アニメ「サクラクエスト」七瀬彩夏らキャスト5人の仲良しトーク!

アニメ「サクラクエスト」七瀬彩夏らキャスト5人の仲良しトーク!

アニメ「サクラクエスト」から田中ちえ美、上田麗奈、七瀬彩夏、小松未可子、安済知佳(写真左から)にインタビュー!

田舎の町おこしに奮闘する女の子5人の姿を描いたテレビアニメ「サクラクエスト」(毎週水曜夜0:00-0:30ほか、TOKYO MXほか) が4月より放送中だ。2クール作品ということで、今回は7月から始まる第2クールに向け、メインキャストを務める七瀬彩夏、上田麗奈、安済知佳、田中ちえ美、小松未可子にインタビュー。イベントや宣伝番組などで息ぴったりの様子を見せる5人に、お気に入りの場面や今後の見どころなどを語ってもらった。

「サクラクエスト」は、今も“ミニ独立国”を続ける廃れた観光地・間野山市が舞台。ひょんなことから観光大使“チュパカブラ王国 国王”に就任してしまった主人公・由乃(七瀬)が、間野山観光協会職員のしおり(上田)、元劇団員で夢破れ地元に帰ってきた姉御肌の真希(安済)、商店会会長の孫で引きこもりの凛々子(田中)、Iターンで間野山に来たWEBデザイナーの早苗(小松)と力を合わせ、問題に立ち向かう。

――第1クールが終わり、由乃たちの町おこしにもいろいろなことがありましたが、まずはここまでの作品を振り返っていかがですか?

小松:町おこしを題材にしている作品ですが、まず一人一人の悩みやトラウマ、「なぜ間野山に来たのか」というところにスポットが当てられ、その上で町おこしに奮闘していく姿が描かれていったので、一筋縄ではいかない1クールだったなという思いがあります。

ここまでは、最終的に問題解決までは至らなくても「未来が見えてきた」という終わり方をしたエピソードが多かったのですが、ここからは最終的な問題に直面していくのが第2クールなのかなと思います。

七瀬:第1クールが終わって今また1話を見返すと、なんだか初々しい感じというか、「最初はこんな感じだったのか」と思いましたね。由乃だと最初「早苗さん」と呼んでいたのが「早苗ちゃん」に変わっていたり、1クールで5人の仲がすごく深まった感じがあります。

田中:人が集まっても最初からうまくはなかなかいかないですけど、5人がどんどん仲良くなって結束していったからこそ、2クール目は「これからどうなっていくのかな」という楽しみがあると思います。

安済:私は、みんなのピースがはまっていく感じというか、最初はバラけたところから来たみんなが1クール終わるころには少しずつ自分の役割や立ち位置を確立していった感じが、アフレコをしていた時も作品を見ている時も楽しかったなと。

また、それに伴って町おこしの問題や、やりたいことが決まったり変わっていったりした、そのリンク具合もすごく楽しいなと思いました。「1クールが終わって、2クール目さあどうなる?」というワクワクが、5人の役割が分かったことによってさらに増えたと思っています。

上田:皆さんがおっしゃったように、1クール目での5人は一人一人が集結していってお互いのことを知っていき、町おこしのために町のことを勉強したりしました。由乃たちが一生懸命勉強していく中で、視聴者の方も間野山について知った部分がたくさんあると思います。なんだか5人と一緒に視聴者の方も私たちも間野山のことがどんどん好きになっていったところで、2クール目では今まで知った間野山とこれから知っていく間野山と、どう向き合っていくかというところなのかなと思いますね。

5人はそれぞれの役割がなんとなくあったりするのですが、でもそれもきっと、ちょっとずつ変わっていくというか。親しくなっていけばいくほど、出来ることや補い合えることも増えていくと思うので、そういうところもこれから注目していただければ、楽しく見ていただけると思います。

■ 田中「真希さんの演技はさすが」

――第1クールの中で、お気に入りの場面やキャラクターを教えていただけますか?

