「検証捜査」現場に密着!仲村トオルら笑顔あふれるショット公開

「検証捜査」現場に密着!仲村トオルら笑顔あふれるショット公開

仲村トオル、角野卓造、平岡祐太もオフでは笑顔があふれていた

7月5日(水)夜9時から「ドラマ特別企画 堂場瞬一サスペンス『検証捜査』」が、テレビ東京系で放送される。

同ドラマは、神奈川県警で起こった冤罪(えんざい)事件の捜査を検証するため、警察庁が他府県から事件とは無関係の刑事たちを集め「特命班」とし、警察の威信を懸けて原因の究明に乗り出すサスペンス。しかし、そこに集まったのは、脛に傷を持つワケアリの刑事たちだった。

そんな「特命班」チームの現場に、ザテレビジョンが潜入。台本とは打って変わって、温かい現場の様子が垣間見えた。

当日の撮影は、「特命班」が集合し、これから捜査をスタートしようと意気込むシーン。主演の仲村の他、栗山千明、角野卓造、滝藤賢一、平岡祐太、深水元基が撮影に臨む。内片輝監督からは「まだ仲良くない感じで」との指示を受けるが、実際にはすでに仲の良さそうな面々。

スーツ姿の一同は、互いの衣装の違いを見つつ、角野が「どう?」と背広を直すおちゃめな姿を見せながら談笑したり、仲村が平岡をたたくシーンでは、肩をポンとたたいた後に「たたいてごめんね」と声を掛けたりと、気を使いつつも笑い合っていた。

また、せりふに“ゆとり”というワードがあるシーンでは、仲村が平岡に「実際にゆとり世代?」と質問し、「僕はギリゆとりではないんですけどね(笑)」と互いに笑顔を見せていた。

さらにこの日、平岡祐太にインタビューを敢行。笑顔で作品の見どころを語ってくれた。

――作品の印象をお聞かせください。

初めて台本を読んだ時に驚いたのは、“捜査を検証する”ということですかね。どういうことなのかと、少し混乱しました(笑)。でもそこが面白いところだと思います。その台本から、監督がすごく武骨な物語を作り出すので、大人に鑑賞してもらえる作品なのではないかと感じています。リアリティーを求められているので。

――主演の仲村トオルさんの印象はいかがでしたか?

仲村トオルさんとは今回初めて共演させていただきました。寡黙なイメージでしたが、よく話し掛けてくださって、現場を温かい雰囲気にしてくださる方です。

――ほかの共演者の皆さんとのエピソードもあれば教えてください。

滝藤賢一さんも初共演だったんですが、僕自身「半沢直樹」(2013年、TBS系)の大ファンだったので、共演できて光栄です。

栗山千明さんとは約10年ぶりの共演で、お互いに「いつぶりだっけ?」と話しました(笑)。

角野卓造さんも「モンスターペアレント」(2008年、フジテレビ系)以来なので9年ぶりくらいの共演になるので、覚えてくださっているか不安でしたが、当時のことを話してくださって、うれしかったです。

皆さんと「検証捜査」を作っていけることに喜びを感じます。ぜひ、たくさんの方に見ていただきたいです。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)