「恋ヘタ」最終回に田辺誠一画伯の最新イラストが登場!

「恋ヘタ」最終回に田辺誠一画伯の最新イラストが登場!

田辺誠一“画伯”が描いた、ゴブリンの最新イラストが公開!

毎週木曜、日本テレビ系にて放送中のドラマ「恋がヘタでも生きてます」。ドラマの中で度々登場していた田辺誠一が手掛けるイラストの最新作が、6月22日(木)放送の最終回で披露されることが明らかになった。

恋愛下手のキャリアウーマン・美沙(高梨臨)が、自身の勤務する会社「バスキア」の社長・佳介(田中圭)との“不器用な恋”に奮闘する姿を描く同ドラマ。愛してやまない「バスキア」と佳介の間で揺れ動く美沙や、千尋(土村芳)と司(淵上泰史)の一筋縄ではいかない関係など、最終回も見どころが満載となっている。

田辺が手掛けるイラストは、美沙が佳介との関係をスマホゲーム風に妄想する際、頻繁に登場。以前ネットで火がついた「かっこいい犬」こと“もっちー”をほうふつとさせる、佳介の愛犬・ゴブリンを描いたゆる〜いイラストが、放送されるたびにSNSなどで話題となってきた。

気になる新作イラストは、ゴブリンが飛び跳ねて喜んだり、うなだれて落ち込んだり、舌を出して驚いたり…と、これまでより表情やしぐさが豊かになっているのが特徴。また美沙のキャラクターを捉えたイラストも登場する。この新作イラストが最終話でどのように使われるのかは、放送を見て確かめてみよう。

■ 最終話(6月22日放送)あらすじ

バスキアの買収が白紙となり、佳介(田中圭)は責任を取って社長を辞任する。美沙(高梨臨)は「自分が買収を止めるよう言ったからでは」と考えるが、佳介はそれを否定し、会社を去っていく。

美沙はついにバスキアの社長に就任するが、念願だったはずのその立場になじめずにいた。社長室の整理をしていると、引き出しから佳介が社長に就任した時の集合写真と遊園地の半券を発見。佳介との思い出を振り返り、美沙は涙を流す。そんな中、美沙は社長室にやってきた日下部(寺脇康文)から、買収話の思いもよらぬ真相を耳にする。

一方、司(淵上泰史)から別れを告げられてしまった千尋(土村芳)は、ひょんなことから司と再会。千尋は司と出会い人生が変わったこと、将来のためにしたある決断をしたことなどを告げ、感謝を口にする。そんな千尋に対し、司はついに自分の本心を打ち明ける…。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)