塩地美澄、宮島咲良らフリー女性アナがのし上がるための裏側を激白!

塩地美澄、宮島咲良らフリー女性アナがのし上がるための裏側を激白!

7月7日(金)夜7時57分からフジテレビ系で「金曜プレミアム『聞いてた話と違います!〜ブームに潜む落とし穴〜』」が放送される

世の中に存在する“甘い話”や“オイシイ話”を信じて、いざやってみたら「聞いてた話と全然違う!」という時代の落とし穴にハマってしまった人たちが驚きの実態を激白する「金曜プレミアム『聞いてた話と違います!〜ブームに潜む落とし穴〜』」が、7月7日(金)夜7時57分からフジテレビ系で放送される。

今回は「フリー女性アナウンサー編」・「焼き肉店編」・「海外移住編」をテーマに失敗者たちの怒りのエピソードを掘り下げる。中でも注目は、8人の現役フリー女性アナウンサーが登場した「フリー女性アナウンサー編」。

憧れの職業と言われている女性アナウンサーだが、その裏側にある「知られざる驚きの格差」や「のし上がるための醜い争い」など、悲惨なエピソードが再現VTRとともに続々と明かされ、スタイルの良さを武器にグラビアモデルと二足のわらじを履くアナウンサーなど、フリーアナウンサーならではの努力が語られる。

収録を終えたスタジオゲストの東野幸治は「なかなか理想と現実は違うんだなとつくづく思いました。夢とか理想をお持ちの方、もう一度ゆっくり考えようと、本当にあなたの夢はそれでいいんですか? 実行に移していいんですか? と考えながらぜひこの番組を見ていただきたいです」とコメント。

小島瑠璃子は「フリーアナウンサーさんのあの過酷な状況…。それぞれ努力してる方向がいろいろあって、その中でもお一人お一人試行錯誤しながらやっているというのが分かりました」と語った。

澤部佑は「フリーアナウンサーの方々は、華やかな世界の人たちだと思っていたので、衝撃的でした。その中でも花崎(阿弓)さんが非常に印象に残りました。いい意味で応援したくなるという面もありました」とコメント。

収録後には、フリーアナウンサー8人が囲み取材に応じた。

抜群のプロポーションを生かし、写真集も出すなど、アナウンサー以外の活動もしている塩地美澄は「番組でも紹介したのですが、担当していた『セクシーな衣装を着て、ニュースを読む』という番組が6月で終わってしまうのですが、これからもグラビアの強みを生かしつつ、アナウンサーの仕事に上手く昇華できるようにやっていけたらなと思っています」と今後の目標を語った。

スタジオでは、進行を務める三田友梨佳アナにフリーアナウンサー一同が嫉妬する場面もあったが、松本圭世は「たぶんここいる全員が『あそこに立ちたい!』と思ったと思います!(笑)」と話し、西島まどかも「局アナさんはそれだけの倍率の競争を勝ち抜いてるし、才能があるんだろうなと分かっていても、どうしても横に立っているのを見るとうらやましくなってしまいます」と吐露した。

また、澤部に印象に残った人として挙げられていた花崎は「自分の面白いところをたくさん出し過ぎてしまったので…(笑)。アナウンサーとして今後やっていけるのかが心配です!」とコメントし、笑いを誘った。

また、スタジオゲストにはアナウンサーの先輩でもある吉川美代子もいたことから、伸び悩むフリーアナウンサー陣に吉川から厳しい言葉が投げ掛けられる場面も。

宮島咲良は「吉川さんに『無声化ができていない』と言われて、もう1回自分のしゃべりをチェックしなきゃと思いました。原稿を読む機会も、局アナの時に比べて少なくなってしまっていたので、なかなか意識をする機会が減っちゃったんじゃないかなと思いました」と反省。

西島も「吉川さんの『滑舌は良いんだけど他がちょっと』とかリアルなアドバイスをいただいたのが、一言一言すごく刺さりました。あと、東野さんに『私たちこれだけ大変なんです! 苦しいんです!』て言ったときに『見てるこっちが苦しい!』って言われてグサッときましたね(笑)」と振り返った。

松原江里佳は「仕事でウミガメを食べたときの話をしたんですが、『ウミガメを食べることが努力とは言わない』と小島瑠璃子さん言われて『これがバラエティーの世界なんだな』と思いました」とバラエティー番組の厳しさを痛感していた。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)