七瀬:6・7話で、会長がなんだか演技がうまいところは面白かったです(笑)。

(※第6・7話では、間野山を舞台に映画撮影をするロケ隊とのエピソードが描かれ、真希の後輩で女優の萌や、我の強い監督・園田らが登場した)

安済:ゾンビ役すごくうまかったね。園田監督が褒めてたもん。

小松:自分なりにアドリブを加えていったもんね。

田中:演技がうまいといえば、「真希さんの演技はさすがだな」と。だってせりふもないのに、走り方とかを萌ちゃんにすごく寄せてたから。

(※真希はクライマックスで萌のスタントを担当。子どもたちの太鼓に合わせ、燃える家屋に駆け込んだ)

小松:萌ちゃんも「私以上に私でした!」って! 名言だよね(笑)。

安済:アフレコではあまり想像がつかなかったけど、太鼓のシーンは「太鼓ってこんな緊迫感出るんだ!」って思って。

小松:確かに。クライマックス感あったもん。

安済:オンエアを見て「すごいかっこいい!」って感動しました。

■ 小松「新たな弱みを握られたなと(笑)」

田中:私もまた 7話からになっちゃうんですけど、やっぱり“ケツメガネ”かな〜(笑)。

安済:「ケーツっ! ケーツっ!」ってね(笑)。

(※エキストラで集められた子どもたちが、早苗を“ケツメガネ”と評し騒ぎ立てたシーン)

小松:あれ以来みんながケツメガネって呼んでくるから。

上田:ひどいよ〜(笑)。

田中:ケツコールはみんなでやったので、楽しかったです(笑)。

小松:あんなに早苗がいじられて、たじたじになることってない。

田中:ここで初めて出てきた早苗の表情って感じで。

小松:真希を「おでん探偵」と呼んだりと、他人をいじることが多かったんですけど、新たな弱みを握られたなと(笑)。

安済:あと、ケツメガネ枠っていう新たなポジションが付いた感じです。

上田、田中:いやだなぁ(笑)。

■ 安済「よくあんな服を持ってたよね(笑)」

上田:しおりとしては何と言っても、8話で登場したしおりのお姉ちゃんや熊さん、あと家族ですよね。しおりのおじいちゃんとおばあちゃんがかわいすぎて! 「かたつむりはどれじゃ?」「そこらへんにいるじゃないですか」っていう会話が最高でした(笑)。

(※熊さんこと熊野克己が経営するフランス料理店で、メニューからエスカルゴ料理を探すしおりの祖父と祖母の会話)

小松:癒やされる会話だよね。

田中:あんな家庭だったらしおりみたいな子が育つわ〜って感じがする。

安済:あとは8話だと、冒頭の格好で分かった各々の農作業へのイメージの違い(笑)。

(※しおりの畑の手伝いに来た4人が、それぞれ個性的な服装で登場)

小松:あれはひどかった! でも、それぞれのキャラがよく出てたよね。

安済:真希が着てた黄色いつなぎは、たぶんあれが彼女の中で動きやすくて「草、刈れるぜ!」って感じの服なんだったと思う。「ホワァーチャー!」みたいな(笑)。凛々子が忍者服だったのは、鎌を使うからでしょ?

田中:たぶん。ノリノリで着てたけど、あの衣装は今まで隠し持ってたんですかね?(笑)

安済:だから「ついに使える!」と思って、ホクホクしながら持ってきたと思う(笑)。で、早苗は危険物を処理する人みたいな格好で。

田中:蜂を駆除する人みたいだった(笑)

小松:あれは、早苗は虫が大嫌いだから「絶対に1ミリも触れさせないぞ!」っていう気概を感じさせる、肌を見せない格好でした。

安済:よくあんな服を持ってたよね。

小松:通販サイトとかでポチったんだと思う(笑)。

七瀬:そんな中、由乃は普通に…。

上田:牧場にいるみたいな普通の格好だったね。

七瀬:そんなところも由乃の普通な面が出ているのかもしれない(笑)。

安済:ああいうさりげない1シーンでも、5人のキャラが出ていて面白いなと思います。

■ 上田「『柔らかそう…食べちゃいたい』って(笑)」

七瀬:由乃として印象深いのは、第1話で幼少期の自分と今がリンクする場面ですね。ぐっと来るシーンでした。

(※王宮で幼少期の写真を見つけた由乃は、自分が過去にも間野山を訪れていたことを知る)

田中:「ここだったんだ…」ってね。

上田:1話だと由乃が自分のほっぺをマヨネーズの容器でプニプニつついているところも、「かわいい…柔らかそう…食べちゃいたい(笑)」って感じて、何だか忘れられないです。

七瀬:そのシーンは“梅干しトースト”など由乃の創作料理が出てきて、それも印象的ですね。

■ 七瀬「自分の殻は破けたかなと思います(笑)」

――5人が出演されているニコニコ生放送の番組「間野山観光協会作戦報告会議」では作品とはまた違う皆さん個人の魅力が出ていますが、これまでの放送を振り返っていかがですか?

