【テレビの開拓者たち / 濱谷晃一】気鋭のドラマプロデューサーは「テレ東っぽさ」が武器?

【テレビの開拓者たち / 濱谷晃一】気鋭のドラマプロデューサーは「テレ東っぽさ」が武器?

はまたに・こういち=1977年生まれ、神奈川県出身

「俺のダンディズム」('14年)や「バイプレイヤーズ〜もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら〜」('17年)、この夏スタートする「下北沢ダイハード」など、テレビ東京の深夜ドラマ枠で数々の話題作を送り出している濱谷晃一プロデューサー。バラエティー番組のプロデュース・演出を経て、入社12年目でドラマ畑に転身したことでも有名だ。そんな濱谷氏に、バラエティーを含めた作品歴や、ドラマ作りに懸ける思いなどを聞いた。

■ ドラマ志望なんて言うと生意気だと思われるから、3年間黙ってました(笑)

──元々はバラエティーの部署にいらしたんですよね。

「'01年に入社してから、12年間、バラエティーの制作を担当していました。もともと映画がすごく好きで、漠然と脚本や監督をやりたいと思って入社したんですが、先輩から『ドラマ志望なんて言うと生意気だと思われるから、3年間は黙ってろよ』って言われたので、3年間は異動の希望も一切書かず(笑)。でも、バラエティーもやりがいがあり、楽しかったですよ」

──初めて関わられたバラエティー番組は?

「『MUSIX!』('00〜'03年)という、キャイ〜ンとモーニング娘。が司会をしていた音楽番組にADとして配属されました。収録、編集、あらゆる雑務…目の前の仕事をこなすことで精いっぱいでしたが、割と細かい仕事をコツコツやるのは得意でした。ただ、ADに必要なムードメーカーの素養がなくて(笑)。先輩から『おまえみたいに暗いヤツはディレクターとして大成しない』なんて言われたのが悔しくて、『自分の企画を通して見返してやるんだ!』と、夜な夜なバラエティーやドラマの企画を考えてました。一方で『MelodiX!』('01〜'12年)という深夜の音楽番組のディレクターも担当するようになりました」

──では、ご自身で初めて企画から立ち上げられた番組は?

「『熱狂的ファンツアー』('06年)という特番です。あるアーティストのファンの有名人が集まって盛り上がろう、みたいな企画です。今の『アメトーーク!』(テレビ朝日系)に近いですかね。企画を考えついたのは、以前関わっていた『ヘビメタさん』('05年)や『ROCK FUJIYAMA』('06〜'07年)にゲスト出演した宮藤官九郎さんや高嶋政宏さんがプログレバンドの『イエス』を熱く語っている姿に感銘を受けたのがきっかけです。芸人のまちゃまちゃさんと、当時長野県知事だった田中康夫さんが、エレファントカシマシの大ファンだと知り、立場の全く違う2人が一緒にコンサートに行って、グッズを買ったり、歌ったりしたら面白いなと思って。内容も面白く、深夜で3.4%となかなかの高視聴率を獲りまして、なんとゴールデンの夜7時台で第2弾をやることになったんです。でも結局、視聴率は3.5%。深夜とほぼ同じ(笑)。レギュラー化されることなく終わってしまいました」

■ 「テレ東でドラマをやるなら、普通からはみ出してるくらいじゃないと意味がない」

──レギュラー番組で初めてのプロデュースは?

「『愛のむち』('06年)という番組で、プロデューサーと演出を担当しました。沢村一樹さんとビビる大木さんが司会で、メインゲストの方には一切発言させずに、その人について周りの人たちが論じ合うというトークバラエティー。その周りの人として出演していたのが、マツコ・デラックスさんでした。当時はまだ、テレビは『5時に夢中!』(TOKYO MX)くらいしか出演されてなくて、MXさんに電話して連絡先を教えていただきました。初回だけのつもりだったんですけど、あまりにコメントが面白かったので、結果、全話出ていただくことに。マツコさんのキー局初出演は意外にもテレ東だったんです(笑)。

で、このころから『濱谷は面白いかも』って言ってくれる奇特な上司も現れて。それで、吉本の芸人さんが曜日ごとに司会を務める『スキバラ』('06〜'09年)という枠で、ガレッジセールさんがMCを務める『ガレッジビレッジ』のプロデューサー、演出になりました」

──それが「ピラメキーノ」('09〜'15年)につながるわけですね。

「『スキバラ』を1本の帯番組に集約することになり、曜日ごとに担当していた5人のプロデューサーで立ち上げることになりまして、先輩の佐久間(宣行)らがプロデューサーになり、総合演出に一番若手だった僕を抜擢してくれました。子供番組でしたが、優秀なスタッフたちと色々なコーナーを生み出すことができて、とても思い出深い番組ですね。その1コーナーとして『ざっくり戦士ピラメキッド』という特撮ドラマの監督もやらせてもらったんですけど、これが僕にとって初めてのドラマになりました。ドラマのルールを知らないスタッフで撮っていたので、『衣装合わせって必要なの?』『ドライって何ですか?』みたいに、まさに手探りでした(笑)」

