渡辺麻友、主演ドラマのクランクアップに「また一歩成長することができました!」

渡辺麻友、主演ドラマのクランクアップに「また一歩成長することができました!」

7月2日(日)に、渡辺麻友主演のドラマ「サヨナラ、えなりくん」が最終回を迎える

7月2日(日)に最終回を迎えるドラマ「サヨナラ、えなりくん」(毎週日曜夜0:40-1:10、テレビ朝日)で、主演を務めたAKB48の渡辺麻友がクランクアップを迎え、熱い思いを語った。

6月17日に開催された「第9回AKB48選抜総選挙」で2位を獲得し、年内いっぱいでのAKB48卒業を発表した渡辺は、撮影開始前「アイドル・渡辺麻友のイメージを壊したい」「自分の殻を破りたい」と、この作品への意気込みを語っていたが、その言葉通り、怪しげな友人・村ちゃん(池田成志)との丁々発止のやりとりや、悪の欲望の化身=“えなりくん(えなりかずき)”を呼び出すときの“召喚ポーズ”など、アイドルらしからぬ振り切った演技を披露し、大きな注目を集めてきた。

また、人間ではない異色の役柄に挑んだえなりかずきも“地中海風”“幼稚園児”“ランボー”“スティーブ・ジョブズ風”など毎回趣向を凝らして出現する姿も話題に。

クランクアップ当日は、「オールアップでーす!」というスタッフの掛け声と共に監督から大きな花束を贈られ、「とても充実した時間でした! 支えてくださった皆さんとお別れするのは寂しい気持ちでいっぱいですが、またお仕事をご一緒できる日まで、私も頑張っていきます!」と目にうっすら涙を浮かべながらこれからの意気込みを明かした。

さらに、「えなりさんは、次はどんな画作りを仕掛けてくるのだろうというのが楽しみで楽しみで…。毎回、予想をはるかに上回るクオリティーで、個人的には第2話の“マザコンえなりくん”がかわいくてツボでした(笑)」と告白。

最後に、「この作品を通して、また一歩、成長することができたと思っています。貴重な経験をさせていただき、感謝の気持ちでいっぱいです!」と明かした。

最終話では、自分を見詰め直す旅に出たさおり(渡辺麻友)が、旅先で小説家の万丈寺(松尾諭)と出会い、“本物の恋”と巡り合ったことを確信する。

また、地上波では放送されないスピンオフドラマ「残念くんに効くレシピ」も7月2日(日)に最終回を配信する(※『au ビデオパス』の会員限定で、地上波ドラマ放送終了後より毎週1話ずつ、全10話、ネット配信)。さおりと村ちゃんが、なぜか互いにごま塩を掛け合う“笑撃”のラストが明らかに…。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)