篠田麻里子、盟友・秋元才加の変化を聞かれ「髪色変えたくらい?」

篠田麻里子、盟友・秋元才加の変化を聞かれ「髪色変えたくらい?」

7月20日(木)放送の「脳にスマホが埋められた!」で、AKB48卒業後初となるドラマ共演を果たした秋元才加、篠田麻里子(写真左から)

7月6日(木)より、日本テレビ系にてスタートする新ドラマ「脳にスマホが埋められた!」。7月20日(木)放送の第3話に、秋元才加の出演が決定した。このたび元AKB48の“同士”であり、本作に栗山五月役で出演する篠田麻里子と共に、ドラマの見どころなどを語った。

同ドラマは、鈴木おさむの企画を基にしたSFヒューマンドラマ。アパレル会社「エグザルトン」に勤める折茂圭太(伊藤淳史)が、ある日突然、脳が“スマホ”のようになったことから、その能力を駆使して社内外のさまざまなトラブルを解決していく姿を描く。

今回秋元が演じるのは、「エグザルトン」に所属するマラソン選手・本吉佳蓮。圭太や栗山(篠田)らと同じく総務課に籍を置いているものの、スター選手だけにトレーニングのためほとんど出社しないという役どころだ。

秋元は「佳蓮はスター選手なんですけど、実は右膝に痛みを抱えている。『自分から走ることがなくなったら何が残っているのか』という葛藤を抱えていて、そんな時に折茂さんに相談に乗ってもらって…。その流れが第3話の見どころであり、(佳蓮の)背中を押してくれる折茂さんを見ていただきたいなと思います」と、役柄と見所を解説。

自身も共感できる部分があるようで、「無理せず演じられている気はしますね。得意なものを失ったら自分に何が残るんだろうって、アスリートだけではなく、誰もが抱える不安のひとつであると思うので、見ている方が共感してもらえる部分もあると思います」(秋元)と語った。

共に2013年にAKB48を卒業した2人は、グループ在籍時から非常に仲が良く、プライベートでもよく会っているという間柄。グループ卒業後、一緒にバラエティー番組に出演したことはあるものの、ドラマでの共演はこれが初めてとなる。

篠田は「初めて第3話の台本を見た時に、佳蓮という役を『才加っぽいな』と思っていたら、名前の所に秋元才加と書いてあって、やっぱりなって(笑)。それがビックリしました」と、イメージにピッタリの役柄に驚いたことを告白。

一方の秋元は「(篠田と)食事をしている時にこのドラマの話になって、麻里子から『もうすぐ撮影に入る』と聞いていたんですが、その3日後くらいにこの役のオファーが来たので、『あれ、麻里子が言ってたドラマってこれだよな』と思って…。

逆にちょっと恥ずかしくて、言い出すタイミングを逃しちゃいました(笑)。麻里子から『才加出るんじゃん。言ってよ』ってメールが来たので(笑)」と、出演が決まった時の裏話を明かした。

AKBグループの卒業生同士がドラマで共演する機会はあまりないそうで、秋元は「すごく面白いなと思って受けさせていただきました。グループ内で共演って初めてじゃないですか? タブーではないんですが、(元メンバー同士)避けてきているかもしれないので、先陣を切りました」と、貴重な共演であることをアピール。

すると、篠田は「避けてきているんですか? じゃあ今回も避けようと?」とまさかの反応。それに対し、秋元は「ご縁だし、私たちの仲を知ってる方も知らない方も面白いと思う掛け合いみたいのも入れて下さっていたので、すごくうれしかったです」と、二人の関係性を生かしたシーンとなったことを強調した。

2人は「マジすか学園」(2010年、テレビ東京系)など、AKB48時代に同じドラマに出演しているものの、同じシーンでしっかりと演技をするのは意外にも今回が初めてだったそう。

秋元は「私は緊張しがちなんですけど、(グループの)仲間が現場にいてくれることで、初日から緊張せず伸び伸びとやらせていただいています」と、篠田の存在によってリラックスして撮影に臨めていることを明かした。

篠田も「レギュラーキャストの皆さん(とのお芝居)も楽しいんですが、やっぱり秋元才加が来ると懐かしくもあり、久しぶり感もあって、お芝居をしていてもすごく楽しかったです」とうれしそうに語った。

卒業から約4年が経過した今、現場を共にしてお互いに再発見したことについて、秋元は「細かい所でムチャクチャ表情を加えてアレンジしていました。あとは、カメラが回っていない時にすごく場を和ませる人なんだと思って。ずっと一緒にいたんですけど、新たな発見でしたね」と、現場での篠田を称賛。

一方の篠田は「変わったところですか? 髪色変えたかなと思いました(笑)。それ以外はなかったですね(笑)」とちゃめっ気たっぷりに回答した。秋元は「(もっとよく)見て!(笑) 興味持って(笑)」とツッコみ、笑いを誘っていた。

お互いに昔と変わらないことがうれしいようで、篠田は「変わらず才加らしいと思って楽しんでました」とコメント。秋元も「結構ちょっかいを出してくるタイプ。肩をちょっと突いてきたりとか、そういうところがうれしかったです」と振り返った。

そんな中、「エグザルトン」契約パタンナー・安田部々香を演じる安藤なつ(メイプル超合金)が、記者に混ざって「共演者の女優さんで気になる方はいらっしゃいますか? ライバル視されている方は?」と直球の質問を。

すると秋元は「新川(優愛)さん(笑)。私はゲストなんで(笑)。メチャメチャ顔が小っちゃくてかわいいなと思ったので…」と、まさかのヒロインへ立候補(?)し、場を盛り上げる。

さらに篠田が「(キャラが)被ってる?」とあおると、秋元は「キャラ被ってますね〜」とノリノリで返すも、すぐさま「ごめんなさい、もう全然です(笑)。(AKBの)仲間がいなかったらちゃんと質問に答えるんですよ〜」と謝罪してみせた。

篠田は「部々香ちゃんですね。私はずっと長年ショートカットだったんですけど、ちょっと被っているなと思って…」と、安藤へのライバル心を冗談交じりに暴露。だが、当の安藤からは「私、小さい頃からこの髪形なので…」とあっさり返され、篠田は「逆にすいません」と苦笑いしていた。

最後に、篠田は「今回のドラマは、“スマホ人間”という今までありそうでなかったテーマです。みんなで探りながらも、楽しみながら作ってる作品なので、視聴者の皆さんも面白いと思ってもらえる作品ですし、それぞれが共感できる人間ドラマもあるので、ぜひ毎回楽しんで見てもらえたらなと思います」とPR。

秋元は「(第3話では)『人から求められている自分と、本当の自分がやりたいことは何なのか』というテーマを、佳蓮という役を通して描いています。皆さんが共感できる部分だと思うので、ぜひ見ていただきたいなと思います」と、メッセージを送った。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)