【ひよっこ通信(12)】みね子様、“跳ねっ返り娘”に苦戦する

【ひよっこ通信(12)】みね子様、“跳ねっ返り娘”に苦戦する

果たして第12週はみね子(有村架純)に何が起きる?

すずふり亭およびあかね荘での日々が始まった、有村架純主演の連続テレビ小説「ひよっこ」(毎週月〜土曜朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか)。

6月12日からの第11週では、個性豊かなあかね荘の住人たちの名刺代わりのやりとりのシーンや、失敗続きのウエイトレスの仕事が描かれ、再びみね子(有村)がうまくやっていけるのかを心配する声がSNSなどで上がり始めた。

本作のあらすじを全156回分毎週全話紹介する連載「ひよっこ通信」。ここでは第12週『内緒話と、春の風』の第67〜72回までのあらすじを予習する。

ちなみに、“ひよっこ記者”的に第11週で気になった人物は、有楽町で働く普通のOL役なのに、そのドSっぷりがM男の間で話題を呼んでいるシシド・カフカだな。

彼女の本職がドラマー(歌手)だってことを忘れている視聴者がいっぱいいるんでねえか?ってくらい、クールでややキツめの長身ロン毛美女を演じさせたら菜々緒と双璧をなすんじゃねえかって存在感を放っている。

アムラー風に言う、ドラマーなのか!ってくらい、ドラマでも欠かせないお方になりそうだけんども、みね子の目覚ましが鳴らず、起こそうとドアをたたく姿なんかは、さすがにプロのドラマーのそれ。8ビートを刻んでいたような気がすっぺ。やっぱたたくのは慣れっこか! 

ご、ごめんなさい、たたかないで!

さ〜て、第12週の「ひよっこ」はどうなるのかしら…?

■ 第67回/6月19日(月)放送

すずふり亭の仕事にも慣れてきたみね子は、出前に行った帰り、実(沢村一樹)が目撃された道へ足を運ぶことに。そこに通りかかったあかね荘の住人・島谷(竹内涼真)は、みね子がじっと往来を見つめているのを不思議に思い、足を止める。

店に戻ってきたみね子は、秀俊(磯村勇斗)がまかないを作っているのを見て「一生懸命働いている人を見るのが好きだ」と感じ、なぜコックになったのかを尋ねてみる。

■ 第68回/6月20日(火)放送

休日の夕方。みね子が店の客からもらったラーメンを持って共同炊事場に行くと、早苗(シシド・カフカ)がお米を研いでいた。そこへ、コーヒーを持って島谷が現れる。少しでも豪華な夕食にしようと、分け合うことを思いついたみね子たち。漫画家志望の啓輔(岡山天音)も加わって楽しく調理を始める。

一緒に食事しながら啓輔が語り始めたのは「漫画家になりたい」という熱い思いだった。それを聞いたみね子は…。

■ 第69回/6月21日(水)放送

啓輔のもとに、突然、故郷の富山に帰ったきり音信不通になっていた相方・祐二(浅香航大)が帰って来る。「無事に戻って良かった」とみね子は思うが、早苗は「2人がそろっても売れない状況は何も変わらない」と冷たく言い放つ。

祐二が長い間戻って来られなかった理由を語り始め、島谷も興味津々で耳を傾ける。ところが、その理由を聞いたみね子は、心底がっかりしてしまう。

■ 第70回/6月22日(木)放送

みね子は、啓輔と祐二に「みね子様」とあがめられるようになり、困っていた。漫画を読んだときの愛想笑いを「ウケた!」と勘違いされたらしい。「本当は面白いと思っていないのに…」と悩んでいると、島谷にあるアドバイスをされる。

ある日の休憩時間、省吾(佐々木蔵之介)に届け物を頼まれたみね子は、省吾の娘・由香(島崎遥香)に会うため、近くの喫茶店に向かうのだが…。

■ 第71回/6月23日(金)放送

省吾に続いて鈴子(宮本信子)にも、内緒で由香への届け物を頼まれたみね子。「今度こそ喫茶代を払わない」と意気込んで行くが、由香の失礼な態度でまたもや嫌な気分に。誰にも言えず落ち込んでいると、秀俊から意外なことを聞かされる。

その夜、仕事終わりに省吾から誘われて連れて行かれたのは、邦子(白石美帆)が切り盛りするバー「月時計」だった。

■ 第72回/6月24日(土)放送

みね子は省吾に連れられ、邦子が切り盛りするバー「月時計」を訪れていた。省吾は娘・由香がなぜわがまま放題になってしまったのか、ゆっくりとこれまでのいきさつを語る。一方、鈴子も由香やその母親のことを思い出していた。

そして、すずふり亭の裏にやってきた柏木(三宅裕司)に、普段は口にしない心の内を語り始める。

■ ひよっこ記者の裏ネタ

第12週は、全国2000万人(?)のぱるるファンも待望のぱるるin朝ドラの週だっぺ。役どころは、ほぼ当て書きだというわがまま放題な“跳ねっ返り娘”。

代名詞のように使われる「塩対応」を進化させたようなキャラクターってことで、もう慣れたもんかなと思いきや、ぱるるは「オーディションの時には猫を被っていたつもりだったのに、岡田(惠和)さんに見抜かれたのかな?(笑) こんなイメージを持たれているんだと思って、ちょっとショックでした(笑)」とちょっぴりセンチなんだと。

おまけに「由香は自分で演じていても、『何なんだこの子は』って思います(笑)。いい子なのか、悪い子なのか、分かんないなあっていうような、つかみどころがないような感じですね」とまで自分で言っちゃってたら、世話ねえべな。

ところがどっこい「ちゃんと心からの言葉を発信する日がやってくるのか、私も楽しみにしています」と、希望も見いだしているんだってさ。

こちらとしては、むしろぱるるの“心からの言葉”の方も一度聞いてみたいような…。

って、こいつはしんづれぇしました〜!

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)