指原莉乃、NMB須藤の結婚宣言に「あのステージ上で言ったのが間違い」

指原莉乃、NMB須藤の結婚宣言に「あのステージ上で言ったのが間違い」

指原莉乃が持論を展開した

松本人志をはじめとした芸能人がコメンテーターを務め、独自の視点で時事問題や芸能ニュースを取り上げるバラエティー「ワイドナショー」(フジテレビ系)。6月25日の放送では、コメンテーターとして小島瑠璃子、指原莉乃(HKT48)、石原良純が登場。

先日、行われたAKB総選挙。指原が前人未踏の3連覇を達成したのだが、2位の渡辺麻友(AKB48)が卒業、20位に入ったNMB48・須藤凜々花が突如結婚宣言をするなど、物議を醸す事態となったことを取り上げた。

リポーターの長谷川まさ子が「今回、須藤さんが会見の中で運営から残ることを勧められたって言ってたんですね。恋愛が公になったことで、ペナルティーを課された方もいらっしゃったわけじゃないですか」と振ると、指原は「私のことはどうでもいいんですけど、現状、ペナルティーがあるかって言うと、そうじゃない、スルーするメンバーの方が多いので、私からはちょっと…」と言葉を濁した。

司会の東野幸治は「これ本当に皆さん知らなかったんですか?」と問いただすと、指原は「本当に知らなかったです!」と断言。

東野が、「どうなんですか? ファンの心理は」と尋ねると、指原は「結婚するとか恋愛するとかは私はさておき、あのステージ上で言ったのが間違い。あの場はメンバーみんなが立ちたくて、立てない子もいるステージで、1分1秒でも長くファンに感謝の気持ちを述べたいにもかかわらず、ああいったファンを裏切るような発言は…」と、憤慨した。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)