山田孝之、33歳で子役に!?  「ドラクエ」生みの親との対談も

山田孝之、33歳で子役に!?  「ドラクエ」生みの親との対談も

山田孝之出演の特別映像「止まらない山田孝之の妄想 〜大画面でドラクエXI〜篇」が公開に

7月29日(土)発売のPlayStation4用ソフトウェア「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」(以下、ドラクエXI)。その発売に先駆け、山田孝之出演の特別映像「止まらない山田孝之の妄想 〜大画面でドラクエXI〜篇」が公開された。

これまでPS4のCMに数多く出演しゲーム好きとして知られる山田は、映像内でさまざまな役柄に挑戦。

リビングの大画面で「ドラクエXI」をプレイし、テンションの上がった山田が妄想の世界に引き込まれていくという内容だ。

まず山田は、妄想の世界で草原の風や舞い散る砂ぼこりなど、具現化されたさまざまなゲームシーンを堪能。

次に、海外のテレビショッピングのような格好でスライムのプルプル感を伝え、「ドラクエ」ワールドにどっぷり漬かる妄想を表現した入浴シーンも披露する。

続く回想シーンでは少年時代に戻った山田が、子どもたちに囲まれながら子役を熱演。33歳にして人生初の子役挑戦ながら、心も子どもになりきった見事な演技を見せる。

この回想シーンの撮影で、山田はキャラクターに付けた名前を巡り友人にからかられた際の言い訳を独自に考え演技。「名前わかんないから、目つぶっていれていただけだし」と、いかにも子どもが答えそうなアドリブ回答で現場を沸かせたとのことだ。

また、山田による「ドラクエXI」先行プレイと、「ドラクエ」シリーズの生みの親で「ドラクエXI」のゲームデザインとシナリオを担当した堀井雄二と山田の対談動画も公開に。

ゲームをプレイした山田は、「本当に映像がきれい」「風の(表現の)感じがすごい」と完成度の高いPS4用ソフトウェア本作のグラフィックを絶賛。また、「ドラゴンクエストV 天空の花嫁」ではビアンカを必ず選択するという山田は、今作でもヒロインを選択する場面がないか気になる様子を見せる。

――プレイした率直な感想を教えてください

山田:やっぱり、映像がすごいきれいなので、その辺を、ゆっくり見ながら楽しんでできるかなと思います。

堀井:そうですね。今回はテーマが追われる勇者という変わったスタートから始まったので、そのへんのミステリアスな部分を楽しんで欲しいなっていうのと。いろんなところ行けるので、いろんなところに行って調べてみたりだとか、話してみたりしてほしいです。クエストもけっこう用意してあります。

――堀井さん、ズバリ今回はどんな作品なんでしょう

堀井:30周年で11。11ということで、2回目の1というか、ある意味、再スタートじゃないけど、なんか、原点回帰なところがあり、勇者の物語にしようと思ったんです。ただ、勇者だけじゃなくて、色んな話も仕掛けも凝っています。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)