土屋太鳳、教育実習生としての苦悩を創作ダンスで披露!

土屋太鳳、教育実習生としての苦悩を創作ダンスで披露!

「Fit's<スポーツドリンク>」WEB限定プロモーションムービー出演する土屋太鳳

7月6日(木)夜7時より公開されるロッテガム「Fit's<スポーツドリンク>」WEB限定プロモーションムービーに土屋太鳳が出演することが決定。ダンスに定評のある土屋が、プロの振付師指導の下、圧巻の創作ダンスを披露している。

「2年F組 Fit's組 教育実習生土屋太鳳篇」では、その名の通り土屋が初の教師役に挑戦。はじめは不安や緊張がありながらも、いろいろな支え、応援を受けて奮闘する教育実習生を演じている。

今回、初めて教師役を演じた土屋。知的な眼鏡とグレーのスーツに身を包んだ姿は、まさに教育実習生さながらの初々しさを醸し出した。黒板前を前に授業を進めていくシーンでは、土屋が実際に黒板に英語を筆記する様子を撮影することに。

本格的に黒板に筆記することが初めてだった土屋は「慣れてないから難しい…どうやって書けばいいんだろう」と不安な様子。「文字大き過ぎますかね?」「曲がっていませんか?」とスタッフに確認をしながら、何度も練習を重ねていった。そして教師姿の撮影が終わると、続いてダンスシーンの撮影に。

真っ暗な体育館にスポットライトが数カ所しかない、薄暗い雰囲気の中、撮影がスタート。「この起き上がる意味は、『自分の夢は先生だ!』って気付いたことを表現していますか?」など細かくスタッフと確認していく。

スタッフがOKを出しても「あ〜肘を突き出すタイミングが少し遅れた! もう1回、お願いしてもいいですか?」と自身のダンスに納得がいかないと再撮影をリクエストした土屋。

土屋が「お願いします!」と真剣な表情でカメラ前に入ると「OK! いこう!」とスタッフたちも口をそろえて土屋に応え、撮影が進むごとに一体感が増していったという。

撮影を終えた土屋は「お芝居のシーンとダンス(シーン)を混合させながらストーリーが進むと話を聞いて練習していたので、『どうなるのかな?』とドキドキしていました。

(撮影場所の)体育館の中で、あのような世界観を作っていただけて『いろいろな場所でいろいろな人が踏ん張っている。迷っていいんだな』って感じました。私も迷いながら撮影を進めたのですが、ちゃんと迷えるからこそ夢ってあるんだなって実感した1日でした。

夢ってなんだろうって、私も毎日考えているんですけど、多くの人にこの映像が届いて、いろんな迷路を皆さんと一緒に歩いて夢を見られたなと思いました」と感想を明かした。

また、教師役については「なんか…『お手本としてちゃんとしなきゃ!』って思いました(笑)。でも、ちょっとうれしいですね、先生って言われると。もう少しちゃんと(お手本になるように)勉強しようと思います!」と次回作以降への意欲ものぞかせた。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)