内藤剛志「捜査一課長」シリーズ最大の危機!『変化も楽しんでいただければ…』

内藤剛志「捜査一課長」シリーズ最大の危機!『変化も楽しんでいただければ…』

「警視庁・捜査一課長」で“大福”こと平井真琴刑事を演じてきた斉藤由貴

内藤剛志主演のドラマ「警視庁・捜査一課長」(テレビ朝日系)が、6月22日(木)夜8時からの最終回2時間SPを放送。捜査一課長・大岩(内藤剛志)を中心とした熱き男たちのドラマがクライマックスを迎える。

注目の最終回は、“通報後に花嫁の死体が消えた!?”という奇妙な事件を発端に進んでいくストーリーだ。30年前に起きた、強盗殺人事件の被害者の娘・椎名亜希子(松下由樹)が捜査線上に浮かぶ中、事件は予想外の展開へと向かっていく。

大岩とも“ある因縁”を持つ30年前の事件との関係とは?

そんな最終回2時間スペシャルでは、大岩一課長率いる捜査一課のメンバーそれぞれが、最大のピンチに見舞われる。

斉藤由貴演じる平井真琴は代議士の娘への事情聴取に“行き過ぎ”があったとして、謹慎処分に。これまで頭の片隅には常に真琴の鋭い“勘”がありながら捜査を進めてきた大岩たち。

その“特別な勘”を使うことができない状況で、事件を解決することはできるのか。彼らに起きるピンチとはいったい何なのか?

さらに気になるのが、これまで事あるごとに主張してきた、田中圭扮(ふん)する運転担当刑事・刑部公平の結婚式の行方だ。かねてから6月22日に挙式すると話していた刑部だが、捜査も混迷を極める中、無事に結婚式を挙げることができるのか。

■ 内藤剛志コメント

僕自身、ドラマは“グローイング・アップ”、つまり登場人物たちが成長していく姿が一番面白いと思っているのですが、最終回2時間スペシャルは、まさにみんなが成長を遂げるストーリーになっています。

ある大きな事件が発生し、みんながピンチに追い込まれるのですが、それらネガティブな要素をみんなでプラスへと持ち上げていくことによってそれぞれが成長し、ひと回り大きくなっていく…。

夜8時に放送が始まりますが、クライマックスの夜10時には僕たちは成長しています! 事件の謎解きもものすごく面白いのですが、ぜひメンバーの変化も楽しんでいただければうれしいですね。

もともと、この「警視庁・捜査一課長」は「土曜ワイド劇場」からスタートしたシリーズということもあって、2時間枠のドラマは得意とするところでもあります。最終回は本当に、面白くて見応えがあります。2時間、僕らが真相に向かって疾走しますのでぜひご期待ください!

■ あらすじ

千住大橋でウエディングドレス姿の女性の刺殺体が見つかった。捜査一課長・大岩純一が現場に急行するが、第一発見者が通報している間に遺体が消えてしまう。

程なく、板橋区内の神社で遺体が発見されたと連絡が入るが…なぜ遺体は移動したのか。遺体のドレスから、30年前の雑誌「街道歴史の旅」の付録のしおりが見つかったことを聞いた大岩は、ある強盗殺人事件を思い返す。

それは、まだ大岩が今の刑部公平(田中)と同様の“運転担当刑事”だった30年前のこと。

歴史博物館の学芸員だった椎名幹也(竜雷太)の自宅から現金300万円が強奪されたというもので、当時高校生だった椎名の娘・亜希子(松下由樹)は難を逃れたものの、居合わせた椎名の妻は殺害され、椎名本人も瀕死(ひんし)の重傷を負ったという悲惨な事件だった。その現場に、「街道歴史の旅」が転がっていたのだ…。

間もなく遺体の身元は、峰村雪乃(IZUMI)と判明。雪乃は流通大手“綾窪グループ”御曹司・綾窪英彦(一條俊)と婚約中で、自宅でウエディングドレスを試着していたときに何者かに刺殺されたようだと分かる。

平井真琴は、英彦の元交際相手で代議士令嬢の貝沼さやか(片岡明日香)を疑うが、執拗(しつよう)にさやかへの聞き込みをした結果、代議士からの激しいクレームに遭い、謹慎処分に…!?

やがて、遺体発見現場の神社で髪留めが見つかる。その髪留めには、亜希子の指紋が多数付着していた。亜希子は雪乃の部屋に清掃に入ったことも判明。しかも、事件の日は遺体発見現場の板橋にいたことが分かる。

果たして30年前の因縁の強盗殺人事件との関係とはいかなるものなのか。大岩純一捜査一課長の“最後の事件”は衝撃のクライマックスへ!

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)