理と尾野真千子はお似合い“夫婦”!?幼少期の体験に共通点

向井理

6月12日放送の「しゃべくり007」(日テレ系)に、映画『いつまた、君と 〜何日君再来〜』で、夫婦役で共演した向井理、尾野真千子が登場。神奈川県横浜市出身の向井と、奈良県五條市出身の尾野が、それぞれの地元の魅力を紹介する。

“一番の遊びは何?”という質問に、向井は“相模湖でキャンプ”と回答。相模湖は横浜ではないが、都会のイメージが強い横浜でも、すぐ行ける場所でアウトドアが楽しめると話す。

向井自身も父親がアウトドア好きなこともあり、子供の頃から釣りやバーベキューをしたりしていて、自分でもテントを張ったりできると言う。

一方、尾野は“カエルの卵を孵化させる”と答え、メンバーに笑われる。

有田哲平(くりぃむしちゅー)に「(これが)一番の遊びなんですか?」と突っ込まれれるも、一番思い出に残っていることだと言い、福田充徳(チュートリアル)から「誰と一緒にやってるの?」と聞かれると、「一人で」と即答。

友達が近くに住んでおらず、隣の家とは山1個離れており、「友達と遊ぶより、動物とかが友達だったんで」と明かす。

また、自然に囲まれているため、家の中でホタルを見ることもでき、尾野は「家がキャンプ状態」と、相模湖のキャンプを挙げた向井と同じようなことを、家にいながら体験できていたことを話した。星空もとてもキレイで「プラネタリウム」と自慢していた。

次回は、6月19日(月)夜10.00時より放送予定。ゲストに浜崎あゆみが登場する。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)