横山だいすけ、“うたのお兄さん”から“交番のおにいさん”に転身!

横山だいすけ、“うたのお兄さん”から“交番のおにいさん”に転身!

横山だいすけが連続ドラマに初挑戦

7月9日(日)からスタートする「警視庁いきもの係」(毎週日曜夜9:00-9:54フジテレビ系※初回15分拡大)に、「おかあさんといっしょ」(NHK Eテレ)で11代目“うたのお兄さん”を務めた、横山だいすけのレギュラー出演が決定。

“うたのお兄さん”を引退し、“だいすけロス”を巻き起こした横山が、初めてのドラマ出演を果たす。

「警視庁いきもの係」は動物の保護をする架空の部署を舞台に、渡部篤郎演じる鬼警部補・須藤と、橋本環奈演じる新米巡査・圭子のコンビが、動物の生態を基に事件を解決していくコミカル・アニマルミステリー。

横山は、警察官になるために努力を積み重ねてきた制服警官・四十万拓郎を演じる。四十万は、事件の捜査にやって来る須藤と圭子を事件現場で道案内するなど、2人のフォローする役回りだ。

横山自身、学生のころから“うたのお兄さん”を目指して努力を積み重ね、夢を実現させている。そんな横山が、どのように四十万というキャラクターを演じるのか、注目が集まる。

■ 横山だいすけコメント

――オファーされた時の感想を教えてください。

“うたの兄いさん”を卒業して、(今後は)どうしていこうかと考えていた時期でしたので、ただただうれしかったです。ドラマ初挑戦となりますが、ぜひ挑戦したいと思いました。

でも、ドラマに出演している自分が想像できなかったので、撮影初日まで日に日に不安な気持ちを募らせていました(笑)。

――実際にドラマの撮影を経験した感想は?

とても緊張して、気が付いたら1シーン終わっていました(笑)。

初めて撮影は、四十万の登場シーンでした。四十万自身が一番緊張しているシーンだったので、その状況に助けられました。共演させていただいた渡部さんや橋本さんが、いろいろと話し掛けてくださって、ありがたかったですし、うれしかったです。

――所轄の警察官「四十万拓郎」を演じますね。

地元の方々に愛される、親しみやすい“交番のおにいさん”という感じを出していきたいです。

――「警視庁いきもの係」では動物がたくさん出演しますが。

最近はインコが好きで、インコの動画を見ては癒やされています。第1話では小鳥が出てくる回だったので、個人的にはうれしかったです(笑)。

以前、所属していた劇団四季では、「ライオンキング」で動物(アンテロープ)を演じていたので、動物の動きを勉強するために動物園にも通っていました。

――放送を楽しみにしているファンの皆さんへメッセージをお願いします。

ドラマ初挑戦で分からないこともありますが、ドラマを盛り上げるために、これまで培ってきた自分の力を発揮したいです!

今までの“うたのお兄さん”とは少し違う、「四十万拓郎」を演じる横山だいすけを楽しんでください!

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)