──その後、「宇宙犬作戦」('10年)の監督を経て、『好好!キョンシーガール 〜東京電視台戦記〜』('12年)で、初のドラマプロデューサーを務めることに。

「そのころは、まだバラエティー班に在籍してましたね。無性にドラマが作りたくなり、当時はシナリオセンターに通ったりしてました(笑)。そして『キョンシーガール』をなんのツテもない川島海荷さんの事務所のレプロ(エンタテインメント)さんに持ち込んで…『脚本は誰ですか?』『僕です』『監督は誰ですか?』『僕です』みたいな(笑)。今、考えると赤面ですが、当時はドラマを撮りたくて必死でしたね。企画成立の背景には、当時のテレ東には『マジすか学園』('10年)というアイドルのアクションドラマの前例があったし、他局でも『妖怪人間ベム』('11年日本テレビ系)みたいなリバイバルブームもあったりと、いくつか要因はあったと思いますが、最終的には僕の熱意と上司の懐の深さで企画が通ったと思います。当時の上司に『テレ東でドラマをやるなら、普通からはみ出してるくらいじゃないと意味がない』と言われて。だったら好きなものを作ろうと。でも、まあ、それがキョンシーって(笑)」

──テレビ局のドラマのプロデューサーが脚本・監督まで務められるケースは珍しいですよね。『キョンシーガール』に関しては、主題歌の作詞まで担当されて。

「作詞しましたね〜(笑)。テレ東では基本的に社員は監督をしません。ましてや脚本なんてありえないことで。プロデューサーは本打ち(台本の打ち合わせ)もあるし、他の番組と掛け持ちの場合も多いですから。ドラマ部に異動したばかりのころ、全話の脚本と監督もやりたいですと言ったら、『おまえはドラマを分かってない!』って怒られたのを覚えてます(笑)」

■ 自分のやりたいことと、視聴者がテレ東に求めることが合致しているのかも

──「俺のダンディズム」でもプロデューサー・脚本・総合演出を担当されていましたね。そうやってプロデュースと監督を兼ねることによって、“濱谷ドラマ”のカラーが出来上がったようにも思います。

「『俺のダンディズム』のころにはドラマ部へ異動していたのですが、それでも有名な原作、脚本家、キャストに頼らず、自分のオリジナル企画をどう通すかにこだわってました。そこで思いついたのが、ドラマに情報を盛り込む、という手法でした」

――大人の男の嗜好品という商品情報をドラマの中に盛り込もう、と。

「そうですね。その後も、『ワーキングデッド〜働くゾンビたち〜』('14年)では、モンスターサラリーマンの生態をドキュメンタリー風に見せたり、『太鼓持ちの達人〜正しい××のほめ方〜』('15年)では、相手を褒めるコミュニケーション術を、TVゲームの世界観の中で紹介したり、という」

──いわば「孤独のグルメ」('12年ほか)でテレビ東京が切り開いた道でもありますね。

「テレ東では、『孤独のグルメ』がヒットして以来、グルメもののドラマの企画が100本届くみたいな時期があって(笑)。この列に並んでも順番は回ってこないなと思って、“情報もの”という別の切り口に考え方を変えたんです」

──濱谷さんは、ご自身のプロデューサーとしての強みはどこにあると思われますか?

「何でしょうね…、弱みは人見知りとか、交渉が下手とか、いくらでも浮かぶんですけど(笑)。バラエティー畑が長いので、発想が他の人と違っていたり、アイデアが浮かぶスピードは早かったりするのかなと。それが唯一の強みというか、生命線。あとは、演出の経験があるので、監督目線で考える。テレ東のプロデューサーの中でも、誰よりも自分はテレ東っぽいなと思うんですよ。良い意味でも悪い意味でも。自分のやりたいことと、視聴者がテレ東に求めることが合致しているのかもしれませんね。他局だったら1ミリも活躍できてないと思います」

──「バイプレイヤーズ〜もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら〜」も話題を集めましたね。

「『バイプレイヤーズ』は、ドリマックス(※制作会社)さんにご提案いただいた企画なんですけど、とても世の中に刺さった手ごたえがあり、ああいう企画をこれからも発信していきたいですね。

あとは欲を言えば、これからはゴールデンタイムで視聴率を獲れる作品も作りたい。会社から深夜ばかりやってるとよく怒られるので(笑)。でも、僕がゴールデン向きのメジャーな企画だと思って提案しても、他人からはB級っぽく見られちゃいそうで不安ですが(笑)」

──7月からは新ドラマ「下北沢ダイハード」もスタートします。

「小劇場のファンなので、いつか、あの面白さをテレビドラマでも発揮してほしいなと思ってました。小劇場の作家さん11人が脚本を担当し、1話完結の設定とキャストで、下北沢の街で起こるちょっとしたスペクタクル…“小さな「ダイ・ハード」”を描くオムニバスドラマです。どちらかと言うと、またマニアックなドラマになっちゃいましたかね(笑)。ナビゲーターは古田新太さんと小池栄子さん。下北沢にゆかりのある素敵な演劇人の2人です。こちらもぜひ、楽しみにしていてください!」

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)