「徹子の部屋」野際陽子さんの出演回を振り返る追悼特集放送

「徹子の部屋」野際陽子さんの出演回を振り返る追悼特集放送

6月16日(金)の「徹子の部屋」が、野際陽子の追悼特別放送に

6月13日に亡くなった日本を代表する女優・野際陽子さんをしのび、6月16日(金)昼0時からの「徹子の部屋」(テレビ朝日系)は、野際さんのこれまでの出演回を振り返る追悼特集を放送することが、同番組の公式サイトなどで発表された。

野際さんは現在テレビ朝日系で放送中のドラマ「やすらぎの郷」にレギュラー出演しており、先日最終回を迎えたドラマ「警視庁捜査一課9係」には、昨年からレギュラーとして出演。

故・渡瀬恒彦さんが演じる係長・加納倫太郎の亡き妻の従姉という役どころで、倫太郎が唯一頭の上がらない存在という立ち位置から、作品に新たなスパイスを加えドラマを盛り上げてきた。

これまで多数も出演した「徹子の部屋」のMC・黒柳とはNHKアナウンサー時代から親交があり、昨年7月17日に放送された「黒柳徹子だけが知っている THEテレビ伝説60年史」(テレビ朝日系)には“ご意見番”として出演。今でも固い信頼関係で結ばれている間柄だ。

「徹子の部屋」での“お友達”黒柳との珠玉のトークの数々は、まさに永久保存版となりそうだ。なお、当初16日に放送が予定されていたコロッケの回は放送日未定となる。

そして、同番組の後・昼0時30分からは野際さんがレギュラー出演する「やすらぎの郷」の第55話が放送される。

■ 第55話あらすじ

犬山小春(冨士眞奈美)の自殺記事はあまりにも小さく、忘れられた女優のてん末は、「やすらぎの郷」の入居者一人一人に重苦しい衝撃をもたらす。

そんな中、小春の身内がなかなか見つからないと聞いた菊村栄(石坂浩二)は、誰もいなければ自分が引き取ると決め急きょ東京へと向かうのだった。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)