テレビでは見られない、太田光の独り芝居に注目!

テレビでは見られない、太田光の独り芝居に注目!

爆笑問題・太田光(右)と田中裕二(左)に、DVD「2017年度版 漫才 爆笑問題のツーショット」についてインタビュー!

爆笑問題(太田光・田中裕二)の「ツーショットシリーズ」第13弾、「2017年度版 漫才 爆笑問題のツーショット」が発売中。国家情勢から政治、経済、スポーツ、芸能まで、2016年度の出来事を題材にした60分後超えのノンストップ漫才が収録されている。そんな本作の見どころなどについて、2人に話を聞いた。

■ 本番の2日前まで、内容は未完成!?

――ライブ終了後、太田さんが「やりたいネタがいっぱいあった」とおっしゃっていましたが、ボツになったネタどれくらいあったんですか?

田中:ボツになったネタはいっぱいあるね。

太田:倍以上あるね。

田中:半分くらいになっていますよ。単純にネタの数だけでいうと毎回バラバラで、だいたいネタ30〜40個で1時間くらいですね。今回は太田が動き回るネタが今までで一番多かったので、一番ネタの数が少ないです。いつも40〜50個くらいネタを作って、そこから、ちょっと「弱いな」「しゃべりづらいな」というのを外していくんです。最初に、通しでやった時は2時間くらいになりましたね。

太田:お化け屋敷のネタは外しちゃったね。あの、お化け屋敷! あれは、面白かったんだけどね。血だらけで出てきてね(笑)。

田中:終りが分かりづらかったんだよ。ちょっとシュールだったからね(苦笑)。

――最初の段階でネタは40〜50個くらいあったとおっしゃいましたが、どのようにして考えられているのですか?

田中:作家さんと太田で、まずはネタ出しをするんです。このDVDのジャケットになっているトランプとかの時事ネタを。

太田:デジタルです!

田中:とか…

太田:デジタルです…!(笑)

田中:もう、余計なこと言わないの!(笑)。

太田:ネタ出しは、デジタルなんですよ(笑)。

田中:メールでね、送られてくるっていうことです (笑)。で、そういう時事ネタはもちろん、最近の風潮からそれぞれネタを自由に出すんです。そこから太田がやるネタを選んで、書くんです。っていうのを1日平均すると4ネタくらい、それをずっと1カ月以上かけてやるんです。でも、かっちりした感じではなくて、荒い感じの内容を作るんです。そこから、なんとなく受けそうなネタを僕が選んでいて、1個1個ネタを掘り下げていくんです。

今回、太田が結構動き回っていましたが、あれはこの段階で生まれたんです。最初のネタの段階では、あんな動きは誰も指定していないんですよ(苦笑)。で、そこから広げていったり、脱線していったりして…そうなると、ネタの数も少なくなったりするんですよ。台本通りにやるのもあるし、そこからお芝居が「うわっ」と続いて延びるネタもあるし。そういう作業を続けて、(ライブの)2日前くらいにネタの順番と内容が正式に決まるんです。

――結構、ギリギリですね。

田中:前々日、前日に練習して、当日に練習して、本番ですね。だから、本番までに通しでやるのって5〜6回だよね。

太田:そうだね。通してやるのは。

田中:1回通しでやると1時間半から2時間掛っちゃうんで、そんなに練習できないんです。

■ 太田の独り芝居はライブならでは!

――葉加瀬太郎さんや米村でんじろうさんなど、太田さんの独り芝居は最初から決まっていたんですか?

田中:あれは最初から決まっていたのではなく、ネタを作っていく上で決まっていったんです。本来は葉加瀬太郎が居るっていうので、「葉加瀬太郎じゃねぇかよ!」っていうので終わっていたんです。そこからネタを合わせている時に、太田がしつこく葉加瀬太郎の動きをやりだしたという感じなんです。だから、本当にライブの何日か前に決まったんですよ。

――ネタ中に、古今亭志ん朝師匠がちょいちょい出てきたのも気になったのですが、あれはアドリブなんですか?

田中:アドリブはほとんどないですね。あれはネタを作る段階で、太田がアドリブ的にやったんです。あれも最初は、(森友学園問題で話題になった)鴻池さんの話が上方落語に似ていて、「上方落語じゃねぇよ!」で終わっていたんですが、その後ネタを練習している最中に太田が「志ん朝師匠だったら、こうやるんだよ!」って始まって、それが面白かったんで採用したんです。

――太田さんの葉加瀬さんからのキッザニアの医者ネタは一番盛り上がった部分だと思うのですが、息切れされておりかなり大変そうに見えました。

太田:あれは田中の構成ミスだね(笑)。

田中:あそこまでなるとは思っていなかったんですよ。もちろん、意識的にああいう(激しい)動きがあるのは話したんだけど。ちょっとあそこまでなるとはね(苦笑)。

太田:本当は、あそこにお化け屋敷のネタが入る予定だったんですよ! 

田中:トイレの花子さんをやって、確かその流れでお化け屋敷のネタが入る予定だったんだよね。お化け屋敷をやめたから、くっついちゃったんです。

太田:そうそう。

■ 年一のライブでダイエット!?

――太田さんが独り芝居の時に「きつい」とおっしゃっていましたが、今後もこのスタイルで続けていかれるのでしょうか?

太田:続けていきたいというか、60、70歳になってもやり続けていたら、面白いと思うけどね。自分たちがどういう漫才になるかも含めて分からないけど…。

――来年は結成30周年ですが、30周年に向けてやりたいことはありますか?

太田:とにかくまだ先が見えずに、小説を1000ページぐらい書いています。まだ1/3くらいかなぁ(笑)。

田中:どんだけ書くんだよ!(笑)。

太田:ずいぶんと前、50年くらい前から書いているからね。

田中:1歳か2歳じゃないかよ! (笑)。

太田:今年中には、何とか切りをつけたいですけどね。

――ビートたけしさんも小説を書かれているみたいですが…。

太田:たけしさんはね、「直木賞が欲しい」って言っているんでしょ。もう、さんざん映画とかで賞を取っているのにね。同じ時期に(小説を)出して、ちょっと便乗してみようかなという気もあるかな。

田中:僕はやりたいことは、だいたいやってきた感じはありますね。

太田:“イクメン”のベストファーザー賞みたいなのを狙っいてるんじゃないの?

田中:いやいや、取り立ててそういうアピールはしないよ(苦笑)。

太田:ほのぼのとした感情を醸し出そうとしているよね。

田中:していないよ! でも、しょうがないのよ。トークをすると、それがらみの話が増えちゃうのよ。子供は面白いところもあるんだよ。子供の話をすると、ほのぼのとしちゃうんだよね。

――最後になりましたが、DVDのPRをお願いします!

田中:毎年出しているんですが、初めて見る方もいると思います。どこからでも見られると思うので、あまり僕らの漫才を見たことのない初体験の人にも手に取って見ていただきたいです!

太田:実は、このノンストップ(ライブ)の時は息継ぎをしていないんですよ。今回は。そこに注目してほしいですね!

田中:うそだろ(笑)!  そんなわけ、ないだろ!

――それにしても、太田さんすごい汗でしたよね。

田中:本当はあそこまで汗かきたくないんだけどね。そっちが気になっちゃって…。

太田:これ(ノンストップライブ)をやっていると、ダイエットにもいいかもね。同じことをテレビでもやりたいね。「ビリースブートキャンプ」的な(笑)。

田中:テレビの前で、これと同じことできないだろ!

太田:結構、動きが入ると、汗かくからね。漫才ダイエットだね(笑)。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)