田中:楽しい!

4人:確かに!

安済:でもそれこそアニメと一緒で、最初はお互いに探り探りだったのが、最近やっと形になってきた感じです。

――特に七瀬さんと田中さんは、こういった放送の出演経験などもこれまでにあまりなかったかと思いますが、苦労されましたか?

田中:そうですね。最初はもうガチガチに緊張してたもんね。

七瀬:緊張しすぎて、手が無意識に震えて(笑)。

田中:他の方とお話しするときもたどたどしい感じで、「あ、あ、安済さんも」みたいな(笑)。

七瀬:「あだ名で呼ぶのもおこがましい」みたいな感じでね。

小松:それが今や自分からぶっこんでくるぐらいの成長を遂げて。

七瀬:確かにこのニコ生を通して、自分の殻は破けたかなと思います(笑)。

小松:破った瞬間はすごいよく覚えてるよ。

田中:一発芸からだよね。

小松:突如やりだしたから「どうした!?」って(笑)。

田中:あれはびっくりしたし、「覚醒したな!」って思ったよ(笑)。

■ 5人が見るのはこんなテレビ

――皆さんが普段よく見るテレビ番組やジャンルを教えていただけますか?

小松:「月曜から夜ふかし」(毎週月曜夜11:59-0:54、日本テレビ系)が大好きで、必ず見ていますね。一日の終わりに見て、一笑いして寝ています。

田中:月曜…、私は月曜の夜は「しゃべくり007」(毎週月曜夜10:00-11:00、日本テレビ系)を見てます。バラエティー番組が好きかなぁ。

安済:えっ、月曜縛り!?

――決してそんなことはありませんので(笑)。

安済:びっくりした(笑)。

田中:でも常にテレビはついているので、その時にやっている番組がニュースならニュースを見るって感じで。でも、絶対見る番組は「しゃべくり007」と「世界の果てまでイッテQ!」(毎週日曜夜7:58-8:54、日本テレビ系)。

七瀬:私は「毎週これを見ている」という感じの番組はないんですけど、たまにテレビをつけた時に“猫歩き”とか、動物系の番組でかわいい子が出ていると、つい見ちゃいますね(笑)。

田中:動物好きだもんね。

上田:私は基本的に、テレビはつけてもBGMにしてしまう派で。でも、子供向けの5分ぐらいの絵本みたいなアニメとかは好きで、特に“ルルロロちゃん”(※「がんばれ!ルルロロ」2016年ほか、NHK Eテレ)がすごく好きです! クマの双子の女の子が今日一日のお手伝いを決めて、「今日はこれを手伝います!」って5分間頑張るっていう。もうすっごくかわいくって、たまに録画したのをまとめ見します。

ほっこりするアニメがすごい好きで、「いないいないばあっ!」(毎週月〜金曜朝8:25-8:40ほか、NHK Eテレほか)とか「おかあさんといっしょ」(毎週月〜土曜朝8:00-8:24ほか、NHK Eテレほか)みたいなものばっかり見ちゃいます。

安済:私はほぼテレビをつけないです。Vチェックと自分の作品ぐらいしか見ていなかったんですけど、最近は見るようにしていて。好きなジャンルはサスペンスもののドラマで、最近見たのは「相棒」(2016〜2017年ほか、テレビ朝日系)の再放送です。

でも私、この間の「月曜から夜ふかし」は見たよ。

小松:ほんと!? 心理テストやった?

安済:やったやった! 私、椅子だった。

小松:私、ほうき。椅子を選んだ人は出世が大事で、ほうきを選んだ人はお金が大事だって(笑)。

安済:そうそう(笑)。それを見て、久々にテレビに向かって笑った気がします。

■ 七瀬「どんな展開が待っているのか私も楽しみ」

――では最後に、第2クールの見どころや今後の意気込みなどを、5人を代表して七瀬さんからお願いできますか?

七瀬:1クール目で5人のキャラクターや過去について視聴者の方にも分かってもらえたと思いますが、2クール目では他のキャラクターにもどんどんスポットが当たって行きます。また、5人もさらに一致団結して、1クール目での失敗からも学びながら一緒に前に進んでいきます。

2クール目は最後に町おこしがどういう方向に向かっていくのか、個人個人の目標がどういう風に達成され、どんな未来に向かっていくのかというのが詰まっていると思います。一体どんな展開が待っているのか私も楽しみにしながら、最後まで精いっぱい頑張りたいです。

4人:(拍手)

安済:国王からのお言葉でした(笑)。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)