谷村美月主演ドラマにボイメン水野勝、田村侑久が出演!

谷村美月主演ドラマにボイメン水野勝、田村侑久が出演!

人気グルメコミックがまたひとつ、ドラマ化。「サチのお寺ごはん」に出演する(写真左から)田村侑久、谷村美月、水野勝、清水天規

「Eleganceイブ」(秋田書店)で連載中のグルメコミック「サチのお寺ごはん」(かねもりあやみ著)の実写ドラマ化が決定。

臼井幸(うすい・さち)という名前の通り、何かとツイていない、毎日コンビニ飯ばかりのOLが出会ったのは、料理で仏の道を伝える3人組。お寺で精進料理を頂きながら、ご飯をきちんと食べることの大切さを教わり、生きにくい毎日がだんだん楽しくなっていく。そんなサチが毎回、仕事や人間関係、恋愛でつまずきながら少しずつ成長していくグルメ・ラブストーリー。

主人公・幸役に谷村美月。「たぶらかし〜代行女優業・マキ〜」(日本テレビ系)以来、 約5年ぶりに連続ドラマの主演を務め、本格的な料理シーンに初めて挑戦する。

お寺の住職・源導役は、BOYS AND MENのリーダー・水野勝。お経や所作、料理を勉強し、新しい一面を見せる。

お寺を継ぐため修行中の唐丸篤役は、同じくBOYS AND MENの田村侑久、精進料理を習いに来ている大学生・小木武徳役には、BOYS AND MENの弟グループ・祭nine.の清水天規がドラマに初挑戦する。

お寺ならではの“おいしい”教え・教訓は、現代の悩める女性たちにとって癒やしの言葉となるはず。また、水野、田村、清水の「料理男子」っぷりも注目。サチと源導の淡い恋模様が描かれるのも見どころだ。

■谷村美月コメント/臼井幸役

撮影が始まって1週間が過ぎましたが、毎日濃厚な日々が過ぎています。「サチのお寺ごはん」というタイトルではありますが、登場人物みんなが主人公。源導さんの硬派な性格や唐丸くんのチャーミングなキャラクター…個性豊かな登場人物に囲まれて、私自身も、さっちゃんと一緒に日々奮闘しております。

おいしい“お寺ごはん”とともに、視聴者の皆さんに癒やしの時間をお届けできるような、そんな作品になったらいいなと思いながら、頑張りたいと思います。

■水野勝コメント/源導役

今回、僕が演じるのは源導という住職です。お経、料理、所作…とにかく初めての事づくしで、撮影前から壮絶な戦いが待っていました。そして、これだけおおらかな性格、考え方など、(源導が)普段の自分とかけ離れていて戸惑いました。

しかし、演じることが大好きな自分にとって、新しい事にチャレンジでき、これほど幸せな時間はありません。キャスト、スタッフ一丸となって最高のハートフルドラマをお届けします!

■田村侑久コメント/唐丸篤役

配役を聞いた時、自分にそっくりな役をいただけたなと思いました。だからこそ演じるのが難しいところはあったのですが、撮影が始まって、みんなで作り上げていける雰囲気の現場で、とても芝居が楽しくて演じやすいです。

僕はこのドラマを通じて、精進料理に興味を持ちました。源導さんの言葉がとても奥が深くて面白いので、皆さんに伝えられたらいいなと思っています! そして、僕が演じる唐丸は元気いっぱいなので、ドラマの中でいいカンフル剤になればいいなと思います。

■清水天規コメント/小木武徳役

本作がドラマ初挑戦なので、最初はものすごく緊張していたのですが、谷村美月さんや、BOYS AND MENの先輩方、現場にいる皆さんが優しく接してくれたり、いろいろ指導してくださるので毎日が勉強で楽しいです。今回僕が演じさせてもらう小木君は、お寺に料理を習いにきている大学生です。僕は高校3年間、全寮制の料理学校で料理の勉強をしました。厳しかったけど、お仕事でその特技を披露できることが何よりもうれしくて、頑張って良かったと思います。そんな僕の包丁さばきをぜひ見てほしいです! このドラマで、一回りも二回りも成長したいです。

■STORY

「薄い幸」という名の通り、不運続きな人生を送っている臼井幸(谷村)は、27歳のイベント会社OL。会社での仕事は雑用が多くて忙しく、コンビニ飯を早食いするのが癖になっている。今朝もコンビニのチキンを歩き食べしながら出勤していたら転んで、近くにいた男に笑われショックを受ける。さらに会社では後輩に吹き出物を指摘され、どっと落ち込む。

その夜、サチは残業を終え、コンビニに寄ってビールとつまみをヤケ買いして、帰ろうとした時に出口でぶつかり、買ったものを落としてしまう。 ぶつかったのは、今朝、サチを見て笑った軽〜い青年・唐丸(田村侑久)だった。お詫びにおごると連れていかれたのはお寺。すると住職の源導(水野勝)が、ゴマを浮かべた「茄子の利休汁」を作ってくれた。料理を習いに来ている大学生の小木(清水天規)は、「精進料理とは何か」を説明してくれる。家に帰ったサチは、久しぶりに料理をしてみることに。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)