「直虎」松平健が武田信玄、栗原小巻が於大の方役に決定!

「直虎」松平健が武田信玄、栗原小巻が於大の方役に決定!

栗原小巻が、戦国の荒波の中、親子離れ離れになりながらも、息子との強い絆を持ち続けた於大の方を演じる

柴咲コウ主演の大河ドラマ「おんな城主 直虎」(NHK総合ほか)の新たな出演者が発表され、徳川家康の母・於大の方(おだいのかた)を栗原小巻が、武田信玄を松平健が演じることが分かった。

於大の方は、徳川家康の生母で、家康がまだ幼い頃に離別。桶狭間の戦いの後、人質を脱した家康と再会するが、家康の正室である瀬名との緊張関係が、瀬名と嫡男・信康を巻き込んだ事件を引き起こす。

一方、武田信玄といえば“甲斐の虎”として恐れられた戦国武将。圧倒的な軍事力を誇り、今川を滅ぼして、駿河・遠江の勢力図を大きく塗り替えた。さらには三河をも脅かし、三方ヶ原の戦いでは徳川家康に大勝利。その余波で井伊谷は炎に包まれることとなる。

■ 栗原小巻コメント

今は舞台中心のスケジュールですが、大河ドラマは私の俳優としての原点です。このたび、岡本幸江プロデューサーから出演依頼をいただき、大変うれしく受けさせていただきました。「おんな城主 直虎」は、戦国の世の女性のドラマで、主人公の魅力と作品の独創性、斬新な演出に感銘を受けています。

於大の方は、忍耐と母性愛の女性。この役を演じるのは、今回で2度目となります。物語の中で、運命に生きる於大の心を“生ける魂”として演じることができればと願っています。

■ 松平健コメント

信玄公は、戦国武将の中でもとても好きな人物なのですが、これまで演じる機会に巡り合うことなく今日に至っておりました。この度、大河ドラマで信玄公に挑戦する機会をいただき大変光栄です。

井伊家を、今川家を、徳川家を翻弄(ほんろう)する信玄公。雄々しく力強く、そして少しおちゃめに演じたいと思います。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)