【試写室】「緊急取調室」天海祐希ら“キントリ”の絆は永遠に不滅!

【試写室】「緊急取調室」天海祐希ら“キントリ”の絆は永遠に不滅!

「緊急取調室」がいよいよ最終話を迎える

「面白くなってきたじゃな〜い?」

というところで最終回を迎えるのが良い連続ドラマだ、とあるドラマ制作者が言っていた気がする。

確かに連続ドラマの醍醐味(だいごみ)は、「この続きどうなるの!?」と引き付けられる“余韻”であり、BSや配信含め連続ドラマが飽和状態と言ってもいいくらい増えたこのご時世では、大体が1話を見ただけで、「これはいっか」と烙印を押されがち。

当然、徐々に面白くなっていくドラマも多々あるので、もったいないなあと思いつつ。せわしない社会を生きる現代人にはそれもやむなしか。

少なくともこれまでそんな心配が要らなかったドラマが、毎週木曜夜9時から放送されてきた「緊急取調室」だ。基本は1話完結スタイルなので、個性豊かなキャスト陣が、次はどういった被疑者をどう“落とす”のかが気になって、木曜の放送後はいつも眠れない日々を過ごしてきた…人もいるだろう。

各局で放送されているドラマやバラエティー、アニメなどを事前に完成DVDを見て、独断と偏見とジョークに満ちたレビューで番組の魅力を紹介する、WEBサイト・ザテレビジョン流「試写室」。

今回は6月15日(木)夜9時から放送される、天海祐希主演ドラマ「緊急取調室」(テレビ朝日系)の最終話を取り上げる。

本作は、天海扮(ふん)する取調官・有希子が緊急事案対応取調班(通称・キントリ)のメンバーと共に、数々の凶悪犯と一進一退の心理戦を繰り広げるドラマの連続ドラマ第2シーズン。並み居る話題作を抑え、今クールの民放連続ドラマで初回平均視聴率トップ、クール平均視聴率トップの座もほぼ手中に収めるなど、好評を博してきた。

■ 最終話あらすじ

有希子(天海)が刑事部長・磐城和久(大倉孝二)をかばって、被弾してしまう。撃ったのは警察官から拳銃を強奪した2人組の1人・峰岸充彦(眞島秀和)。有希子の亡き夫・匡(眞島・二役)にうり二つの男だった。

峰岸はそのまま逃走。有希子の身を案じながらも、キントリの面々は拳銃強奪事件および連続狙撃事件を早期解決するため、全ての発端だと思われる5年前の事件を再捜査しようと立ち上がる。

その事件とは、峰岸の息子が被疑者として逮捕されたストーカー放火殺人事件であり、そのとき妻子の命を奪われたのが、他ならぬ今回の事件の共犯者・久保寺圭(鶴見辰吾)だったからだ。

“加害者の父親”と“被害者の父親”という、普通は相いれないはずの2人が共謀しているということは、5年前の事件は冤罪(えんざい)の可能性がある。キントリの面々はそうにらむが、磐城は頑として再捜査の許可を出さない。

それでも諦められないキントリは、勾留中の久保寺を取り調べる過程で、5年前の事件に切り込もうと計画する。幸い命に別状はなく、現場復帰した有希子は自ら志願し、久保寺の取り調べを担当。だが、久保寺は相変わらず黙秘を貫き…。

やがて、峰岸が捕まる。磐城からメンバーの再編成を言い渡されているキントリは、これが“最後の事件”と肝に銘じ、一丸となって峰岸の取り調べに挑むのだが…。

■ これぞ連ドラ最終話のあるべき姿!

三田佳子の怪演に始まり、眞島秀和のまさかの再登場、そして有希子(天海)の被弾など、今シリーズのキントリは最初から最後まで話題に事欠かなかった。

2014年1月クール以来、連ドラとしては3年ぶり、スペシャルドラマとしては1年半ぶりの復活とは思えない、キントリメンバーたちの息ピッタリのやりとりに、公式Instagram・Twitterでのほほ笑ましいオフショットの数々。

一筋縄ではいかない被疑者ゲスト陣との一進一退の攻防戦、ミルフィーユのように幾重にも折り重なった難解なストーリーも相まって、ここまで高視聴率をキープしてきたのも頷ける。

最終話では、チーム・キントリが解体の危機にひんしていることもあって、これで最後かもしれないという悲壮感も漂う中での取り調べとなったが、そこでのキントリメンバー同士の深いきずなを感じさせるやりとりがまた泣ける。

正直先入観を抱いてほしくないので、明言は避けるが、キントリの誰がどう被疑者を取り調べ、どうなるのか、じっくり堪能してほしい。

それにしても、廊下で春さん(小日向文世)と善さん(大杉漣)が哀愁たっぷりに話しているシーンは、缶コーヒーのCMなのかと思うほど、画になった。それに遅れて登場した菱やん(でんでん)の一気に場を和らげる笑顔。冒頭にした“余韻”の話じゃないが、これこそずっと見ていたくなるそれだ。

ちなみに、やっぱりこの場合、缶コーヒーのブランドはBOS…いや、何でもない。

そして、“モツナベ”こと監物刑事(鈴木浩介)と渡辺刑事(速水もこみち)のこれまでにない(?)緊迫したやりとりに迫力たっぷりの咆哮、火・木と週2でクセモノぞろいの部下を統率してきた田中哲司のおとこ前っぷり、百戦錬磨の被疑者役・鶴見&眞島、磐城部長がときどき大倉孝二そのもの?になる場面など、これぞ最終話のあるべき姿!という、いろいろな要素が詰め込まれた回になっているので、たとえマル裸にされてでも見てほしい。

ちょうど現場潜入したときのワンシーンもあったが、あのおじさま方はこんなにもシリアスな場面の裏で、健康トークを繰り広げていたのかと思うと、脱帽し過ぎて地毛まで抜けてしまいそうなほどだ。

最後に天海演じる有希子について。最終話というより、今クールの有希子は孤軍奮闘というか、周囲を敵に回してでも事件の本質を見極めたいという思いが非常に強く感じられた。それも、被疑者を出し抜くための術であったり、最終的にはお互いを認め合ったりして、チームワークを決して乱すことなくやり過ごしてきた。

これもひとえに有希子の仁徳であり、何だかんだ言って優秀な取調官として認められているからこそ。ラストで彼女が見る景色がどのようなものなのかは、それぞれの目で確かめてほしいが、間違いなく見る前の人に言えるのは、「面白くなってきたじゃな〜い?」ということ。

さ〜て、一仕事を終えたところで、唐揚げの出番です。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)