“ひふみん”こと加藤一二三は中学時代から“リア充”だった!【視聴熱】

“ひふみん”こと加藤一二三は中学時代から“リア充”だった!【視聴熱】

加藤一二三氏はリア充だった!?

webサイト「ザテレビジョン」では、6月27日の「視聴熱(※)」デイリーランキングを発表。人物部門では83832pt(ポイント)を獲得した加藤一二三氏が第1位となった。

現役最年長棋士だった加藤一二三九段は、「第30期竜王戦」6組の対局で高野智史四段と対局。勝負に敗れ、引退となった。その加藤氏は27日、日本テレビ系の「スッキリ!」に生出演し、前人未到の29連勝を記録した藤井聡太四段の快挙と、対局中に相手側に回り込み盤面をのぞく「ひふみんアイ」を繰り出したことについて解説した。さらに、あるTwitterユーザーが、中学時代の加藤の“リア充エピソード”を投稿すると、絵文字入りのツイートで実話と認め、話題に。また、29日(木)放送の「アウト×デラックス」(フジ系)で、“ひふみん”特番が決定。番組に初登場してからの5年間の名場面が紹介されるという。7月1日(土)には、ETV特集「加藤一二三という男、ありけり」の放送も決定した。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)