カミナリ・竹内まなぶが早稲田大学に合格した実力を発揮!

カミナリ・竹内まなぶが早稲田大学に合格した実力を発揮!

国際色豊かな“インターナショナルチーム”が、その実力を発揮!

6月26日(月)夜7時から放送される「ネプリーグSP」(夜7:00-8:54フジテレビ系)では、モーリー・ロバートソンやパックンら“インターナショナルチーム”と、川田裕美や山村美智ら“女性インテリチーム”、武田鉄矢やカミナリら“男性インテリチーム”が対決する。

■ 1stステージは「ハイパーイングリッシュブレインタワー」。

“インターナショナルチーム”はハーバード大学出身のパックンや、2002年のFIFAワールドカップではフィリップ・トルシエ元監督の通訳を務め、母国語のフランス語以外に4カ国を話すフローラン・ダバディーが初参戦。

“女性インテリチーム”は、明治大学を卒業し、モデル・グラビア業界にて飛ぶ鳥を落とす勢いの泉里香が登場する。

また、“男性インテリチーム”は、初登場のカミナリ・石田たくみが「(英語の教員免許を持っているので)これは落とせないですね!」と意気込む。しかし、キャプテン・原田泰造が失態を演じ、たくみは激怒!?

■ 2ndステージは「林先生の漢字テストツアーズ」。

“男性インテリチーム”の先頭バッターはカミナリ・竹内まなぶ。早稲田大学に進学した経歴を持つ、インテリ芸人の実力が明らかに。また、立命館大学名誉漢字教育士の武田は、林修の“イジワル漢字”に挑戦する。

一方、“インターナショナルチーム”は日本人も驚く“漢字力”を見せつけ、一同を驚がくさせる。

■ 3rdステージは「ネプレール」。

“女性インテリチーム”は、泉がモデルとしての知識を生かしたファインプレーで大盛り上がり。

対する“インターナショナルチーム”は、日本と世界の時事問題に挑む。ダバディーが母国・フランスに関する問題に、まさかの悪戦苦闘を強いられる。

■ 4thステージは「パーセントバルーン」。

世間の常識感覚が問われる問題に、“女性インテリチーム”の川田は不安気な様子を隠せない。

また、“男性インテリチーム”の武田が犯した意外なミスに、カミナリがまたしても激怒する一幕も。

■ 5thステージは「ハイパーボンバー」「メガボンバー」。

“女性インテリチーム”は、女性なら知っているべき一般常識問題に苦戦してしまう。

“インターナショナルチーム”は、日本の鉄道に関する問題でも難なく解答。その実力に一同はさらに仰天する。

日本を代表する有名大学を卒業したインテリ有名人たちが、国際的に活動しながらも日本への造詣が深い“インターナショナルチーム”に挑む!

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)