高杉真宙、1年間の“成長”記録した写真集に「飽きるくらい見てもらえたら…」

高杉真宙、1年間の“成長”記録した写真集に「飽きるくらい見てもらえたら…」

高杉真宙が2nd写真集「20/7」の発売記念イベントに登場

注目の若手俳優・高杉真宙の2nd写真集「20/7」が7月1日に発売され、2日に都内で発売記念イベントが行われた。高杉にとって、握手会イベントはこれが人生で初めて。

19歳から20歳へ“大人の階段”を上る高杉を、7人の写真家が撮り下ろしている本作。タイトルの「20/7」には、「20 age/7 people(7人の写真家が切り取った20歳の高杉真宙)」という意味と、「24/7(毎日、四六時中)」のスラングに絡め、“20歳の高杉真宙を毎日眺めてほしい”という意味が込められている。

雑誌で連載されたアザーカットを含め、この写真集のためだけに撮り下ろされた貴重な写真も満載だ。

イベントでは、大勢の報道陣の前に姿を現して緊張気味にフォトセッションを行った高杉。そのまま囲み取材に応じ、作品が完成した感想を「1年間かけて撮った作品なので、1年前とかの写真を見ると全然顔も変わっていて、(その違いも)分かりやすく出来ているのでうれしいですね」と明かした。

1年間での顔つきの違いについて「朝起きて毎日鏡を見て寝癖を直すんですけど、それを毎日続けていても全然分からないんです(笑)。でも、写真集を手にして見て、どんどん変わっていくんだなっていうのが分かりました」と感慨深い表情を浮かべた。

今回は7人の写真家がそれぞれの感性で撮った写真が掲載されているが、コンセプトについて「いろいろな方に撮っていただきたかったのが最初だったんです。写真を撮られるのは好きだったので、たくさんのカメラマンさんに撮っていただきたいというのがあって、それによってどんな変化ができていくのか、どんなふうに撮られ方が変わっていくのかがすごく楽しみでした」とコメント。

続けて「カメラマンさんが違うだけで、こんなに変化があるんだ!というのが、すごく分かりやすく出ています」と思いを明かした。

お気に入りの1枚を、それぞれのカメラマンが撮ったカバーカットと挙げた高杉。

本写真集での“初体験”について聞かれると「写真でタトゥー(メーク)をしたことはなかったので、めちゃくちゃ楽しかったです。撮られているときって、演技に感覚は近いんですよ。素というよりも、そういうふうに撮られている自分に酔っているみたいな(笑)。

だから素で撮られるのはめちゃくちゃ恥ずかしくて、今(取材会)もすごく照れるんです(笑)。でも、世界観がしっかりしていて良かったです。このタトゥーのやつは、舞台の1人芝居を表現しています」と明かした。

また、上半身裸の写真については「恥ずかしいですね(笑)。大丈夫かな?って思いながら…。一応、鍛えてはいたんですよ。最近筋肉が落ちちゃったんですけど、そのときは鍛えていて…。一応、(体つきを)気にするじゃないですか、ハタチの男としては(笑)。男っぽく撮られたいという部分もありましたし、鍛えていました。だからそんなに(裸に)抵抗はなかったです」と、振り返った。

そして7月4日(火)に21歳の誕生日を迎えるということで、サプライズで高杉の顔写真入りの誕生日ケーキが登場し、高杉は「おお! うれしい!」と笑顔を見せた。途中、ケーキの端を指で触ってしまうハプニングも。「ごめんなさい、こんなにきれいなケーキなのに…」と申し訳なさそうに謝罪すると、和やかな笑いに会場が包まれた。

あらためてお祝いされた感想を「ビックリしました。今はこんなことができるんですね。自分の写真でケーキを作っていただいたのは初めてでした」と満面の笑みを浮かべた。

21歳の抱負については「精神的に追い付きたいというのもありますし、去年ずっと映画をやらせていただいて、ことしたくさん公開されるので、そうやってたくさんの人に知ってもらえる機会がこの1年あると思うので、それに負けじとしっかり自分のスキル的にも上げていける1年になれるといいですね」と、力を込めた。

プライベートでの抱負は「今、乗馬をやらせていただいていて、頑張ってもっともっと乗りこなせるようになりたいです。そしていつか仕事でそういう役ができたらいいなと思うので、頑張って馬と戯れたいです」と、ほほ笑んだ。

女性がたくさん握手会に並んでいるという情報を受け、好きな女性のタイプを聞かれると「すごくありのままの方だったらいいなと思います。本当に笑顔が好きな方だったり、“素”な方がステキだなと思います」と、語った。

最後に「こうやって2nd写真集を出すことができてうれしく思います。1年間かけて撮って、自分の中ではバタバタであっという間だったなと感じるんですが、その半面やっとか!という不思議な感じではあります。

僕の男らしい部分だったり、素っぽいところだったり、すごく作り込んでいるところだったり、たくさんの僕が見られると思うので、隅々まで、高杉の顔を飽きるくらい見てもらえたらと思います!」と、爽やかにアピールした。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)