アキラ100% 裸芸誕生のウラに「亡き父への想い」

アキラ100% 裸芸誕生のウラに「亡き父への想い」

金スマに出演したアキラ100%

6月23日放送「金曜日のスマイルたちへ」(TBS系)に、芸人のアキラ100%が登場。大ブレイクした裸芸の誕生秘話に、MCの中居正広をはじめ、金スマメンバー一同感動した様子だった。

アキラ100%が芸人になったのは父・日出夫さんの影響だった。家庭では厳格な父が、職場で営業スマイルを振りまいている姿を見て、サラリーマンにはならないと決意。アキラ100%は「ああいう風にはなりたくないな、みたいなものもありましたね」と振り返った。大学を卒業後、役者を目指すものの全く売れなかった。世間ではお笑いブームが起こり、芸人を目指すことに。36歳でアキラ100%としてピン芸人になった。いつまで経っても定職に就かないアキラ100%に対して、日出夫さんはとても心配していたそう。余命少ない時期ですら、自身よりも息子のことを気にかけていた。

父が生きている間に売れたい、その想いから脱ぐという決断をしたアキラ100%。その後、テレビ番組のオーディションに合格し、ピン芸人として初めてテレビに出演した。父はテレビに映るアキラ100%を見て、とても喜んでいたという。しかし、日出夫さんは2016年に他界、アキラ100%のブレイクする姿を見ることはなかった。VTRを観終わると、中居は「お父さんに見せたかったね」と一言。アキラ100%は「いやぁ、そうですねぇ」「ちょっと遅かったですねぇ」と涙を滲ませていた。

そして中居は「ここまで登り詰めたっていうのは、もちろん天国で見てくれてるんじゃないかなと思います」とアキラ100%を励ましていた。最後にアキラ100%が新ネタ「丸腰チャンバラ」を披露し、スタジオ全員が拍手喝采のうちに放送は終了した。

次回は7月7日?夜8.57より放送予定。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)