「衛星放送協会オリジナル番組アワード」 作家・吉岡忍が期待するBS・CSの番組とは!?

「衛星放送協会オリジナル番組アワード」 作家・吉岡忍が期待するBS・CSの番組とは!?

同アワードで第1回から審査委員長を務めるノンフィクション作家の吉岡忍氏

2016年度にBS・CS(有料多チャンネル)で放送されたオリジナル番組の中から、優れた番組・企画を表彰する「第7回衛星放送協会オリジナル番組アワード」の最優秀賞が6月12日(月)に発表された。同アワードで第1回から審査委員長を務めるノンフィクション作家の吉岡忍氏に、各賞の総評と作品に期待することなどについて聞いた。

――「衛星放送協会オリジナル番組アワード」では、どんな作品を求めているのですか。

(地上波放送に比べて)衛星放送は新しい放送システムであるだけに専門チャンネルが多く、決して一般受けはしないかもしれない。けれども、回を追うごとにシャープで深く掘り下げた作品が増えています。

この賞では、作り手の顔、個性が見える作品を大事にしています。作り手がおもしろがらなければ、画面は“死んで”しまいますよね。クリエイターは、独自の感性、モノの見方や考え方をむき出しにして、もっと画面にぶつけていい。もちろん、独り善がりにならず一定のクオリティーは必要ですが、熱が伝わるダイナミックな作品を求めています。いろいろな実験ができるのが、BS・CSの良さのはずですから。

――初回から審査委員長を務めていらっしゃいますが、審査で難しい点はありますか。

立ち上げの頃に比べると、今は各チャンネルのアイデンティティーがしっかり出て、作品づくりにも安定感があると感じます。応募作品の粒がそろってくると、審査委員が試されるんです。オリジナル番組アワードは、審査委員がそれぞれ点数をつけて一番点数の高いものを選ぶのではなく、すべて話し合いで決めています。人の意見を聞いて自分の評価が変わることもあります。こういう部分こそが審査をやるうえでの醍醐味(だいごみ)です。審査委員は私がいちばんニュートラルで、あとは癖の強い人ばかり(笑)。だから、意見をまとめるのが大変です。

――そんな審査員の方々と選出した、今回の各最優秀賞の寸評をお願いします。

■ ドラマ番組部門/「ドラマW 稲垣家の喪主」(WOWOWプライム)

第9回WOWOWシナリオ大賞受賞作をドラマ化したもの。テンポが良く、今風の恋愛や結婚観が表現されています。ストーリーも、山あり谷ありであっても賑やかな現代の家族像が浮かんでくる作品でした。今作の小山ゴロさんのような、新しい脚本家の出現に期待しています。

■ ドキュメンタリー番組部門/「爆走風塵 〜中国・激変するトラック業界〜」(NHK BS1)

21世紀の大国、中国の素顔を捉えるべく、物流の根幹にあるトラックドライバーにカメラが密着しました。ある意味では寒々しく、ある意味では活気もある中国の経済や社会を浮かび上がらせていました。中国社会の本質を理解するのはなかなか難しいことですが、生きること、働くことの意味を感じさせてくれる作品でした。

■ 情報番組・教養番組部門/「英国男優のすべて 英国男優はこうして作られる」(AXNミステリー)

イギリスの王立演劇学校(RADA)にカメラを持ち込んで、「名優はどのように育てられてきたのか?」ということに迫った作品です。教養番組は、現在、目の前にある現象を映していく手法もあるけれど、同時に教養の大事な要素である過去や歴史もしっかり描かれていました。

■ 中継番組部門/「ゆる〜く深く!プロ野球」(NHK BS1)

「球場のオルガン奏者はどんな人が、どんなふうに演奏しているのか?」「ファールボールの行方は?」といったことを、中継とは別カメラで紹介しています。決まった中継手法を取っ払って、マンネリ化しつつある野球中継に新しい風を吹き込みました。

■ バラエティ番組部門/「KNOCK OUT(ノックアウト)〜競技クイズ日本一決定戦〜」(ファミリー劇場)

視聴者参加型のクイズ番組は地上波から消えて久しいけれど、そういう番組に出場してきた一般の人たちが自分たちだけで細々と、しかし着実にクイズ大会をやっていたことを今回、初めて知りました。難問を異次元の速さで解答する出場者を見ていて、「この人たちの頭の中はどうなっているのだろう?」と驚かされるばかりでした。

■ アニメ番組部門/「甦るノルシュテインの世界 #1『霧の中のハリネズミ編』」(イマジカBS)

ユーリー・ノルシュテインは、世界的に有名なアート・アニメーター。劣化が避けられない彼の’70年代のフィルム作品を、HD修復版として放送しました。日本はアニメの大国ですが、この作品のような切り絵で描くという手法やストーリーは、まだまだ勉強するところがあると思わせるものでした。

■ ミニ番組・番組PR部門/「日本映画専門チャンネル×サバイバルファミリー 矢口史靖の『映画の常識、それほんと!?』」(日本映画専門チャンネル)

「エレベーターの天井からの脱出は本当にできるのか?」など、映画やドラマでよく出てくるシーンが実際に可能かどうかを検証した番組です。実際はできませんが(笑)、そういう楽しさをミニ番組のなかで見事に描いていました。安易なドラマづくりを戒めているという意味でもよかったですね。

■ オリジナル編成企画賞/「追悼 演出家・蜷川幸雄」(日本映画専門チャンネル)

蜷川幸雄さんが80年代に演出した伝説の舞台『王女メディア』『NINAGAWAマクベス』『近松心中物語〜それは恋〜』。その映像がどこかに残っているのではないかと考えて、実際に探し出し放送にこぎつける。これは、放送局が総力を上げればできるでしょう。しかし、この企画を実現したのは、たったひとりの編成企画担当者でした。こういう精神こそ、この賞にふさわしいものです。

吉岡忍(よしおか・しのぶ)=1948年7月6日生まれ、長野県出身。ノンフィクション作家。衛星放送協会オリジナル番組アワードでは第1回より審査委員長を務める。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)