西島秀俊、ネコ7匹と共演中!「ネコちゃんで苦労した覚えあまりない」

西島秀俊、ネコ7匹と共演中!「ネコちゃんで苦労した覚えあまりない」

ドラマ「ブランケット・キャッツ」に出演する西島秀俊

西島秀俊主演のドラマ「ブランケット・キャッツ」(毎週金曜夜10.00-10.49 NHK総合)が、6月23日からスタートした。重松清の同名短編小説集を映像化した、ネコとさまざまな人物の関わりを描くヒューマンドラマだ。

西島が演じるのは、亡き妻の残した7匹のネコの新しい飼い主を探す家具の修理工房店主・椎名秀亮。さまざまな事情からネコを譲ってほしいと秀亮の元を訪れる人々に、2泊3日のトライアル期間として毛布と共にネコを貸し出し、飼い主にふさわしい人間かを見極めていく。

ネコとの共演はさぞかし大変だったのでは、と思い西島に現場の様子を聞いてみると「僕はそんなにネコちゃんたちで苦労した覚えもあまりなくて。確かに引っかかれたりもしましたけど、基本的にはさすが皆さんスターだなと。横で結構な怒鳴り合いをしていてものんびり見ていたり、みんなすごく落ち着いていて、一緒に芝居をしてくれていたなという印象です」と、あまり苦労は感じなかったよう。

ネコたちの演技については「不思議なことに、ちゃんと台本に書いてあるタイミングで鳴いたりちょっかいを出してくるので、本当に台本読んでるんじゃないかなと思いました」と、その役者ぶりに舌を巻いていた。

劇中では、問題を抱えるさまざまな人物とネコの関わりが描かれるが「家にネコが来ることで小さな奇跡が起きて、みんな一歩前に進んでいく。そのシーンは毎回、すごく心にジーンとくるものがあります」とストーリーを絶賛。

「ネコが苦手でも『こいつだったら一緒に住みたい』と思う子が1匹は出てくるはず」と作品をアピールした。ネコが苦手な人もこの作品を見れば意識が変わるかも?

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)