虹コン・あかりんの“ソロ公演”は、ニューシングル「じゃんぷ!」でジャンプ!

虹コン・あかりんの“ソロ公演”は、ニューシングル「じゃんぷ!」でジャンプ!

虹のコンキスタドール・“あかりん”こと中村朱里が、ニューシングルのリリースイベント“ソロ公演”を行った

虹のコンキスタドールが現在、9月5日(火)発売のメジャー1stトリプルA面シングル「キミは無邪気な夏の女王〜This Summer Girl Is an Innocent Mistress〜/じゃんぷ!/夏の夜は短すぎるけど…」のリリースイベントを展開中。

6月22日には、中村朱里がタワーレコード横浜ビブレ店で“ソロ公演”と題した発売記念インストアイベントを行った。

メンバーによる“ソロ公演”は6月8日の「的場華鈴ソロ公演」に続いて、今回の中村が2人目。ステージに姿を見せた中村は、虹のコンキスタドールのライブの盛り上がり曲「トライアングル・ドリーマー」でスタートからファンのテンションを上げる。

そして、「今日は中村朱里ソロイベに来てくれて、ありがとうございます」とあいさつ。だが、メンバーが歌う部分も1人で担当したためか、「皆さん、最初から声を出してくれてありがとうございます」と感謝を伝えつつ、「あかりも、ちょっと疲れました(笑)」と話し、ファンの笑いを誘う。

この日は、先日活動を終えたアイドルグループのカバーも披露。中村のキュートなパフォーマンスに、ファンも大きな愛と歓声を送っていた。

「きみの気持ち教えて」に続いて、ニューシングル収録曲「じゃんぷ!」を披露することに。「振付師チームとして、的場華鈴と共に振り付けを担当した曲」と話し、「振り付けの1つ1つにとてもこだわりを持って作りました。虹コンらしい、青春っぽい歌詞と振り付けなので、学生時代を思い出せる曲になっていると思います」と楽曲について紹介する。

「夏のフェスとかで、みんなでジャンプしたいなと思っているので、夏のフェスに向けて『ここでジャンプするぞ!』っていうのを思い浮かべながら、みんなで青春しましょう!」と呼び掛け、「じゃんぷ!」を歌唱。

楽曲のタイトルや自身のコメントどおり、元気いっぱいにステージを駆け回り、“ソロ公演”を締めくくった。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)