平泉成「ドラマもいいけど、それ以上に面白いドキュメンタリー」

平泉成「ドラマもいいけど、それ以上に面白いドキュメンタリー」

クラター・コンサルタントのやましたひでこさんが4組の家族へアドバイスを送る

「断捨離」を提唱する“クラター・コンサルタント”やましたひでこさんのアドバイスの下、自宅の「断捨離」に挑む家族に密着する「ウチ、“断捨離”しました! 〜捨てられない4家族 片づけ密着ドキュメント〜」が、BS朝日で6月26日(月)夜7時から放送される。

年齢を重ねるにつれて増えていく「思い出の品」や「捨てられないモノ」。そんなモノにあふれる自宅の中で「このまま年を重ねていいのか」と不安に思うお年寄りや、その家族も多い現代、片付けを見直す人が急増しているという。

不要なモノを減らし、生活に調和をもたらすことを目指す「断捨離」を提唱するやましたさん。関連書籍は累計300万部を突破し、全国各地で行われる「やました断捨離塾」には応募が殺到するなど、今、また「断捨離」で片付け旋風を巻き起こしている。

番組では「終活」を考える夫婦や、「夫が片付けてくれない」と悩む妻など4組の家族に密着。家の中にあふれたモノが、「自分にとって本当に必要なものか」と向き合う姿に迫る。

ただ単純に、モノを選び、捨て、片付けるという行為だが、「夫婦」とは「親子」とは「自分が本当に望むもの」とは一体何なのか。片付けを通して本当に自分にとって大切なものに気付き、心を整理し新たな人生を開く過程を追うドキュメントとなっている。

ナレーターを担当した平泉成は「大好きなドラマもいいけど、それ以上に面白いドキュメンタリー。自分自身、身につまされることが多く、断捨離しなければと思いました」とコメントしている。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)