橋幸夫、デビュー曲の大ヒットは“サクラ”と告白!?

橋幸夫、デビュー曲の大ヒットは“サクラ”と告白!?

橋幸夫が“本音でハシゴ酒”に登場

6月23日(金)の「ダウンタウンなう」(毎週金曜夜9:55-10:52フジテレビ系)では、“本音でハシゴ酒”に木下優樹菜と橋幸夫が登場。“飲み仲間”として南明奈が加わり、ダウンタウン、坂上忍と共にゲストの本音に迫っていく。

■ 1軒目のゲストは木下優樹菜

2010年に藤本敏史と結婚し、“ママタレ”として活躍する木下とは、「結婚7年目のリアル」をテーマにトークが進行。木下はこれまでの結婚生活を振り返り、藤本と木下の独自のルールを語っていく。

現在4歳になる長女が小学校のお受験問題に直面しているという木下は、「子供の学校探しは旦那」というルールを告白。浜田は木下からアドバイスを求められると、浜田自身が体験したお受験事情を明かす。

また、「家事は分担しない」というルールの話では、排水溝の掃除をきっかけに藤本と結婚を決断したエピソードを披露する。

トークの矛先は濱口優と交際がささやかれている南へ。「4年、付き合っていてケンカをしたことがない」と語る南に対し、一同は「なぜ、結婚しないのか?」と問い詰める。

■ 2軒目のゲストは橋幸夫

バラエティー番組にほとんど出演したことのないという橋。そんな橋にまつわるうわさ話を一同で検証していく。

橋は17歳の時に「潮来笠」でデビューし、120万枚を売り上げて第2回日本レコード大賞新人賞を受賞。しかし、その裏には“サクラ”を仕込んでヒットさせたといううわさが。

坂上は半信半疑ながら真相について問うと、橋は「酔っ払ったから言うけど、本当です」と衝撃の告白をする!

ほか、橋は吉永小百合と3泊4日の旅行をしたといううわさや、“御三家”と呼ばれた舟木一夫、西郷輝彦との不仲説などを赤裸々に語っていく。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)