ピコ太郎、テレビアニメ化! 即興で“3分おとぎ話”を制作

ピコ太郎、テレビアニメ化! 即興で“3分おとぎ話”を制作

アニメ「ピコ太郎のララバイラーラバイ」がこの夏放送

「ペンパイナッポーアッポーペン」(PPAP)で世界を騒がせたシンガーソングライター・ピコ太郎によるアニメ、「ピコ太郎のララバイラーラバイ」がこの夏テレビ放送される。

「ピコ太郎のララバイラーラバイ」では、企画・原案・音楽を務める古坂大魔王の下、ピコ太郎が“台本なし”での物語作りに挑戦。監督・谷口崇のイラストからインスピレーションを得たピコ太郎が、収録時に即興で3分間の「おとぎ話」を作り上げるという、前代未聞の手法で制作される。

本作の声優キャストはピコ太郎のみ。おとぎ話の主人公をはじめとする全ての登場人物を、声優初挑戦のピコ太郎が1人で演じきる。

谷口によって描き下ろされた作品ビジュアルは、アニメキャラクターになったピコ太郎が野原で横たわり眠りにつくという、インパクト溢れるイラストに。ピコ太郎の鼻から浮き出す鼻ちょうちんの中には、シンデレラ、マッチ売りの少女など、おとぎ話の主人公達が浮かんでいる。

制作を行うのは、「秘密結社 鷹の爪」など多くのヒット作を生み出してきたDLE。本作は世界でも展開予定で、国内ではこの夏テレビ放送、さらにdTVほかにて配信も開始予定となっている。

■ 古坂大魔王 コメント

Q.今回「ピコ太郎のアニメ」に挑戦するにあたってのお気持ちは?

ピコ太郎をアニメにしたい…これはピコ太郎プロデュースの結構初期から思っていたことで…でも、通常のアニメではピコ太郎らしくない…更に、長くてもそう。

その時に谷口さんとのコラボの話があって昔話の世界にピコ太郎を迷い込ませようと思いつきまして!

今回も革命だ!とか、凄いものを!とか全く思ってなくて…クダラナイモノにできた気がします。

■ ピコ太郎 コメント

Q.本作は異例の「台本なし」の作品ですが、即興でのストーリーの作り方は?

古坂さんが、突然色んな事を言い出してくれるので、それに乗ってやらせてもらってるんですピコ。

Q.初声優に挑戦してみての感想は?

声優は、スーパーの方は行ったことがあるのですが、初めての体験で、あまりの緊張から胸毛が二本生えましたぴ。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)